このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コーヒーミルの正しい手入れ方法とは?電動・手動に分けて解説

コーヒーミルの正しい手入れ方法とは?電動・手動に分けて解説

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年9月 1日

コーヒー好きの方の中には、コーヒーミルでコーヒーを作っている方もいるだろう。しかし、コーヒーミルの手入れは正しくできているだろうか。手入れを怠ると、コーヒーの味が損なわれたり、故障したりする可能性がある。この記事では、コーヒーミルの正しい手入れ方法を解説する。手動と電動に分けて紹介していくため、手入れ方法が分からない方はぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーヒーミルの手入れが必要な理由

コーヒーミルの手入れがなぜ必要なのか分からない方もいるだろう。ここでは、コーヒーミルの手入れが必要な理由を解説する。

コーヒーの味が損なわれる可能性がある

コーヒーミルの使用後は、コーヒーの粉がコーヒーミル本体や刃の周りに付くことが多い。そのまま放置していると、コーヒーの粉が酸化してしまい次回作ったときのコーヒーの味が損なわれる可能性がある。使用後はコーヒーの粉をきちんと取り除くようにしよう。

故障の原因となる可能性がある

コーヒーミルの刃の部分が汚れたまま放置していると、コーヒー豆を入れても空回りしてしまうことがある。そのままにしていると、故障する可能性もあるので定期的に分解して細かいところまで、手入れをすることが大切だ。

コーヒーミルは基本的に水洗いできないが、セラミック製であれば水洗い可能だ。水洗い後はしっかり水分を拭き取るとよいだろう。

2. コーヒーミルの手入れに必要な道具

ここでは、コーヒーミルの手入れに必要な道具を紹介する。

手入れに必要な道具

・ブラシ
・エアダスター

ブラシはコーヒーミル専用のものでなくても、刃を傷つけにくい毛先の柔らかいブラシであればよい。毛が竹の繊維でできているブラシは静電気が起こりにくく、しなりもあるため手入れにおすすめだ。

エアダスターは空気が勢いよく吹き出す機械のことである。絶対にないといけないわけではないが、コーヒーミルの手入れでブラシが届かないところがあった際に使えるので、持っておくとよいかもしれない。

3. コーヒーミルの正しい手入れ方法【手動編】

ここでは、手動のコーヒーミルの正しい手入れ方法を紹介する。

手動のコーヒーミルの手入れ方法はいたって簡単だ。ブラシを使って、コーヒーミルの刃や受け皿に付いているコーヒーの粉を落とすだけである。水洗いが可能であれば、水洗いもするとよいだろう。

ホッパーという豆を入れる部分には、コーヒーの粉が残りやすい。ブラシを届くところまで差し込んで粉をかき出すようにするとよいだろう。粉受けは使用する度に毎回手入れを行うことが大切だ。

4. コーヒーミルの正しい手入れ方法【電動編】

最後に、電動のコーヒーミルの正しい手入れ方法を紹介する。

手入れ方法

1.電源コードを抜く
2.受け皿やホッパーに残っている粉を取り除く
3.コーヒーミルの刃や刃のカバーに残った粉をブラシで取り除く

電動のコーヒーミルを手入れする際は、スイッチを押してしまっても大丈夫なように電源コードを抜いてから取り掛かるようにしよう。受け皿や刃は製品によって水洗い可能なこともある。製品に合った方法で手入れを行うとよいだろう。ホッパーや粉が落ちてくる場所は、使用するたびに手入れをするのがおすすめだ。

結論

コーヒーミルはコーヒー本来の味を楽しむために欠かせないものだ。しかし、正しい手入れを行わないと、コーヒーの味が損なわれたり故障したりする可能性もある。電動か手動かによって手入れ方法が異なるので、自分の持っているコーヒーミルにあった手入れを行おう。コーヒーミルの手入れを正しく行い、いつでも美味しいコーヒーを楽しめるようにしてみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ