このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
寝椅子の特徴とメリットは?リラックスシーンごとの選び方とは

寝椅子の特徴とメリットは?リラックスシーンごとの選び方とは

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年9月11日

疲れたとき、本を読みたいとき、横になることができる寝椅子があれば心身ともにリラックスできる。忙しい現代人には癒しのアイテムだろう。寝椅子にはいろいろな種類があり、どれを選んだらいいのか迷ってしまう。寝椅子の特徴やメリット、さらに使うシーンに合わせた選び方をご紹介しよう。自分にピッタリの寝椅子を選んでもらいたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそも寝椅子とは?

そもそも寝椅子と普通の椅子では、どこに違いがあるのだろう。

横になることができるのが寝椅子

寝椅子よりも、リクライニングチェアの方がピンとくる方も多いかもしれない。普通の椅子は座るための機能だけを持つが、寝椅子は座ったり、身体を横たえたりする機能を持つ。「身体が疲れたな」「ひと眠りしたいな」そのようなとき、身体を伸ばして横たわることができる。

忙しい仕事の合間などに少し休憩を挟めば、仕事の効率もよくなる。寝椅子で横になれば、しっかりと身体を休ませることができるというメリットがある。

2. 寝椅子がおすすめの理由

寝椅子には、普通の椅子にない特徴がある。そこに寝椅子をおすすめする理由がある。

リラックス効果

オフィスワークなどでずっと椅子に座ったままだと、下半身の血流が滞って足がむくむことがある。また、長時間椅子に座ったまま仕事を続けていると、腰が痛くなったり、肩が凝ったりする。

寝椅子の最大の特徴は横になれること、足を伸ばせることにある。身体全体を伸ばすことで、血流を元の状態に戻しリラックスすることができる。

簡易ベッド代わりに

寝椅子には、リクライニング機能が付いているものも多い。そして、背もたれが水平にまで倒せる寝椅子もあり、そのまま簡易ベッドにすることもできる。仮眠をとりたいときなどに重宝する。

3. 寝椅子の種類

寝椅子の種類は、いろいろある。自分のライフスタイルや寝椅子を使うシーンを想像しながら選ぶといいだろう。

ソファと組み合わせるカウチタイプ

座面の部分が長く、横になってくつろげるカウチタイプの寝椅子は、ソファと組み合わせることができる。もちろん単体で寝椅子として使ってもリラックスできる。また、簡易ベッドにもなるので、急な来客などがあったときには便利だ。

フレックスな使い方ができるので、ソファと一緒に寝椅子も購入したいと考えている方にはおすすめだ。

折りたたんで運べるアウトドアタイプ

キャンプでは、アクティブもいいけれどゆっくりと自然を満喫したい。そんな方におすすめなのがアウトドアタイプの寝椅子だ。折りたたむことができるので、車での運搬も簡単にできる。防水加工が施されているものが多く、屋外で使いやすくなっている。

インテリア性の高いアンティークタイプ

部屋の雰囲気を演出するのにおすすめなのが、アンティークタイプの寝椅子だ。優雅な模様の寝椅子は、置いてあるだけで存在感がある。

寝椅子に合わせて部屋をコーディネートするのもいいだろう。

4. 寝椅子の上手な選び方

寝椅子を選ぶとき、チェックしておきたいポイントがいくつかある。失敗しない寝椅子の選び方を紹介しよう。

大きさと耐荷重

寝椅子を選ぶときには、置く場所のスペースを考えることだ。狭い部屋に大きな寝椅子を置いてしまうと、圧迫感を感じてしまいリラックスできないこともある。

また、耐荷重も必ずチェックしよう。素材によって寝椅子の耐荷重も変わってくる。どんな方が使っても壊れてしまうことがないように、十分なゆとりを持った方がいいだろう。

素材

寝椅子の素材には、大きく分けて「布」と「革」がある。

布の寝椅子は、肌触りがやさしい。ある程度の吸湿性もあるのでベタつくこともない。デザインや柄なども豊富にそろっているので、部屋の雰囲気に合わせた寝椅子を選ぶことができる。値段もお手頃だ。

ただし、飲み物などをこぼすとシミになってしまう可能性がある。衛生面を考えると取り外しができて、洗えるものが望ましい。

革の寝椅子は、高級感がある。汚れに強く耐久性もあるので、長く使いたいときにはおすすめだ。存在感があるのでインテリアの主役になりそうだ。

ただし、通気性がないため季節によっては肌にベタつきを感じてしまうこともある。また、本革使用だと値段が高くなってしまう。

パーツ・機能

寝椅子によっては、さまざまな機能が付いたものがある。たとえば、オットマンやフットレスのついた寝椅子は、足が伸ばせるだけでなく、スツールとしても活用できる。好みや必要性に応じて選ぶことだ。

リクライニング機能も注目したい。リラックスできる角度は人それぞれなので、できるだけ細かく、広い範囲の角度に調整できる寝椅子がおすすめだ。

結論

寝椅子には、いろいろなタイプがあり、自分がどのようなシーンでくつろぎたいかを考えて選ぶと失敗が少ないだろう。また、寝椅子に何を求めているかによって選び方も違ってくる。ポイントを押さえて選ぶことが大切だ。寝椅子で疲れた身体と心をリフレッシュしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ