このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
花の宅配をイベントやギフトに!注文方法や定期宅配について解説

花の宅配をイベントやギフトに!注文方法や定期宅配について解説

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年8月11日

花の購入方法には店舗以外に宅配がある。注文した花を指定した住所に届けてもらえるので、イベントやギフトにもおすすめだ。この記事では、花の宅配が役立つイベントや申込み方法を紹介する。急いで注文したいときの対処法や定期的に花が届くサービスの魅力など、役立つ知識と併せてまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. さまざまなイベントで花の宅配を利用する

気分を華やかにしてくれる花はイベントやギフトにピッタリだ。宅配の花をイベントに利用するメリットと実例について解説しよう。

イベントで適した花が違う

花の種類はさまざまでイベントによって適したものが異なる。カラーや組み合わせによって印象は大きく変わるため、店舗だと選ぶときに迷ったりオーダーしてもイメージに合わなかったりすることもあるだろう。

宅配の花ならイベントやシーンによってアレンジメントや花束が用意されている。イベントにピッタリな花の中から、好みや相手に合ったものを選ぶことが可能だ。

どんなイベントにおすすめ?

宅配の花は誕生日や母の日、結婚祝いなどのお祝い事におすすめだ。相手の家に宅配してもらえるので離れた場所にいる方にも手軽に送れる。WEBサイトならじっくりと比較して選べるため、相手にピッタリ合ったアレンジメントが見つかるだろう。

また、使用する花にマナーや決まりがあるお供えやお悔やみにも宅配の花は活用できる。知識がなくても失礼になる心配がなく、さまざまな価格帯から適した花を選べて便利だ。

2. 花の宅配の申込み方法

WEBサイトから花の宅配を申し込むときの方法と手順について紹介しよう。利用する業者によって多少差があるが、基本的な方法は以下の通りだ。

目的の花を選ぶ

花の宅配業者のWEBサイトにアクセスしたらイベントや用途に合った花を探す。予算や用途、花の種類で分かれているため、目的にあったページにアクセスしてみよう。

また、アレンジメントや花束、スタンドなどのスタイルや花の種類から選べるケースもある。用途や贈る相手に合った宅配用の花をじっくりと比較してから選んでほしい。

電話か申し込みフォームから注文

WEBサイトから花の宅配を利用する場合は、電話か申し込みフォームからの注文が一般的だ。電話で注文するなら、購入したい花や自宅の住所、届け先の住所など必要な情報を用意しておこう。ただし、電話での注文は営業時間内だけなのであらかじめ確認してほしい。

申し込みフォームでは24時間注文を受け付けている。宅配したい花をカートに入れたら注文画面に進み、あとは住所や支払い方法を入力したら申込みは完了だ。

3. 花の宅配を急ぎで注文したいとき

急に花が必要になったとき、宅配だと期日までに届かない心配がある。急いで注文したいときの対処法について詳しく解説しよう。

お届け日を確認

まずはいつまでに花を宅配できるのかを確認する。WEBサイトに最短で対応できる日数のか記載があるため、届けたい日に間に合うかどうかチェックしよう。

支払い方法や注文した時間によっても発送の日時が変わるので確認が必要だ。大事なイベントなど、届けたい日時が決まっているなら早めに注文してほしい。

即日宅配可能やお急ぎ便が便利

お届け日が迫っているなら翌日宅配やお急ぎ便を利用できる業者を選ぼう。注文時間や場所によって異なるが、最短なら当日中に花を宅配してもらえる。

ただし、即日宅配やお急ぎ便に対応する商品は種類が限られていたり、イメージや用途からのオーダーになったりするケースが多い。通常の宅配よりも選べる選択肢が少なくなるので、早めに注文するのが基本だ。

4. 定期宅配で花のある生活を楽しむ

花を定額で購入できるサービスを「サブスクリプション」と呼ぶ。利用するメリットとサービスの選び方について解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

定期宅配のメリット

花のサブスクリプションを利用すればキレイな季節の花が定期的に宅配で届く。わざわざ店舗で購入する必要がないので忙しい人にもおすすめだ。誰でも手軽に花のある生活を実現できるだろう。

花の種類は毎回違うため普段は飾らない花と出会う機会も多くなる。自分用はもちろん、大切な人へのギフトとしてもおすすめだ。

花の定期宅配の選び方

料金や届く花の本数は利用するサービスによって異なる。複数のコースを用意している業者が多く、頻度や本数を自由に選ぶことが可能だ。

料金と届く本数、頻度のバランスを比較して自分に合ったサービスを選ぼう。また、外出が多い方なら手渡しよりも置き配やポスト投函がおすすめだ。宅配の対応地域や花の名前が確認できるかも重要なポイントなので、あらかじめチェックしておきたい。

結論

店舗での購入が必要ない花の宅配は便利だ。日時を指定して相手の家に届けてもらえるため、イベント用のギフトとしてもピッタリだろう。もし急ぎで花を贈りたい場合は即日宅配やお急ぎ便といったサービスを活用してほしい。また、気軽に花がある生活を実現したいならサブスクリプションがおすすめだ。この機会に花のある暮らしをはじめてみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ