このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
自転車がパンクする原因は?パンクを防ぐ使い方のコツや対処法を解説

自転車がパンクする原因は?パンクを防ぐ使い方のコツや対処法を解説

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年8月28日

自転車に乗っているときにパンクすると非常に困る。しかし、パンクの原因を知っておけば予防することが可能だ。この記事では、自転車がパンクする原因を劣化と使い方に分けて紹介する。季節とパンクの関係やパンクの原因別対処法も解説するので、自転車に乗る機会が多い方は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自転車のタイヤがすぐにパンクする原因【劣化編】

自転車は劣化によってパンクしやすくなる。なぜパンクするのか原因を知ることが、予防につながるだろう。

チューブやリムテープの劣化

タイヤの中に入っているチューブは、自転車に乗っているうちに劣化する。摩耗によって薄くなることでパンクしやすい状態になるのだ。

また、リムの内側に貼り付けられているリムテープの劣化はパンクの原因になる。チューブの傷つきを防止する役割があり、劣化によって薄くなったりへこんだりする。リムテープが劣化したしたままだと、チューブを交換してもパンクしやすくなるので注意が必要だ。

虫ゴムの経年劣化

自転車はタイヤにあるバルブで空気を補充する。多くのバルブにはブランジャーという金属の棒があり、その周囲に虫ゴムというゴムを被せているのが一般的だ。

虫ゴムが劣化するとバルブから空気が漏れてしまい、パンクの原因になる。比較的簡単に交換できるので、パンクが疑われるときはまず虫ゴムをチェックしてほしい。

2. 自転車のタイヤがすぐにパンクする原因【使い方編】

自転車の使い方を間違えるとパンクの原因になる。パンクさせないための使い方を学ぶために、ぜひチェックしてほしい。

空気圧の不足

タイヤの空気が不足していると自転車の重さを支えきれない。その状態のまま段差を乗り越えれば、段差とリムでタイヤが潰れるため中にあるチューブが破れてパンクする。

また、空気圧が低いタイヤは変形しやすく内部でチューブが動いてしまう。ズレたり重なったりすることで発生する摩擦が原因で、パンクが発生するリスクが高くなる。

異物や段差による刺激

金属片やガラス片、枝など異物が原因でパンクが発生するケースだ。鋭利なものが自転車のタイヤに刺さると穴が空いてしまうので、路面状況には注意しよう。

また、空気圧が不足していなくても段差による刺激でパンクするリスクはある。スピードを落とさず高い段差や縁石を越えてしまうと、強い負担がタイヤにかかってパンクしてしまう。

3. 自転車のパンクの原因は季節も関係していた

自転車がパンクする原因と季節が関係しているのをご存じだろうか。暑い夏はほかの季節と比較してパンクが多い季節といわれている。

夏にパンクが発生する原因は虫ゴムの劣化だ。自転車の虫ゴムは暑さに弱く、柔らかくなったり亀裂が入ったりしやすい。虫ゴムが劣化するとタイヤから空気が抜けてしまうので、注意が必要だ。

空気が抜けてしまったことに気づかず自転車に乗っていると、空気圧が不足してパンクの原因になる。夏は虫ゴムの劣化に注意しながら自転車に乗ってほしい。空気が抜けるのは早いと感じたときは、まず虫ゴムをチェックしよう。

4. 自転車のパンクの原因別対処法

日頃から対策をしておけば、自転車のパンクは予防が可能だ。原因別に対処法を紹介するのでぜひ実践してほしい。

部品を交換する

チューブやリムテープ、虫ゴムの劣化が原因のパンクは定期的に交換することで予防できる。チューブの交換目安は一般的なシティサイクルで3年、スポーツタイプの自転車なら3,000km~5,000kmほどだ。

虫ゴムやリムテープの状態も小まめに確認しておこう。虫ゴムやリムテープの寿命は1年ほどなので、これを目安に交換してほしい。自転車をよい状態に保てばパンクの原因を減らすことが可能だ。

空気を小まめに入れる

自転車のタイヤに空気を定期的に入れることで、パンクは予防できる。乗らなくても空気は減っていくので、定期的なチェックが必要だ。

指でタイヤの側面を挟んで少しへこむくらいに空気圧を調整する。シティサイクルやマウンテンバイクは2週間に1回、ロードバイクやクロスバイクなら1週間に1回くらいの頻度で空気を入れてほしい。

路面状況に注意

異物や段差が原因のパンクは、路面状況に気をつけて走ることで防ぐことが可能だ。ガラスの破片が飛び散っていたり金属片を見つけたりしたら、上を走らないようにしてほしい。

また、段差を越えなければいけない場合はスピードを落とし、サドルから腰を浮かせればタイヤへの負担を減らせる。段差が高い場合は一度降りてから手で押して移動したほうがよいだろう。

結論

自転車がパンクした原因を知れば、急なパンクを予防できる。劣化や使い方などの原因によって対処法は違うので、ぜひ覚えておいてほしい。チューブや虫ゴム、リムテープなどのパーツは定期的に交換し、空気を小まめに入れるのがポイントだ。異物や段差によるパンクを防ぐためには路面状況に注意しよう。日頃からパンク対策を行うことが、アクシデントを防ぐことにつながる。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ