このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
浄水器とウォーターサーバーを徹底比較!違いや選び方のポイントも

浄水器とウォーターサーバーを徹底比較!違いや選び方のポイントも

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月21日

自宅で手軽にキレイな水が飲める浄水器やウォーターサーバー。しかし、「どっちがいいのか分からない」と悩む方もいるのではないだろうか。今回は、浄水器とウォーターサーバーの違いやそれぞれのメリット・デメリットを紹介する。選び方のポイントや浄水器とウォーターサーバーの両方の機能を使いたいときにおすすめのタイプも解説しているため、導入を検討している方はぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 浄水器とウォーターサーバーの違いとは?

浄水器とウォーターサーバーの違いの前に、まずはそれぞれの特徴や仕組みを説明しよう。浄水器とは、フィルターに水道水を通して、有害物質や不純物を除去する装置である。水道水が浄化されることで、安全で美味しい水を精製できるのだ。浄化するために使われるフィルターの種類によって除去物質は異なる。

ウォーターサーバーは、冷温水機全般を指す。いつでも冷水や温水が使える装置のことだ。メーカーと契約してウォーターサーバーをレンタルし、定期的に水の入ったボトルが自宅に届く仕組みである。ウォーターサーバーは室内のどこかに設置して使用する。

浄水器とウォーターサーバーの違い

安全で美味しい水を使えるという点では同じだが、実は浄水器とウォーターサーバーには大きな違いがある。

・形状や大きさ
浄水器はいくつかの種類があるが、大きさは手のひらサイズからポットと同じ程度までだ。しかし、ウォーターサーバーは卓上型や床置き型があり、浄水器よりもスペースが必要になる。

・機能
浄水器は浄水がメインであり、お湯は使えないが、カートリッジの交換時期を知らせてくれるものもある。ウォーターサーバーは冷水と温水が使える。ものによっては常温水が使えたり、チャイルドロックや自動メンテナンス機能があったりする。

・除去物質
浄水器は水道水を浄化してくれるが、必要最低限の不純物しか除去されないものから、ミネラル分まで除去してしまうものもある。ウォーターサーバーは各社での厳しい基準をクリアした水であり、安全性も高いといえる。

・必要なコスト
浄水器は種類によって価格に差があるが、主なコストは本体の購入代金と定期的なカートリッジ交換費用のみである。ウォーターサーバーは本体のレンタル代のほか、水の購入代金や電気代が必要だ。

2. 浄水器とウォーターサーバーのメリットやデメリット

いくつかの違いがある浄水器とウォーターサーバーだが、メリットやデメリットも異なるため、ここで比較してみよう。

浄水器のメリットやデメリット

(メリット)
・コストが低い
・手に入りやすく、気軽に使える
・スペースを取らない

(デメリット)
・蛇口周辺にしか設置できないものが多い
・お湯は使えない
・定期的にカートリッジを交換しなければならない

浄水器は数千円程度で購入できるタイプもある。家電量販店や通販などで気軽に購入できるのも嬉しい点だ。しかし、水道水を浄化する装置なので、蛇口周辺に設置するものがほとんどだ。浄水器内のカートリッジを交換しないまま使用していると、浄水能力が低下する場合もある。

ウォーターサーバーのメリットやデメリット

(メリット)
・いつでも冷水や温水を楽しめる
・コンセントがあれば室内のどこにでも設置できる
・災害用の水としても使える

(デメリット)
・水の入ったボトルの交換が重くて大変
・コストが高い
・設置するためのスペースが必要

ウォーターサーバーはいつでも冷水や温水を楽しめるため、冷蔵庫で冷やしたりお湯を沸かしたりする手間が省ける。災害時にはウォーターサーバーの水を活用できるのも安心だ。しかし、1本あたり6Lから18Lほどの容量があるボトルを毎回交換しなければならない。

3. 浄水器とウォーターサーバーは結局どっちがいいの?

これまで、浄水器とウォーターサーバーの違いやメリット・デメリットを紹介したが「結局どっちがいいのだろう」と疑問に思う方も多いだろう。ここでは、選ぶ際のポイントを紹介する。

スペースが限られる一人暮らしの方には浄水器

浄水器は、ウォーターサーバーよりもコンパクトなタイプがほとんどである。部屋が狭い、または設置するスペースが限られる一人暮らしの方には浄水器がおすすめだ。

水の品質や味にこだわりたいならウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、天然水やRO水が使われる。また、各メーカーでの厳しい基準をクリアした水が届けられるので、安全性も高いといえる。水の品質や味にこだわりたいなら、ウォーターサーバーを選ぶとよい。ちなみにRO水とは、RO膜で不純物を極限まで除去した水のことである。

低コストを求めるなら浄水器

本体を購入するための費用が必要な浄水器だが、その後は水道料金や定期的なカートリッジの交換費用のみで済む。一方でウォーターサーバーは本体のレンタル代や水の購入代金、電気代など、ランニングコストがかかる。低コストを求めるなら、浄水器がおすすめだ。

赤ちゃんがいるならお湯が使えるウォーターサーバー

ウォーターサーバーは冷水だけでなく、80℃から90℃程度のお湯が使える。赤ちゃん用のミルクを作るときに重宝するだろう。安全性が高いのも嬉しい。また、カップラーメンを作ったり紅茶を淹れたりするときにも便利だ。

契約やレンタルが面倒なら浄水器

浄水器は家電量販店や通販などで手軽に購入できるため、ウォーターサーバーのように契約を交わしたり、レンタルしたりする必要がない。面倒な手続きを避けたいなら浄水器がよいだろう。

リビングや寝室に設置したいならウォーターサーバー

水回りではなく、リビングや寝室に設置したいならウォーターサーバーを選ぶのがおすすめだ。浄水器のように蛇口に取り付ける必要がなく、コンセントさえあれば使用できる。

4. 浄水器とウォーターサーバーの両方が使える併用タイプがおすすめ

浄水器とウォーターサーバーにはそれぞれメリットがあるが、浄水器とウォーターサーバーの両方のよい機能を併用できる「水道直結型ウォーターサーバー」があるのはご存知だろうか。

水道直結型ウォーターサーバーとは、水道水を浄化して使用するウォーターサーバーのことである。水道管にウォーターサーバー用のパイプを繋げるので工事は必要だが、水ボトルを交換する手間がなくなる。浄水器より安全性も高い。水をたっぷり使いたい方や、水を切らしたくない方におすすめだ。

結論

浄水器は水道水に含まれる不純物を除去する装置であり、ウォーターサーバーは冷水や温水を使える装置である。浄水器とウォーターサーバーのメリットやデメリットは大きく異なるため、利用する際はコストや機能性、設置場所などを考えて選ぼう。また、浄水器とウォーターサーバーの両方の機能を併用したいなら水道直結型ウォーターサーバーも検討してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ