このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クーラーボックスはレンタル可能!費用相場や選び方も解説

クーラーボックスはレンタル可能!費用相場や選び方も解説

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年9月15日

クーラーボックスは頻繁に使うものではないため、持っていない家庭もあるかもしれない。しかし、家族で釣りやキャンプなどに行くことになり、必要になることもあるだろう。そのような家庭におすすめなのが、必要な時だけクーラーボックスをレンタルする方法だ。この記事では、クーラーボックスのレンタル費用の相場や上手な選び方を解説する。使い方のコツもあわせて紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クーラーボックスってレンタルできるの?

ここでは早速、クーラーボックスのレンタルが可能なのか解説する。

クーラーボックスは、釣りやレジャーなど必要な時にレンタルすることが可能だ。業者によってはレンタルするとネットで配送してくれるところもある。クーラーボックスをそこまで頻繁に使うわけではないという方は、レンタルを活用するのもおすすめだ。

2. クーラーボックスのレンタル料金の相場は?

クーラーボックスをレンタルするときにはどの程度の費用がかかるのだろうか。ここでは、クーラーボックスのレンタルにかかる費用の相場を紹介する。

たとえば35Lのクーラーボックスを1泊2日でレンタルした場合、かかる料金は7000円程度だ。60Lのものだと、1泊2日で8000円程度が相場となっている。しかし、安いところであれば2000円程度でレンタル可能なものや、逆に1万円以上と高いところもある。料金の幅が広いので、あくまでも参考程度に押さえておくとよいだろう。

3. レンタルする際のクーラーボックスの選び方

クーラーボックスには種類がたくさんあるために、どれをレンタルすべきか悩むこともあるかもしれない。ここでは、レンタルするクーラーボックスの選び方のポイントを解説する。

用途に合ったタイプを選ぶ

クーラーボックスには、ハードタイプとソフトタイプの2つがある。順に説明していこう。

・ハードタイプ
断熱材が使われており、頑丈で密閉性や保冷性に優れている。泊まりがけで出かける際や、長い時間冷やしたいものがあるときにおすすめだ。しかし、頑丈であるために重いものが多い。

・ソフトタイプ
折りたたむことができ、持ち運びに便利なもの。しかし、ハードタイプのような頑丈さはないため、衝撃に弱く保冷力も低い場合が多い。買い物や日帰りキャンプなどには最適といえるだろう。

適切なサイズを選ぶ

使用人数や使用日数に合ったサイズ選びをすることも大切だ。目安としては、2人で1泊2日する場合に30L程度のクーラーボックスを、4人で1泊2日の場合は30~50L程度のものをレンタルするとよい。ただし、大きいサイズになると持ち運びが大変なので、半分のサイズのクーラーボックス2台にするという選択肢もある。2台にすれば、飲み物用と食べ物用に分けられて開け閉めの回数も減らすことができ、保冷力も高まるのでおすすめだ。

4. レンタルしたクーラーボックスの使い方のコツ

クーラーボックスをせっかくレンタルしても、中のものがすぐに温まってしまっては意味がない。ここでは、レンタルしたクーラーボックスの使い方のコツを紹介する。

直射日光や地面への直置きを避ける

クーラーボックスは直射日光や地面からの熱を受けると、保冷力が下がってしまう。レンタルしたクーラーボックスは、直射日光の当たらない台の上などに置くとよいだろう。

蓋の開け閉めを最小限にとどめる

蓋の開け閉めが多いとクーラーボックスの中へ外気が入ってきてしまい、保冷力が低下してしまう。開け閉めを少ない回数で済ませられるように、飲み物と食べ物を別々のクーラーボックスに入れるなど工夫するとよいだろう。

結論

キャンプや釣りで必要となるクーラーボックス。しかし使う機会が少ないため、自宅にクーラーボックスがない方も多いかもしれない。クーラーボックスはレンタルが可能なため、必要な時にだけレンタルを活用するのもよいだろう。レンタル料金はクーラーボックスのサイズ、業者によっても異なる。使用用途に合ったクーラーボックスを選び、使い方のコツを押さえて、キャンプや釣りなどを思い切り楽しめるようにしよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ