このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ワイパーブレードの交換は簡単!詳しい方法とタイミングをチェック

ワイパーブレードの交換は簡単!詳しい方法とタイミングをチェック

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年8月28日

自動車のワイパーには雨や汚れを取り除いて視界を確保する役割がある。ただし、使用しているうちに劣化するため、機能を保つにはワイパーブレードの交換が必要だ。この記事では、ワイパーブレードを交換する時期の目安や交換方法について紹介する。交換に必要な料金と併せて解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ワイパーブレードの交換の必要性とは?

まずはワイパーブレードの基礎知識と交換の必要性について紹介しよう。交換しないことによって発生するリスクについて詳しく解説する。

ワイパーブレードとは?

ワイパーはワイパーアームとワイパーブレード、ワイパーゴムで構成されている。水分や汚れを拭き取るワイパーゴムを固定する金具がワイパーブレードだ。

ワイパーブレードとワイパーゴムはセットになっていることが多い。ワイパーアームを交換することはほとんどなく、ワイパーゴムだけ、もしくはワイパーブレードごと交換するのが一般的だ。

ワイパーブレードは交換が必要

自動車の外側にあるワイパーブレードは雨や紫外線などにさらされている。雨や汚れを拭き取ることで少しずつ劣化していくため、ワイパーゴムはもちろんワイパーブレード自体も交換が必要だ。

そのままだとワイパーブレードとしての機能が損なわれてしまい、窓に付着した水分や汚れをキレイに拭けなくなる。視界が確保できなくなって運転に支障が出てしまうため、事故のリスクも高くなるだろう。

2. ワイパーブレードの交換時期の目安は?

ワイパーブレードの機能を維持するためには、定期的な交換が必要だ。交換時期の目安や見極める方法について解説する。

ワイパーゴムは1年に1回

ワイパーゴムの交換頻度は1年に1回が目安だ。劣化しやすいワイパーゴムだけ交換すれば、ワイパーブレードの交換は不要なケースもある。

また、拭きにムラが出たり音や振動を感じたりする場合でも、ワイパーゴムの交換は必要だ。ワイパーを使って異常を感じたときにすぐに対処することが、事故を防ぐことにもつながるだろう。

ワイパーブレードの交換時期

ワイパーブレードの交換時期は、使用頻度が自動車の保管状況によって異なる。屋根がない場所だと雨風にさらされることになり、劣化が早くなるので注意しよう。サビたりガタつきが出たりしたときが交換のタイミングだ。

また、ワイパーゴムを交換しても拭きムラや音が直らない場合は、見た目に異常がなくてもワイパーブレードが劣化している可能性が高い。ワイパーゴムを交換するときに、ワイパーブレードの点検を行っておくとよいだろう。

3. ワイパーブレードを自分で交換する方法

ワイパーブレードは自分でも手軽に交換できる。知っておきたいワイパーの種類と、交換方法について詳しく説明しよう。

ワイパーの種類を確認

車種によってワイパーの長さや形は違うので、適したワイパーブレードは異なる。車種に合った商品を選ぶことが重要だ。また、種類によって機能やデザインが違うので、そちらもチェックしておこう。

ワイパーはデザインによって3種類に分かれる。トーナメント表のような形をしたトーナメントタイプは一番多い。ほかにもワイパーゴムとワイパーブレードが一体化したフラットワイパー、高いデザイン性と高い拭き取り性能が魅力のデザインタイプがある。

ワイパーブレードの交換方法

ワイパーブレード(トーナメントタイプ)の交換方法を解説する。ワイパーアームは立てておき、窓ガラスを保護するためのタオルを敷いておこう。

1.アームとの接続部分にあるストッパーを押す
2.押したまま下にスライドしてフックから取り外す
3.新しいワイパーブレードをブレードクリップに引っ掛ける
4.ワイパーブレードをカチッと音が鳴るまで上に引き上げる

その後は正常に取り付けられているかワイパーを動かして確認する。ワイパーブレードの種類によって交換方法は異なるので、あらかじめ説明書を読んでおくと安心だ。

4. ワイパーブレードの交換に必要な費用

ワイパーブレードの交換には費用が必要だ。自分で交換した場合と業者に頼んだ場合に分けて、かかる費用の目安を紹介する。

自分で交換する

自分でワイパーブレードを交換するなら、必要なのは購入費用だけだ。商品によっても異なるが、フロントの2本セットだと安いものなら1,000~2,000円ほどで購入できる。長さやタイプで料金は大きく変わるので、特徴や機能を比較してから選んでほしい。

業者に依頼する

カー用品店などの業者でワイパーブレードを交換すると購入費用のほかに作業工賃かかる。一般的に作業工賃は200~500円くらいだ。ただし、ディーラーに交換を頼むと工賃が高くなる可能性があるため、あらかじめ確認しておこう。

結論

ワイパーブレードは使っているうちに劣化するので、定期的な交換が必要だ。サビついたりガタついたりしたままだと、雨や雪の日に視界を確保できなくなる。ワイパーブレードの交換は自分でも手軽にできるので、ぜひ交換方法を覚えてほしい。もし自分で交換するのが難しい場合は、工賃を支払って業者に依頼しよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ