このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビデオテープはデジタル化がおすすめ!大切な映像を長く保管する方法

ビデオテープはデジタル化がおすすめ!大切な映像を長く保管する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月31日

昔は一般的だったが、今はめったに見かけなくなった「ビデオテープ」。家の中に昔のビデオテープが眠っているという方も多いだろう。ビデオテープを再生するためにはデッキが必要だが、なかなか入手が難しい。なにより、ビデオテープは経年劣化により再生できなくなる可能性がある。そこで、今回はビデオテープをデジタル化する方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビデオテープをデジタル化するメリット

ビデオテープはビデオテープのまま保管しておけばいいのではないか?と思う方もいるだろう。しかし、ビデオテープは経年劣化しやすいため他の媒体へダビングし、デジタル化することが推奨されている。まずは、ビデオテープをデジタル化するメリットを見てみよう。

デジタル化すれば劣化の心配がなくなる

ビデオテープは「磁気テープ」という黒い帯に情報を記録しており、そのテープを読み込むことで映像を再生するという仕組みだ。磁気テープは、時間が経つごとに伸びたり、切れたりといった劣化が起こる可能性がある。テープが劣化すると当然画質も劣化し、最悪の場合はビデオテープの映像全体が見られなくなることもある。こういった物理的な劣化を防ぐためにも、ビデオテープが再生できるうちにデジタル化しておくことが大切だ。

収納スペースが削減できる

デジタル化の大きなメリットの1つが省スペース化である。ビデオテープは厚みもあり保管が大変だが、デジタル化することで保管場所が不要になる。ビデオテープの数が多い人ほどデジタル化を検討してもらいたい。

再生できるデバイスが増える

ビデオテープはビデオデッキがなければ再生できない。ビデオデッキが今も自宅にある方は少ないのではないだろうか?デジタル化をすれば、パソコンだけでなくスマホやタブレットなどさまざまなデバイスで映像を楽しめるようになる。また、一度デジタル化したデータは複製も簡単なため、親戚や知人とデータをシェアするのにも適している。

2. ビデオテープのデジタル化に必要な機器

次は、ビデオテープをデジタル化するために必要な機器を紹介する。

ビデオデッキ

ビデオテープを再生するための機器。デジタル化するために、再生した映像をアナログビデオ端子から出力する。現在、国産メーカーからは発売されていないため入手が難しい。

USBビデオキャプチャー

片方がアナログビデオ端子、もう片方がPC接続用のUSB端子となったケーブル。キャプチャーソフトをパソコンにインストールしてからビデオテープを再生すると、デバイスを経由せずにデジタル化できる。

パソコン

デジタル化した映像を保存・再生するための機器。USBビデオキャプチャーを使用する場合は、専用のキャプチャーソフトをインストールする必要がある。デジタル化した映像を保存するために、容量は空けておこう。

3. 自分でビデオテープをデジタル化する方法

必要な機器が揃ったら、実際にビデオテープをデジタル化してみよう。

デジタル化の手順

  • USBビデオキャプチャーに付属しているソフトをパソコンにインストールする
  • USBビデオキャプチャーのケーブルを、ビデオデッキとパソコンに接続する
  • デジタル化したいビデオテープをビデオデッキにセットする
  • パソコンを操作し、付属ソフトからビデオテープをデジタル化する
  • 作業が終わったら映像がきちんとデジタル化できているか、再生して確認する

4. ビデオテープをデジタル化してくれるサービスがおすすめ

必要な機器があれば、自分でビデオテープをデジタル化することは可能だ。しかし、機器を持っていない方や操作に不安がある方もいるだろう。そんな方におすすめのサービスを紹介する。

ビデオテープのデジタル化サービスとは?

業者に依頼することで、ビデオテープをデジタル化してもらえるサービスがある。このサービスを利用するメリットは2つだ。
1つ目は「手間がかからないこと」。ビデオテープをデジタル化するために必要な機器を一から揃えて作業をするのはとても大変だ。ビデオの本数が少ない方などはデジタル化を依頼する方が安く簡単に済ませられる可能性がある。
2つ目は「修理も同時に依頼できること」だ。カビが生えていたり、テープが切れていたりするビデオテープを自宅でデジタル化するのは難しい。業者ならば、ビデオテープの修理やメンテナンスも同時に依頼できる。再生できなくなって諦めていた映像も、業者なら修復できるかもしれない。

デジタル化の価格目安

ビデオテープをデジタル化するための価格は、ビデオテープの本数によって決まる。ビデオテープ1本の価格は1500円~2000円程度が目安だ。業者によっては基本料金や修理などの料金が別にかかることがあるため注意しよう。

結論

今回はビデオテープをデジタル化するメリットとその方法について紹介した。今後ビデオテープを再生することは難しくなっていくだろう。また、ビデオテープは経年劣化するもののため、残しておきたい大切な映像はデジタル化し、保管することをおすすめする。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ