このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホットカーペットの正しい捨て方!注意点やおすすめの処分方法も解説

ホットカーペットの正しい捨て方!注意点やおすすめの処分方法も解説

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年8月11日

ホットカーペットは寒い冬に足元を温めてくれる優れもの。しかし新しいものに買い替えるなどで、今まで使用していたものが不要となった場合、どのように処分すればよいのか分からない方も多いはず。この記事では、ホットカーペットの捨て方を解説する。注意点やおすすめの処分方法も併せて紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ホットカーペットの捨て方は粗大ゴミ

ホットカーペットはどのような捨て方をするのがよいのだろうか。ここでは、ホットカーペットの基本的な捨て方をみていこう。

ホットカーペットは床全体に敷く大きなサイズを持っている方が多いだろう。この場合、粗大ゴミに出すのが一般的な捨て方である。出し方は各自治体によって異なるので、粗大ゴミに出す際は事前に確認するとよいだろう。

粗大ゴミを捨てる日程は、自治体で決められている。そのため仕事や家事・育児などで忙しい日々を送っている方には、あまり向かない捨て方といえる。

2. ホットカーペットの上手な捨て方

ホットカーペットはそのまま袋に入れて出せばよいわけではない。きちんとした捨て方をしないと、ゴミの回収業者に迷惑をかけるだけでなく罰金を取られる可能性もある。ここではホットカーペットの上手な捨て方を解説する。この捨て方を行えば粗大ゴミではなく、可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てられるようになるかもしれない。粗大ゴミの回収日時になかなか合わせられない方はぜひ参考にしてほしい。

ホットカーペットを捨てる際は、カーペット部分と金具やコード部分とに分けるとよい。金具やコード類は不燃ゴミ、カーペット部分は素材に合わせて可燃ゴミか不燃ゴミとして捨てよう。

ただし、カーペット部分がゴミ袋に入りきらない場合の捨て方は、粗大ゴミになってしまうので注意してほしい。

3. ホットカーペットの捨て方に関する注意点

ホットカーペットを粗大ゴミとして捨てるのは、手間もお金もかかるのでなるべく避けたい方が多いはず。お持ちのカーペットのサイズが大きいと避けられないため、小さくして捨てようと思っている方も多いのではないだろうか。ここでは、ホットカーペットの捨て方に関する注意点を紹介する。

ホットカーペットの捨て方として最も気を付けてほしいのは、カーペットのカットについてだ。粗大ゴミではなく可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てたいと思っている方は、カーペットを小さくカットしようと考える方も多いだろう。

通常のカーペットであればそれでもよいのだが、ホットカーペットの場合、カーペット部分のカットはしない方がよい。なぜならカーペットに電熱線が付いているからである。電熱線を切るのは難しく、慣れてない方が切ろうとするとケガをしたり感電したりする可能性もあるため、非常に危険だ。粗大ゴミとして出すのが嫌という理由だけで、安易にカーペットのカットはしないようにしよう。

4. 捨て方で迷うホットカーペットのおすすめ処分方法

ホットカーペットを粗大ゴミとして捨てるか、可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てられるようにするかなど捨て方に迷う方もいるかもしれない。しかしホットカーペットの捨て方は、ほかにもさまざまな方法がある。ここではホットカーペットの捨て方に迷う方へ向けて、おすすめの処分方法を紹介する。

リサイクルショップを利用する

ホットカーペットをリサイクルショップで買い取ってもらう方法だ。リサイクルショップであれば、お金をもらえる可能性もある。

オークションに出品する

続いてはネットオークションにホットカーペットを出品する方法だ。買い手はこちらが設定した額よりも高い金額を設定することになるので、リサイクルショップよりお金になりやすい。しかし個人でのやりとりとなるため、トラブルに発展するリスクもある。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に頼む方法もある。不用品回収業者は、こちらの都合に合わせて自宅まで引き取りに来てくれるので、手間をかけたくない方や忙しい方にはとくにおすすめだ。

結論

ホットカーペットは粗大ゴミとして捨てるのが一般的だが、上手な捨て方を実践すれば可燃ゴミや不燃ゴミとしても捨てられるようになる。しかし粗大ゴミに出したくないからといって、安易にカーペットをカットするのはおすすめできない。なぜなら感電やケガをする可能性があるからだ。解体に慣れてない方は粗大ゴミに出した方がよいだろう。ホットカーペットの処分は自分に合った方法で、安全かつスムーズに行ってほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ