このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアメールの宛名や住所の書き方とは?敬称や会社宛の書き方も紹介!

エアメールの宛名や住所の書き方とは?敬称や会社宛の書き方も紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年9月14日

エアメールを出す時に宛先などをどのように書けばよいのだろうか。この記事では、エアメールの宛名や住所の書き方や敬称の付け方を紹介する。個人宛だけでなく、ビジネスで使えるエアメールの宛名が会社の場合の書き方も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エアメールの宛名や住所の書き方【日本から海外編】

海外にエアメールを送る時、宛名や住所はどのように書けばよいのだろうか。ここでは、日本から海外にエアメールを送る場合の、宛名や住所の正しい書き方を紹介する。

宛先

宛先は封筒の中央から右下にかけて差出人よりも少し大きめに書くことを意識して次のように書こう。
  • To
  • 宛名(名前 名字)
  • アパートやマンションの建物名・部屋の番号、住所番号、街路名
  • 都市名、地方名、州名、郵便番号
  • 国名(大文字で記載する)

差出人

差出人は、封筒の左上に書くとよい。この時、宛先よりも少し小さく書くことを意識して次のように記載する。
  • From
  • 差出人名(名前 名字)
  • アパートやマンションの建物名・部屋の番号、番地、丁目・町村名
  • 市区名、都道府県名、郵便番号
  • 国名(大文字で記載する)

「VIA AIR MAIL」と記載する

エアメールとわかるように封筒の左下に、VIA AIR MAILと記載する。この時、黒か青のペンで少し大きめに書くとよい。また、切手は右上に貼る。

2. エアメールの宛名や住所の書き方【海外から日本編】

海外から日本へエアメールを送る場合はどのように宛名や住所を書くのだろうか。ここでは、海外から日本へエアメールを送る際の、宛名や住所の正しい書き方を解説する。
海外から日本にエアメールを送る場合の書き方は、先に紹介した日本から海外に宛てたエアメールの書き方とほぼ同一である。
違うのは、宛先を日本語で記載してもよいという点だ。日本で郵便を出す時と同じように、郵便番号、住所、宛名の順に書く。ただし、宛先の国名を宛名の下に英語表記(大文字)でJAPANと書くことを忘れずにしてほしい。また、左下に記載する「VIA AIR MAIL」の下にも大きくJAPANと書くとよいだろう。これは、エアメールが他国の国内郵便に紛れて迷子になってしまわないようにするためである。

3. エアメールの宛名の敬称はどうすべき?

エアメールの宛名を書く時に、敬称はどのように書けばよいのだろうか。ここでは、エアメールの宛名の正しい敬称の書き方を紹介する。
英語圏では宛名の前にMr.などと敬称を付けるが、これは日本の様に該当するものである。ほかにもMs.やMssなどのさまざまな敬称があるので使い分け方を紹介しよう。
  • Mr.(男性)
  • Miss(未婚女性)
  • Mrs.(既婚女性)
  • Ms.(既婚か未婚か不明な場合)
  • Mr.&Mrs.+夫のフルネーム(夫婦宛の場合)

4. エアメールの宛名が会社の場合の書き方

仕事によっては海外にエアメールを送ることもあるだろう。ここでは、ビジネスでエアメールを出す際の宛名の書き方を紹介する。正しい宛名の書き方をマスターして、取引先に失礼のないようにしよう!

宛先

個人宛のエアメールと同じく宛先は中央から右下にかけて、差出人よりも少し大きめに書く。
  • 宛名(役職)
  • 会社名、部署名
    (担当者が不明な場合は、担当者様という意味の「Attention:部署名」と記載する)
  • 住所番号、街路名
  • 都市名、地方名、州名、郵便番号
  • 国名(大文字で記載する)

差出人

個人宛のエアメールと同じく差出人は左上に記載する。また、左下に大きく「VIA AIR MAIL」と記載する。
  • 差出人名
  • 会社名
  • 番地、丁目・町村名
  • 市区名、都道府県名、郵便番号
  • 国名(大文字で記載する)

結論

日本から海外に向けたエアメールの宛名や住所は、日本とは逆の順で書くので注意してほしい。また、女性の敬称はMissやMrs.など未婚か既婚で表記が異なるものもあるので、相手がどちらに該当するのかよく確認してから書こう。未婚か既婚か不明な場合はMs.で表記するとよい。また、会社宛のエアメールで担当者が不明な場合はAttentionと表記して、担当者様へという意味を持たせよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ