このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビーズクッションがへたる理由とは?復活させる方法や対策も紹介

ビーズクッションがへたる理由とは?復活させる方法や対策も紹介

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年8月 5日

ビーズクッションを使い続けていると、徐々に気になってくる「へたり」。ビーズクッションは人をダメにするクッションといわれるだけあって、座り心地はバツグンである。しかし、へたるとその座り心地は半減してしまう。この記事では、ビーズクッションがへたる理由や元の状態に復活させる方法を解説する。へたりを防ぐ方法も併せて紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビーズクッションがへたる理由とは?

ビーズクッションはできる限り長く使いたいと思う方も多いはず。しかしへたる原因を知り対処できなければ、長く使えないかもしれない。ここでは、ビーズクッションがへたる理由を解説していく。

ビーズクッションがへたるのは以下の3つが主な原因とされている。

・中身のビーズがつぶれる
・ビーズがクッションの隙間から出ている
・カバーが伸びている

ビーズクッションは座ったり寝転がったりなど身体を預けて使用するものだ。そのため体圧を受けすぎると、ビーズがつぶれていってしまう。

中のビーズがつぶれることでクッションに隙間ができ、その隙間からビーズが出てビーズの量が減るのもへたる原因とされている。

またビーズに問題がなくてもカバーが伸びていることで、へたりを感じることもあるようだ。

2. ビーズクッションはどれくらいでへたるの?

ビーズクッションは体圧によってへたるとされているが、どの程度の使用でへたりが生じてくるのだろうか。ここでは、ビーズクッションはどのくらいでへたるのか解説していく。

ビーズクッションがへたるまでの期間は、個々の使い方やビーズクッションの種類などによって異なる。そのため一概にはいえないが、大体1年程度でへたることが多いようだ。ビーズクッションは一般的に1~2年が寿命とされているので、へたりを感じたら寿命が近いと考えてよいだろう。 

へたりが生じたからといって、すぐに座り心地が悪くなったり使えなくなったりするわけではない。ビーズクッションは、むしろ少しへたってきた方が座り心地がよくなるといわれているのだ。

しかし使用感に関しては、2カ月程度でへたりが生じ使いものにならなくなったという方もいれば、へたりを感じてからも5年程度は問題なく使えたという方がいたりと個人差が大きい。期間の長さではなく、座り心地が悪いと感じ始めたら対策を講じるとよいだろう。

3. ビーズクッションがへたるのを防ぐ対策法

ビーズクッションは使っていれば、そのうちへたってきてしまう。しかしできる限りへたらせずに長持ちさせたいと思う方も多いはず。ここでは、ビーズクッションがへたるのを防ぐ方法を解説する。

ビーズクッションがへたるのを防ぐ方法で最も効果的なのは、座る位置を変えることだ。ビーズクッションは体圧がかかりすぎるとビーズがつぶれて、へたることはすでに説明した。これはいいかえると、体圧を分散させればへたりにくいということになる。へたりを防ぎたいなら座る面や位置を変えて、負荷を分散させるとよいだろう。

4. へたってきたら試したいビーズクッションの復活方法

ビーズクッションがへたってきたからといって、すぐに買い替えを検討するのは早いかもしれない。なぜなら、へたったビーズクッションを復活させる方法があるからだ。ここでは、へたってきたビーズクッションを復活させる方法を紹介する。

へたったビーズクッションを復活させる方法は、へたる原因を除去することである。具体的には以下の2つの方法をとるとよいだろう。


・カバーの洗濯・交換
・ビーズの補充をする

へたる前の状態に完全に戻すことは難しい場合もあるが、状態は改善することが多い。補充用のビーズは家具店や手芸店、ネットでも簡単に購入できる。クッションには多くの場合ビーズの補充口が付いているので、ビーズはそこからクッションの中へ投入しよう。またビーズは静電気が起こるとくっついてきて、補充しづらくなってしまう。補充の際はラップの芯や広告を丸めたものを使用するとよい。

ビーズの量は多すぎると、身体に合わせてクッションが変形できずに座り心地が悪くなったり、閉じる時にこぼれたりしてしまう。ビーズを大量に入れすぎないように注意しよう。

カバーがへたりの原因である場合、カバーの洗濯や交換をすればへたりが改善することもあるようだ。へたる原因を除去すれば、買い替えをせずに座り心地のよい状態に変化させられる。へたりを感じたらすぐに買い替えを検討するのではなく、まずは上記の方法を試してみてほしい。
商品情報

結論

ビーズクッションがへたるのは、中のビーズがつぶれたりカバーが伸びたりするのが主な原因である。へたるまでの期間は大体1年程度だが、個々の使い方などによっても変わるため一概にはいえない。できるだけ長持ちさせられるように、こまめに使う面や座る場所を変え体圧分散を心がけるとよいだろう。また、へたったとしても復活させる方法はある。へたる原因を除去して座り心地のよさを復活させ、快適な日々を取り戻そう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ