このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
台風で停電する原因は?復旧までの時間の目安や対策方法を紹介!

台風で停電する原因は?復旧までの時間の目安や対策方法を紹介!

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年9月12日

2019年に台風15号が日本に上陸した際、千葉県を中心に10日以上にも及ぶ停電が起きた。台風で停電が発生する原因は何なのだろうか。また、もし台風で停電したらどう対処すればいいのだろうか。この記事では台風によって起こる停電の原因や対策を紹介する。いざというときに役立てられるようチェックしておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 台風で停電が起きる原因とは?

台風で停電が起こる原因は、主に電線の損傷にある。たとえば台風による強風で外れたトタンや看板などの飛来物、倒れた樹木などが電柱にぶつかり電線が切断されることがある。そうなると電気を送れなくなり停電が起こるのだ。また、大雨による土砂崩れで電柱が倒壊し、電線が切れる場合もある。

ほかにも海に近い場所では、台風の影響で強い潮風が吹くと、鉄塔に塩分が付着することがある。中でも鉄塔に電気が流れないようにしている器具に塩分がつくと、器具の表面を通って鉄塔に電気が流れてしまい、停電の原因となる。

2. 台風で停電したらどれくらいで復旧するの?

台風による停電の復旧は、電線や電柱がどれくらい破損したかの規模にもよるが、数日程度の時間を要する可能性もある。

過去にも台風の影響で長期間停電した事例が見られた。2018年に上陸した台風21号では、暴風域の範囲が広かったために停電の規模が大きく、停電のピーク時に比べ99%が復旧するまでに約5日かかった(※1)。また、近年でも停電被害が突出して大きかった2019年の台風15号では、99%が復旧するまでに12日以上もの期間を要した(※2)。

しかし、2018年の台風21号や2019年の台風15号でも、被害が少なく2日以内に復旧した地域も多くある。台風による停電の復旧にかかる時間は一概にはいえないため、各電力会社が発表する復旧見通しをチェックしてほしい。

3. 対策をして台風による停電に備えよう

台風による停電に備えるためには、日頃からの対策が肝心だ。
停電すると照明がつけられなくなるため、懐中電灯やLEDランタンなど光源となるものを用意しておこう。それらの電源となる電池も必要だ。電池が必要ないロウソクなどのアイテムもあると安心だろう。

台風がくる前にシャワーや充電を済ませよう

停電すると給湯システムの電源が入らなくなりシャワーが浴びられなくなるので、お風呂やシャワーは台風がくる前に済ませておくのがおすすめだ。また、スマホは重要な情報源となるためあらかじめしっかり充電しておこう。

非常食をそろえておこう

停電すると電気コンロが使えなくなる。非常食としてそのまま食べられるものや、火を使わずに調理できるものをそろえておこう。台風がくる直前に準備するのもいいが、地震などの災害に備えるためにもできれば常にストックしておきたい。

4. 台風時の停電による暑さや寒さをしのぐには?

台風が多く発生するシーズンは、1年の中で比較的暖かい7月から10月の時期だ。そのため台風で停電してエアコンが動かなくなると、暑さをしのげなくなってしまう。真夏を冷房なしで過ごすと熱中症になるリスクもあり、台風による停電時にエアコンが使えないのは死活問題にもなる。ベストなのは停電時に使える発電機や蓄電池を用意しておくことだ。

冷房が使えないときの熱中症対策

台風で停電して冷房が使えないときは、電池式のハンディ扇風機があると便利だろう。ほかにも停電時の熱中症を防ぐには以下のような方法が効果的だ。

・日陰の窓を開けて換気する
・こまめに水分補給する
・保冷剤で体を冷やす
・通気性のよい服を着る
・水風呂に入る(ただし熱中症の症状が出ているときはNG)

暖房が使えないときの寒さ対策

万が一台風での停電時に寒い場合は、保温性の高い衣服や毛布で体を温めるといい。手袋やマフラーなどの防寒アイテムやカイロも役立つ。さらに、ガスストーブがあると停電時でも使えて安心だろう。

結論

台風がくると停電が起きる可能性がある。電気で動く機器や家電を多く使って暮らしている私たちは、停電するととてつもない不便に陥ってしまう。そのようなときにもできるだけ生活に困ることのないよう、防災グッズや非常食を用意しておこう。また停電中でも電気を使うためには、発電機や蓄電池があると安心だ。
(参考文献)
※1出典:関西電力株式会社「台風21号対応検証委員会報告」
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/souhaiden/2018/pdf/1213_1j_02.pdf
※2出典:経済産業省資源エネルギー庁「「台風」と「電力」〜長期停電から考える電力のレジリエンス」
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/typhoon.html
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ