このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
電動ドライバーの使い方とは?基本的な使い方からコツまで解説!

電動ドライバーの使い方とは?基本的な使い方からコツまで解説!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年8月 9日

電動ドライバーは、ネジ締めや穴あけが簡単にできるのでDIYで大活躍するアイテムだ。この記事では、電動ドライバーの使い方を解説する。知っておくと役立つコツも解説するので、ぜひ参考にしてほしい。電動ドライバーを使いこなして、DIYや家具の修繕に活かしてみよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 電動ドライバーの使い方【準備編】

なにごとも、準備が肝心である。ここでは、電動ドライバーを使う前に確認しておきたいポイントを解説する。 安全な使い方をするためにも、まずは事前に確認しておくことが重要だ。

使う前にしっかり確認しておきたいポイント

電動ドライバーは使い方によって、危険を伴うこともある。使い方を守って、ケガや事故が起きないように以下のポイントを事前にしっかりと確認してほしい。
  • トルク調整(電動ドライバーでネジを締めるときの強さを調整する)
  • スピード調整(用途によって回転のスピードを調整する)
  • 正回転・逆回転を確認(引き金を引いて、正回転か逆回転か確認する)

2. 電動ドライバーの使い方【ネジ締め】

ここでは、ネジ締めする際の電動ドライバーの使い方を解説する。電動ドライバーの基本的な使い方であるので、しっかりと覚えてほしい。電動ドライバーの使い方をマスターして、DIYに活かしてみよう!
  • ネジ山にビットをはめる
  • ネジを打ち込む面に対して、ネジとビットが垂直の角度になるように構える
  • 本体をしっかりと持つ
  • 引き金を引いて慎重にねじを締める

3. 電動ドライバーの使い方のコツ

電動ドライバーの使い方のコツを解説する。初めて電動ドライバーを取り扱う方は、解説する使い方のコツを参考に作業してみよう。

初心者は下穴を開けておく

初めて電動ドライバーを使う方は、ネジ締めをする前に下穴を開けてから作業するとよい。事前に対象物に下穴を開けておくことで、ネジをしっかりと垂直に締めることができる。また、ネジを締める前に下穴を開けておくと、対象物が割れたりネジの先が潰れたりするのを防ぐ効果もある。使い方のコツを活用して使いこなしてほしい。

結論

電動ドライバーは、簡単に穴あけやネジ締めができるアイテムなのでぜひ活用してほしい。この記事で説明した使い方を参考に、自身でも手に取って実際に使ってみよう!使う前には、トルク調整やスピード調整・正回転・逆回転をしっかりと確認して、安全に取り扱おう。ケガや事故のないように留意してほしい。DIYでオリジナル作品を作る際や、家具の修理の際に活用してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ