このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
自転車がパンクしないって本当?ノーパンクタイヤの特徴とデメリット

自転車がパンクしないって本当?ノーパンクタイヤの特徴とデメリット

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年8月19日

自転車で走行しているときに心配なのがパンクだ。突然のパンクで移動できなくなったり、修理に費用がかかったり、ときには深刻な事故につながったりするケースもある。この記事で紹介するのはパンクしない「ノーパンクタイヤ」の自転車だ。なぜパンクしないのかといった基礎知識やメリットとデメリットを紹介する。一般的なタイヤのパンク予防と併せて紹介するので、自転車に乗る機会が多い方は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パンクしない自転車とは?

パンクしない自転車について基本的な知識を紹介する。なぜパンクしないのかなど、気になるポイントをチェックしていこう。

ノーパンクタイヤを使った自転車

一般的な自転車のタイヤは、空気圧が低下したり摩耗したりするとパンクする。パンクしない自転車は特殊なタイヤを使っているため、パンクを防ぐことが可能だ。

パンクしないタイヤはノーパンクタイヤと呼ばれており、従来のタイヤとは使っている素材や構造が異なる。パンクで悩んでいる方は、ぜひパンクしない自転車の購入を検討してほしい。

なぜパンクしないの?

一般的なノーパンクタイヤには空洞がなく、中にはジェルやウレタンが詰まっている。空気が入っていないためパンクしてつぶれる心配がないのが特徴だ。

釘やガラス片などの異物が刺さってもパンクしないので、抜けばそのまま乗ることができる。走行中のアクシデントを防止することが可能だ。

2. パンクしない自転車のメリットやデメリット

パンクしない自転車にはメリットとデメリットがある。詳しく説明するので購入しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてほしい。

パンクしない自転車のメリット

パンクしない自転車のメリットは2つだ。1つ目はパンクによるリスクがないで、自転車で移動できなくなったり、転倒したりといったアクシデントを防げる。パンクによる交換や修理が必要ないため急な出費の心配もない。

2つ目は空気の補充が必要ないことだ。面倒な空気入れが不要で空気圧の変化もないため、安定した乗り心地を維持することができる。

パンクしない自転車のデメリット

パンクしない自転車について2つのデメリットを確認しよう。1つ目は乗り心地の問題だ。中身が詰まっているのでタイヤが重くなり、空気が入っていないのでクッション性もあまりない。走っているときの抵抗も感じやすく乗り心地にも影響がでる。

2つめのデメリットは料金が高いということだ。一般的な自転車のタイヤと比較すると割高になり、交換作業にかかる料金と手間も多くなる。また、ノーパンクタイヤは自分で交換できないため、専門業者に頼む必要があるだろう。

3. パンクしない自転車が進化していた

従来のパンクしない自転車はタイヤにはジェルやウレタンが詰まっており、重さや走行性に問題があった。しかし最近ではこれらのデメリットが少ない、進化したパンクしないタイヤが登場している。

タイヤの中に、軽くてつぶれにくい空洞のチューブを入れることで、軽量化している。もちろん従来のパンクしない自転車と同じようにパンクのリスクは一切ない。

パンクしない自転車を購入しようか迷っている方は、新しいタイプの商品をチェックしてみよう。デメリットであった乗り心地の問題を感じることなく自転車を走行できる。

4. 普通の自転車がパンクしないために気をつけるべき事

パンクしない自転車を購入しなくても、パンクのリスクを減らすことは可能だ。4つの予防法を紹介するのでぜひ実践してほしい。

空気を小まめに入れる

空気圧が低下するとタイヤは変形してパンクしやすくなる。自転車のタイヤは乗らなくても空気が抜けていくので、小まめに入れることが重要だ。

側面を指で押して少しへこむくらいの空気圧がちょうどよい。1週間に一度の頻度で確認して、大きくへこむようなら空気を入れよう。

タイヤを交換する

タイヤのゴムは乗ったり時間が経過したりすることで劣化する。パンクのリスクもあがるので、早めに交換しておこう。タイヤの溝がなくなったタイミングが交換の目安だ。

段差や異物に注意

パンクしないためには原因である段差や異物を避ける必要がある。一点に強い力がかかるとパンクするので走行中の路面状況に注意しよう。

高い段差があるときは自転車を降りて手で押し、ガラスや釘があれば避けてほしい。段差を超えなければいけない場合は、スピードを落としたりサドルから腰を浮かせたりといった対策が有効だ。

パンク防止剤を使う

専用のアイテムを使ってパンクしない自転車にしよう。パンク防止剤をタイヤのチューブに流しこめば穴が空いてもすぐ塞がる。ただし、チューブの修理ができなくなったり、開いた穴が大きいと塞がらなかったり、パンク防止剤にはデメリットもあるので注意しよう。

結論

パンクしない自転車ならパンクによるトラブルの心配がない。空気を入れる手間もなく、安定した走行を楽しめるだろう。デメリットだった重さが改善されたパンクしない自転車も登場しているので、ぜひチェックしてほしい。また、一般的な自転車でも予防を行えばパンクのリスクを減らすことが可能だ。空気を小まめに入れたりパンク防止剤を使ったりといった方法を覚えておこう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ