このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ごちゃつくリュックの上手な整理術!便利グッズや整頓アイデアを紹介

ごちゃつくリュックの上手な整理術!便利グッズや整頓アイデアを紹介

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年8月10日

リュックは収納力バツグンで、仕事から旅行など幅広いシーンで活用できる優れもの。しかし、リュックから荷物を取り出すときに「どこに何が入っているか分からない」と感じたことはないだろうか。この記事では、ごちゃごちゃしやすいリュックの中身の整理術を解説する。便利グッズや一般の方が行っている整頓アイデアも紹介するため、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リュックの中身を整理整頓できない理由

リュックの中身がごちゃごちゃしてしまうのは、リュックの構造自体に大きな理由がある。ここでは、リュックの中身を上手に整理整頓しにくい理由を解説する。

リュックの中身を整理しにくいのは、収納スペースが広すぎるからだ。収納スペースが広いと必要ないものまで詰め込んだり、積み重ねて収納したりすることになるため、ごちゃごちゃする原因となる。

そのため、リュックの中を上手に整理するためには工夫が必要なのである。

2. リュックの中は仕切れる便利グッズで整理

リュックの中にそのまま荷物を詰め込んでしまうと、キレイに整理できないことはすでにお伝えした。

リュックの中身を整理するには、「仕切る」ことが大切だ。ここでは、リュックの中を仕切れる便利グッズを紹介していく。

ポーチ

リュックの荷物を仕切る役割として活用しやすいものの一つが「ポーチ」だ。文房具・バッテリー・イヤホンなどの小物はリュックの中に入れると、どこにあるのか分からなくなってしまうことが多い。しかしポーチに入れてからリュックに収納することで、見失わずに取り出せるようになる。

ケース類

ケース類もリュックの整理に活用できる。荷物をかさばらせずに収納したいときはマチなしのケースを、ペンや付箋、メモ帳などをまとめて収納したい場合は、パスポートケースを使用するとよいだろう。また、眼鏡ケースは衝撃に強い特徴があるため眼鏡だけでなく、コンタクトレンズなど細かいものの収納に役立てられる。

バッグインバッグ

バッグインバッグには仕切りがたくさん付いているため、カテゴリー別などで整理しながら収納が可能だ。仕事などで普段使うものをまとめて収納しておけば、リュックに荷物を詰めるときもこれ一つでOK。他のバッグに移し替えるときも、バッグインバッグを入れ替えるだけで済み、荷物を忘れる心配もないため安心だ。ただし、バッグインバッグにはサイズや仕切りの数などにより種類が豊富にあるため、自身が収納するものや数に合わせて選ぶとよいだろう。

3. リュックの中を整理整頓するコツ

リュックの中を整理するためには、仕切れる便利グッズを使用するだけでは不十分である。なぜなら、リュックの中をキレイに整理整頓するには、いくつかのコツがあるからだ。ここからは、リュックの中を整理整頓するコツを解説していく。リュックの中身を取り出しやすく、かつスッキリさせたい方は参考にしてほしい。

荷物は必要なものだけに絞る

リュックは収納力が高いため、つい多くの荷物を詰めてしまいがちである。しかし、不要なものまで入れると無駄に荷物が多くなってしまい、整理が難しくなってしまう。荷物を詰める前に本当に必要なものなのかどうかを考え、必要なもののみ収納するようにしよう。仮に職場で使う頻度が高いものなら、職場のロッカーなどに入れておけば持ち歩く必要がなくなり、荷物も減らせる。

使用頻度が高いものはそのまま収納する

先述のとおり必要な荷物は小分けにして収納することが大切だ。ただし、すべてを小分けにすると出し入れが面倒になる。財布・携帯などの使用頻度が高いもの、パソコンなどの見つけやすいものはそのまま収納しよう。

仕切りを作る

リュックをより収納しやすくするために、リュック自体に仕切りを設けてしまうのもよい方法だ。ファイルやノートを使用して仕切りを作ろう。また、リュックに荷物を入れる際には縦向きに収納すると、どこに何があるのか分かりやすくなる。

ポケット付きのリュックにする

リュックには、サイドや内部のスペースにポケットが付いているものもある。ポケット付きのものを使用すれば、小分けにする荷物を減らすことができ、収納が楽になる。

4. リュックの中の整理整頓アイデア事例集

ここまで、リュックの中身を上手に整理する方法を見てきたが、実際に一般の方はどのような方法をとっているのか気になる方も多いだろう。ここでは、リュックの中の整理整頓アイデアの事例を3つ紹介する。普段から活用できるものばかりであるため、ぜひ取り入れてみてほしい。

お菓子類をジッパー付きのバッグに入れて収納

旅行はもちろん、仕事のときでもお菓子や飴・ガムなどを持ち歩く方は多いだろう。しかし、お菓子類をリュックにそのまま入れてしまうと、ごちゃごちゃする原因となる。そんなときに便利なのがジッパー付きのバッグだ。ジッパー付きのバッグであれば、飴やガムなどもバラけることなくキレイに収納できる。

コード類にはコードホルダーを使用

イヤホンのコードなどをコードホルダーで留めて収納するアイデアだ。コード類は他の荷物に絡まりやすくキレイに整理しづらい。しかし、コードホルダーで留めておけばキレイに整理でき、かつストレスなく使用できる。

書類をデータ化する

書類を極力持ち歩かずに済むよう、USBなどにデータ化するアイデアだ。仕事用としてリュックを使用する方のなかには、リュックの中が書類でいっぱいになっている場合も多いだろう。すべてが重要な書類なのであれば仕方がないが、重要度の低い書類などはUSBやPCのクラウド上に保存しておくと、持ち歩く書類の量を減らすことができ、リュックの中をスッキリさせられる。

結論

リュックは収納力バツグンだが、スペースが広いゆえに整理整頓がしづらく、荷物がごちゃごちゃする原因となる。しかしポーチやケースといった便利グッズを活用するなど整理する際のコツをつかめば、見た目もキレイでかつ出し入れしやすいものになる。今回紹介した方法でリュックの中身を上手に整理し、外出先でも快適な時間を過ごせるようにしてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ