このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
浄水器の据え置き型のメリットとは?選び方や使い方まで詳しく解説

浄水器の据え置き型のメリットとは?選び方や使い方まで詳しく解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月29日

体のためにも、キレイで安全な水を使いたいところだが、毎回ミネラルウォーターを購入していると経済的にも負担がかかるだろう。そこでおすすめなのが据え置き型浄水器だ。この記事では、浄水器の概要はもちろん、据え置き型浄水器のメリットや上手な選び方を紹介する。正しい使い方も解説するので、初めて据え置き型浄水器の購入を検討している方も参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそも浄水器とは?

そもそも浄水器とは、水道水に含まれる残留塩素などの不純物を、フィルターを通して除去する製品のことだ。安全で美味しい水を手軽に飲めるため、幅広く人気である。また、浄水器は以下のようにいくつか種類がある。
  • 浄水器とキッチンの蛇口をホースでつなぐ据え置き型
  • シンク下に本体を設置する蛇口一体型
  • ポットに入れた水を浄化できるポット型
  • 蛇口に直接取り付ける蛇口直結型
今回紹介するのは、ひとつ目に挙げた据え置き型浄水器だ。ポイントをおさえて、自分に合った据え置き型浄水器を見つけよう。

2. 据え置き型浄水器のメリット

浄水器はそれぞれ異なる特徴やメリットを持つ。ここでは、据え置き型浄水器のメリットを説明する。

浄水性能が高い

据え置き型浄水器はサイズが大きい高性能なフィルターが内蔵されていることが多い。そのため浄水性能が高く、しっかり不純物を除去してくれる。小さなお子さんがいる家庭も安心だろう。また、フィルターのサイズが大きい分、ろ過できる水の量も多いので、水をたくさん使いたい方にもぴったりだ。

カートリッジの交換頻度が低い

据え置き型浄水器は、カートリッジの交換頻度が半年から1年程度と低い。初期費用が高くつく場合もあるが、ランニングコストを考えると安く済むといえるだろう。頻繁にメンテナンスする手間が省けるのも魅力だ。

水の種類を切り替えられる

商品によっては、原水と浄水の切り替えができるタイプや、軟水や水素水、アルカリイオン水など、水の種類を切り替えられるタイプがある。飲み水には浄水、料理にはアルカリイオン水というふうに、用途に合わせて使い分けられる。

3. 据え置き型浄水器の上手な選び方

据え置き型浄水器ひとつとっても、いろいろな商品がある。最適なものを選ぶために、ここでは据え置き型浄水器の上手な選び方を説明する。

設置スペースで選ぶ

据え置き型浄水器はシンク周りに設置する必要がある。そのため、購入する際は設置スペースを事前に確認しておくのが大切だ。シンク周りが狭い、キッチン周りを広く使いたいという場合は、コンパクトモデルの据え置き型浄水器を選ぼう。

浄水性能で選ぶ

ポット型や蛇口直結型よりも浄水性能が高い据え置き型浄水器だが、この性能はフィルターの種類によっても変わる。活性炭・中空糸膜・逆浸透膜などの種類があり、それぞれ異なる特徴がある。

たとえば活性炭は、表面にある細かい穴が不純物を吸着してくれる仕組みだ。比較的手に入れやすい価格だが、フィルターの交換期間が短い。また、中空糸膜はマカロニ状の細かい穴で赤サビや細菌まで除去でき、逆浸透膜は他の種類より除去能力が高い分、ろ過するのに時間がかかる。自分の生活スタイルや重視するポイントに合わせて選ぼう。

4. 据え置き型浄水器の正しい使い方

自分に適した据え置き型浄水器を選ぶのは大切なことだが、正しい使い方を知るのも重要だ。誤った使い方をすると健康被害が出る可能性もあるので、気をつけたい。

浄水器を通した水は早めに使い切る

水道水を据え置き型浄水器で浄化すると、水の中に含まれていた塩素も除去される。塩素の殺菌作用がなくなった結果、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうのだ。そのため、据え置き型浄水器を通した水は早めに使い切ろう。

常温ではなく冷蔵で保存する

据え置き型浄水器の取扱説明書を見ると、「保存は冷蔵庫で」という指示が多い。これは、常温保存だと水温が上がり、さらに雑菌が繁殖しやすい状況になるからである。そのまま放置していると味が悪くなったり、健康被害が出たりする場合もあるので、冷蔵保存が望ましい。

朝一の水は使わない

給水管に残った水や、前の日に使用した水が出口付近に残っていることがある。そのため、朝一は5秒から10秒ほど水を出し、残った雑菌を流してから使おう。

浄水器を清潔に保つ

水に含まれるミネラル分や、調理のときに飛んだ汚れなどが原因で、うろこ汚れや赤カビのような汚れが付着することがある。そのままにするとカビの繁殖に繋がることも考えられる。そのため、安全に水を使いたいなら据え置き型浄水器を清潔に保つのが重要だ。広い部分は清潔な布で水拭き・乾拭きをして、浄水の出口やホースなどの細かい部分は清潔なブラシでこすろう。洗剤の使用は控えた方がよい。

また、カートリッジやパッキンなどの消耗品は定期的に交換しよう。カートリッジの交換頻度はメーカーによって違うので、取扱説明書などを確認する。

結論

据え置き型浄水器は、ポット型や蛇口直結型よりも浄水性能が高い。フィルターのサイズが大きい分、交換頻度も低く、ろ過できる水の量も多いのが魅力だ。ただし、据え置き型浄水器はいろいろな商品が販売されている。設置スペースや浄水性能を考えて選ぼう。また、据え置き型浄水器を通した水は冷蔵保存で早めに使い切り、朝一の水を使わないのも覚えておきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ