このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
養生テープを窓に貼って台風対策!飛散防止に役立つ貼り方と代用品

養生テープを窓に貼って台風対策!飛散防止に役立つ貼り方と代用品

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年9月20日

台風で飛来物が当たれば窓ガラスは簡単に割れてしまう。雨戸がない窓でも簡単に実践できるのが、養生テープを使った対策だ。この記事では、窓ガラスに養生テープを貼った場合の効果について解説する。正しい貼り方や代わりに使えるアイテム、上手な剥がし方と併せて紹介するので、いざというときの対策として覚えておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 窓に養生テープを貼る効果とは?

窓ガラスに養生テープを貼るとどのような効果があるのか解説する。使い方を間違わないためにも、台風対策の基礎知識として学んでおこう。

補強効果はない

窓ガラスに養生テープを貼っても補強はできない。窓ガラスはある程度の強風になら耐えられる仕組みになっており、割れる原因のほとんどは飛来物だ。

重い飛来物が窓ガラスに衝突すれば割れることは避けられない。破損を防止したいなら、風で飛びそうなモノを片付けたり雨戸を閉めたりといった対策が必要だ。

ガラスの飛散防止になる

養生テープを窓ガラスに貼れば、破片の飛散防止になる。万が一ガラスが割れても家の中に破片が落ちにくくなるので、けがをするリスクが少なくなるだろう。

ガムテープでも同じ効果が期待できるが、剥がれにくいので養生テープのほうが使いやすい。飛来物の大きさによっては飛散を防げないこともあるので、台風のときは窓の周りに近づかないようにしよう。

2. 窓への養生テープの正しい貼り方

窓ガラスに養生テープを貼るときのポイントは2つだ。安全性や飛散防止の効果を高めるために、貼り方と注意点を確認してほしい。

正しい貼り方

まずは窓ガラスの枠にそって養生テープを四角形に貼る。その後は四角形の中にバツ印になるように貼り、次は十字になるように貼れば完成だ。四角形の中に米印が入っていると考えればわかりやすい。

一部が貼られていない箇所があると効果が弱くなるので、隅までキッチリと貼ることを意識する。雨戸がない窓ガラスに1枚ずつ貼っていき、十分な台風対策をしよう。

貼る時の注意点

養生テープは窓の内側から貼り付けるのがポイントだ。窓が大きいと真っすぐに貼り付けるのは難しいので、誰かに手伝ってもらうと作業がしやすい。

また、窓にホコリや汚れ、水分が残っていると養生テープが貼り付きにくくなる。剥がれてしまうのを防ぐためにも、汚れや結露はキレイに拭き取っておこう。水分が残らないように乾拭きをしてから、養生テープを貼り付けてほしい。

3. 窓に貼る養生テープがないときの代わりは?

養生テープ以外にも、窓ガラスの台風対策として使えるアイテムはいろいろある。3つの代用品について紹介するので、それぞれの特徴をチェックしよう。

飛散防止フィルム

窓ガラス全体に貼る飛散防止フィルムを使えば、より高い効果を期待できる。養生テープと違って目立たないので事前に貼ることができ、台風のときに慌てる必要がない。

遮熱や紫外線(UV)カットなど飛散防止以外の効果が期待できる商品もある。市販でも購入できるが、キレイな仕上がりを求めるなら業者に頼むのがおすすめだ。

ダンボール

ガムテープを使って窓ガラスにダンボールを貼る方法だ。厚みがあるので、養生テープを貼るよりも高い飛散防止効果が期待できる。ガムテープは紙製より布製を選ぶようにすれば、使ったあとも剥がしやすい。

ダンボールを窓ガラスの外側と内側に貼り付けることで効果が高くなる。水や衝撃に強いプラベニヤをダンボールの代わりに使うのもおすすめだ。

カーテン

カーテンを閉めておけば、飛散した窓ガラスの破片が部屋の中に入りにくくなる。厚めのカーテンを選べばより効果的だ。カーテンレールがない窓には、突っ張り棒を設置してから取り付けよう。

4. 窓に貼った養生テープ跡の上手な剥がし方

窓ガラスに貼った養生テープの上手な剥がし方を紹介しよう。跡が残ったときの対処法と併せて詳しく解説する。

養生テープは剥がしやすい

養生テープは粘着力が弱いので、端を手で引っ張ればすぐに剥がせる。貼った順番で1枚ずつ剥がしていけば、跡は残らないだろう。

ただし、窓ガラスが割れたりヒビが入ったりした状態で養生テープを剥がそうとすると、けがをする可能性がある。養生テープを貼ったままにして専門の業者に修理を依頼しよう。

跡が残ったときは?

剥がしやすい養生テープでも、剥がれなかったり跡が残ったりするケースはある。無理やりこすっても剥がすのは難しく、窓ガラスに傷がつく可能性も考えられるだろう。

専用の剥がし剤を使用すれば落ちない養生テープがスッキリと剥がれる。台風対策として養生テープを用意するなら、一緒にそろえておくのもおすすめだ。

結論

養生テープを窓ガラスに貼れば破片の飛散防止になる。雨戸がない窓でも簡単に実践できるので、台風対策として養生テープを備えておくのがおすすめだ。養生テープを貼る以外にも飛散防止フィルムやダンボールを使った方法があるので、こちらも併せて覚えておいてほしい。養生テープは剥がしやすいが、跡の対策をするなら剥がし剤を用意しておくと安心だ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ