このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
台風対策で窓ガラスにガムテープを貼るのは効果がある?対策法を紹介

台風対策で窓ガラスにガムテープを貼るのは効果がある?対策法を紹介

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年9月23日

強い台風が来ると強風の影響でものが飛ばされてぶつかり、窓ガラスが割れることがある。台風対策としては「窓ガラスにガムテープを貼る」という方法が知られているが、果たして本当に効果があるのだろうか。ここではその疑問に答え、ガムテープの正しい貼り方や台風で窓ガラスが割れないようにする方法、窓ガラスが割れたときの応急処置も解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 台風時に窓ガラスにガムテープは効果があるの?

台風対策としてよく知られている「窓ガラスにガムテープを貼る」という方法は、実は窓ガラスが割れないようにするためのものではない。窓ガラスにガムテープを貼るのは、ガラスの飛散を軽減させるのに効果がある。

窓ガラスはある程度の風圧には耐えられる強度を持つため、風の勢いが原因で割れることはほとんどない。台風で飛ばされたものがガラスにぶつかり、その衝撃で割れることが多いのだ。
窓ガラスにガムテープを貼ってもガラス自体の強度が上がるわけではなく、台風の影響でものが勢いよくぶつかってくると割れてしまう。しかしガムテープを貼ることで、破片が飛散して近くにいる人がけがをするのを防げる。

ガムテープを貼るとキレイにはがせない場合も?

窓ガラスに貼ったガムテープをはがそうとすると、粘着剤が残ってしまいキレイにはがせない場合もある。そのような場合は、ホームセンターなどで売っているシールやラベルの剥離剤を使うといい。もしくはガムテープの代わりに、よりはがれやすい養生テープを貼るのもおすすめだ。

2. 台風時の窓ガラスへのガムテープの貼り方

ここでは、台風対策で窓ガラスにガムテープや養生テープを貼る方法を解説していく。破片の飛散をより防ぐために、ダンボールを使った方法も紹介する。

ガムテープや養生テープのみを使う場合

1枚の窓ガラスにガムテープや養生テープを縦・横・斜めに貼り、テープが「米」の字になるようにしよう。

ガムテープや養生テープ、ダンボールを使う場合

まずはダンボールを切り貼りし、窓に貼れるサイズを作る。それができたらガムテープや養生テープでダンボールを窓ガラスの内側に貼り付け、隙間ができないようにしっかり留めよう。

以上2つの方法で、万が一台風で窓ガラスが割れても破片が飛散するのを軽減できる。台風が来るときは、窓ガラスにガムテープや養生テープを貼ってみよう。

3. 台風時に窓ガラスが割れた時の応急処置

もし台風で窓ガラスが割れてしまった場合、まずは身の安全を確保するのが大切だ。窓ガラスに近づくと、割れた窓から入り込む強風などで破片が飛び散り、けがをする危険性もある。台風が収まるまでは窓ガラスに決して近寄らず、部屋から離れるなど対策を講じよう。

台風が収まったら、窓ガラスの割れやひびが大きくならないよう応急処置を行いたい。応急処置の際は、けが防止のためにも軍手をはめて作業するといい。なお、応急処置のあとは業者を呼び、窓ガラスをきちんと修理してもらおう。

窓ガラスにひびが入った場合

窓ガラスがひび割れた程度であれば、ひびに沿って窓の内側からガムテープや養生テープを貼ろう。ガラス用の補修シールを使うのもおすすめだ。

窓ガラスに穴が開いた場合

台風で窓ガラスに穴が開いてしまったら、プラスチックの下敷きやアクリル板などで穴をふさぎ、上からガムテープや養生テープで固定しよう。

窓ガラスが割れた場合

ガラスが大きく割れた場合は、雨風が室内に入らないようダンボールでふさごう。割れた部分に触れないようにダンボールを貼り付け、ガムテープや養生テープで固定する。

4. 台風が来る前に窓ガラスへの対策をしておこう

台風が接近・上陸しやすい地域に住んでいる方は、台風が来るたびにガムテープやダンボールを貼り付けるのが大変だろう。台風で窓ガラスが割れないようにするには、シャッターや雨戸をつける、防犯ガラスにするといった方法が効果的だ。

シャッターや雨戸をつける

窓ガラスに飛来物がぶつかるのを防ぐには、窓の外側にシャッターや雨戸をつけるという方法がある。電動で開閉するシャッターもあり、リモコンを使って家の中から操作できて便利だ。

防犯ガラスにする

家の窓ガラスを割れにくいものに替えるという手もある。おすすめなのは、ガラスとガラスの間に合成樹脂を挟んだ構造の「防犯ガラス」だ。ハンマーやバールで窓を割って侵入してくる空き巣対策を目的に作られているため、台風で飛来物がぶつかっても割れにくい。

結論

台風が来るときは窓にシャッターや雨戸をつける、防犯ガラスに替えるなどして窓ガラスが割れないよう対策を講じるといいだろう。さらに、万が一割れてしまった際にガラスが飛散するのを防ぐため、ガムテープや養生テープ、飛散防止フィルムを貼るのも有効だ。台風が来る前にできるだけ対策をし、身の安全を守ってほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ