このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コーヒーミルの使い方を解説!手動コーヒーミルの使い方のコツも

コーヒーミルの使い方を解説!手動コーヒーミルの使い方のコツも

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年9月 9日

コーヒーミルは、美味しいコーヒーを毎日味わいたい方にとって欠かせないもの。しかし、コーヒーミルの正しい使い方を理解していないと、手間をかけてコーヒーを作る意味がなくなってしまう。この記事では、コーヒーミルの正しい使い方を解説する。手動コーヒーミルの使い方のコツもあわせて紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーヒーミルの基本的な使い方とは?

まず、コーヒーミルの基本的な使い方から確認していこう。

コーヒーミルは手動と電動のものがあるが、基本的な使い方は同じである。

使い方

1.挽き目の粗さを調節する
2.コーヒー豆を入れる
3.豆を挽く

挽き目の調節は手動コーヒーミルの場合調節ネジで、電動の場合はダイヤルを回せばできる。豆を挽くときは手動の場合ハンドルを回して、電動の場合はスイッチを押して行おう。

2. コーヒーミルの使い方で味が一変する

コーヒーミルの使い方次第で、味が変わることをご存じだろうか。ここからは、コーヒーミルの使い方で味がどのように変化するのかを解説する。

コーヒー豆の挽き目には細挽き、中挽き、粗挽きなどさまざまな種類がある。コーヒー豆を細挽きにすると濃いめの味に、粗挽きにするとさっぱりとした味になる。好みの味になるように挽き目を調節しよう。

コーヒー豆を均一に挽けずに大小の粒が混ざると、渋みやえぐみが出てきてしまう。コーヒーミルの正しい使い方を押さえて、美味しいコーヒーを飲めるようにしよう。

3. 手動コーヒーミルの正しい使い方

ここでは、手動コーヒーミルの正しい使い方を解説する。美味しいコーヒーが飲めるように、コーヒーミルの使い方をしっかり押さえていこう。

必要なもの

・コーヒーミル
・コーヒー豆

使い方

1.コーヒーミルに付いている古い粉を取る
2.コーヒー豆を量る
3.コーヒー豆の挽き目を調節する
4.コーヒーミルにコーヒー豆を入れる
5.試し挽きで挽き目の粗さを確認する
6.好みの粗さでコーヒー豆を挽く

コーヒーミルの下にある引き出し部分には、前に使った粉が残っている可能性がある。そのままコーヒーを作ってしまうと雑味が生じる可能性があるので、必ず粉を取り除いてからコーヒーを作ろう。

挽き目調節の方法は以下の通り。

1.コーヒーミルの部品を外す
2.挽き目調節ネジを回して、挽き目の粗さを調節する
3.取り外した部品を取り外した順とは逆に取り付けていく

部品を外す際は、トップネジ・ハンドル・ストッパー・金属ワッシャーの順に外そう。挽き目調節ネジを時計回りに回すと細挽き、反時計回りに回すと粗挽きになる。挽き目の粗さを調節して部品を取り付け直したら、ハンドルを回して豆を挽いていこう。

4. 手動コーヒーミルの使い方のコツ

ここからは、手動コーヒーミルの使い方のコツを解説する。使い方のコツを押さえて、自分好みの美味しいコーヒーを挽けるようになろう。

ハンドルはゆっくり回す

コーヒー豆を挽く際ハンドルを早く回してしまうと、摩擦熱が伝わってコーヒー豆が劣化してしまう。風味や香りが落ちる原因となるので、挽くときはコーヒーミルのハンドルをゆっくり回すことが大切だ。

抽出器具にあわせて挽き目を変える

抽出器具にあった挽き目でないと、十分に抽出ができずにコーヒーの味が薄くなったり、えぐみが出たりしてしまう。抽出器具にあわせて挽き目を変えよう。

極細挽き:パウダー状。エスプレッソマシンにあう挽き目である。
細挽き:上白糖とグラニュー糖の間くらいのサイズ。ウォータードリッパーなどに適している。
中細挽き:グラニュー糖くらいの大きさ。ペーパードリッパー、コーヒーメーカーなどにあう挽き目だ。
中挽き:サイフォンやフレンチプレスなどに適した挽き目。グラニュー糖とザラメの中間の大きさである。
粗挽き:ザラメ程度の大きさ。目が粗いフィルターにピッタリだ。

均一な粒度にする

均一な粒度にしないと、抽出にムラが出てしまう可能性がある。粒度が均一になるように、ハンドルを一定のリズムで回すのがコーヒーミルの上手な使い方だ。

結論

コーヒーミルは使い方によって、味に変化が出る。好みの味になるように、挽き目を調節することが大切だ。手動コーヒーミルの場合、ハンドルを回す速度やリズムに注意しないと均一な挽き目にならず、コーヒーの味に雑味が生じてしまう。抽出器具によっても選ぶべき挽き目は変わってくるので、抽出器具にあわせて適切な挽き目を選ぶとよいだろう。コーヒーミルを正しく使って、自分好みのコーヒーを作れるようになろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ