このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クーラーボックスの使い方!保冷力アップのコツや水抜き栓の使い方も

クーラーボックスの使い方!保冷力アップのコツや水抜き栓の使い方も

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年9月22日

クーラーボックスは釣りやキャンプに欠かせないものだが、正しい使い方をしないと保冷力が低下し、中の物がすぐに温まってしまう。この記事では、クーラーボックスの正しい使い方を解説する。水抜き栓の使い方もあわせて紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クーラーボックスの使い方で保冷力に差が出る

クーラーボックスの保冷力は使い方によって差が出てくるのをご存じだろうか。

クーラーボックスは使い方によって保冷の持続時間が変化する。そのため、どんな種類のクーラーボックスでも正しい使い方をすれば保冷力を保つことができるのだ。使い方といってもちょっとしたことなので、コツを押さえて保冷効果を持続させよう。

2. クーラーボックス内での保冷剤の使い方

クーラーボックス内の保冷効果を高めるには、保冷剤の使い方も重要な要素の1つだ。ここでは、保冷効果を高める保冷剤の使い方を解説する。

保冷効果を高めるのに、一番よい保冷剤の使い方はクーラーボックス内の一番上に置くことだ。冷気はクーラーボックス内で上から下に向かって移動する。そのため、クーラーボックス内の一番上に保冷剤を置くことで保冷効果を高められるのだ。

クーラーボックス内の隙間を埋めるように配置したり、壁面や底面に敷き詰めたりすると保冷効果がさらに高まる。

保冷剤の使い方を押さえて、クーラーボックス内の保冷効果を高めよう。

3. クーラーボックスの保冷効果を持続させる使い方のコツ

クーラーボックスの保冷効果を持続させるために大切なのは、保冷剤だけではない。クーラーボックスの使い方によっても保冷効果は持続させられるのだ。ここからは、保冷効果を持続させるクーラーボックスの使い方のコツを紹介する。

食材と飲み物を別々のクーラーボックスに入れる

1つのクーラーボックス内に食材と飲み物などを一緒に入れると、どこに何が入っているのか分かりづらくなってしまう。そうなると、取り出すのに時間がかかってクーラーボックスの開閉時間が増え、保冷力が低下してしまうことになる。飲み物と食材は別々のクーラーボックスに入れるとよいだろう。

使用前に冷やしておく

クーラーボックスの保冷効果を持続させるためには、クーラーボックス本体を使用前に冷やしておくことが大切だ。できれば使用する前夜、または数時間前から氷を袋に詰めたものを入れて冷やしておくとよいだろう。

直射日光や地表の熱を避けられる場所に置く

クーラーボックスは直射日光や地表の熱の影響をうけやすい。直射日光の当たらない日陰を選び、台を使って地表の熱が直に伝わらないように置くとよいだろう。

上記3点を押さえるだけで、保冷効果の持続時間は延ばすことができる。使い方のコツを押さえて、クーラーボックスを効果的に使えるようにしよう。

4. クーラーボックスの水抜き栓の使い方

水抜き栓のあるクーラーボックスがあることを知っているだろうか。ここでは、水抜き栓の使い方を紹介する。

使い方1.中に溜まった水を排出する

クーラーボックスに氷を入れた場合、時間が経つにつれて氷が徐々に解けて水になる。少量の水であればクーラーボックスをひっくり返すことで水を抜けるが、大量に溜まってしまった場合、クーラーボックスが重くなるのでひっくり返すのが困難になる。そのようなときに、便利なのが水抜き栓だ。クーラーボックス内に水が大量に溜まってしまっても、水抜き栓を使えば簡単に抜くことができる。

使い方2.洗浄の際に役立つ

水抜き栓は、クーラーボックスを洗う際にも活用できる。クーラーボックス内を洗うときに水抜き栓を使えば、いちいちクーラーボックスをひっくり返さなくても水抜きができるので作業が楽になる。

結論

クーラーボックスは使い方によって、保冷効果の持続時間に変化が出てくる。保冷剤の置き方や使い方のコツを押さえて、クーラーボックスを効果的に使えるようにしよう。水抜き栓が付いているクーラーボックスは、洗浄や排水に便利なものだ。水抜き栓の使い方も押さえて、効率よく使えるようになろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ