このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
 浄水器の仕組みや驚くべき効果を解説!水道水が健康に及ぼす影響も

浄水器の仕組みや驚くべき効果を解説!水道水が健康に及ぼす影響も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月24日

生活するために必要不可欠である「水」。飲み水や料理に浄水器の水を使っている方が多いだろうが、具体的に浄水器にどのような効果があるのかを知らない方もいるだろう。そこでこの記事では、水道水が健康に及ぼす影響や、浄水器の効果を解説する。浄水できる仕組みや、効果の高い浄水器の選び方も説明しているので、浄水器を取り入れるべきか迷っている方はぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 浄水器の効果の前に

浄水器の効果をお伝えする前に、まずは水道水について解説しよう。水道水には塩素が含まれている。塩素には殺菌効果があるため、原水である川や湖の水に含まれているいろいろな病原菌やウイルスを死滅させて水を消毒できるのだ。日本の水道水は世界的に見ても安全性が高く、口にしても健康への悪影響はないといわれている。

ただし、残留塩素やカルキ臭がある分、水道水をそのまま飲むことに抵抗がある方もいるだろう。また、各家庭へ水を運ぶための水道管が汚れていることもある。健康への悪影響はないが、安全で美味しい水を飲みたいなら不純物を除去する効果のある浄水器が必要だ。ペットを飼っている方にも浄水器はおすすめしたい。

2. 浄水器の驚くべき効果

浄水器を利用すると、驚くべき効果が得られる。ここでは、浄水器を使う利点を説明しよう。

安全で美味しい水を利用できる

私達が利用する水は水道管を通って届けられ、集合住宅の場合は貯水タンクに溜められた水が届けられる。しかし、水道管や貯水タンク内が汚れていることもある。浄水器には、これらの汚れやカルキ臭、残留塩素などの不純物を除去する効果があるため、安全で美味しい水が利用できるのだ。飲み水だけでなく料理にも浄水を使うことで、美味しさがグッと上がるだろう。プールへ行ったときに感じるような独特の塩素のにおいがなくなるのも嬉しい。

通常、水道水の残留塩素を除去するためには、10分ほど沸騰させたり、汲み置きした水道水を一晩ほど置いておく必要がある。浄水器を使うとその手間もかからない。

食材に含まれるビタミンを保つ

水道水に含まれる残留塩素は、食材のビタミンを10%から30%ほど損ずるといわれている。栄養が豊富な野菜や果物を使っても、ビタミンが損じてしまうのは非常にもったいない。浄水器には残留塩素を除去する効果があるため、食材の栄養をそのまま摂取できる。

3. 浄水器の効果の仕組み

浄水器が水を浄化できる理由は、内蔵されているフィルターが不純物を除去してくれるからである。水道水がフィルターを通ることで水がろ過され、浄水へと変化する仕組みなのだ。

浄化能力はフィルターの種類と水の勢いで変わる

不純物を除去する効果は、フィルターの種類と水の勢いで変わる。フィルターはろ材とも呼ばれ、この種類は、活性炭・中空糸膜・逆浸透膜などが挙げられる。それぞれの特徴や除去できる物質は違うため、浄水器を選ぶときは自分が求める効果のあるフィルターを探すのもよいだろう。

また、同じ種類のフィルターでもゆっくり水を流すことで浄化能力は高くなる。反対に、水の勢いがよすぎるとフィルターが不純物を除去しきれない状態になる。浄水器の効果を最大限に発揮したいなら、水の勢いにも気をつけよう。

4. 効果の高い浄水器の選び方

効果の高い浄水器を使いたいなら、選び方が重要だ。フィルターだけでなく、浄水器本体にもいくつか種類がある。ここでは、浄水器の種類の特徴を説明する。

蛇口直結型

蛇口の先に取り付けるタイプ。自分一人でも取り外しが簡単にできる。コンパクトでシンク周りが広く使えるのも嬉しい。比較的安価だが、カートリッジの交換期間が短めである。また、蛇口の形状によっては取り付けられない場合もあるため、購入する前に確認しておくことが大切だ。

ビルトイン型

浄水器本体をシンク下に設置するタイプ。蛇口直結型と同じようにシンク周りが広く使える。水栓のデザインを変えられるため、オシャレなキッチンにしたい方にもおすすめだ。浄水効果は高く、カートリッジの交換期間も長い。しかし工事が必要な場合があり、費用も高くなりやすい。

据え置き型

浄水器本体をシンク周りに設置するタイプ。据え置き型の1番の魅力は浄水効果が高いことだ。ビルトイン型と同じ程度の高性能なフィルターを使用しているが、工事は必要ない。自分で簡単に設置できるものも多い。また、フィルターのサイズが大きいため、水をたっぷり使う方にもおすすめしたい。

本体価格は高めだが、カートリッジの交換期間が長い分、長期的に見ると安いといえる。商品によっては、アルカリイオン水や酸性水を作れるものもある。

ポット型

ポットに内蔵されているフィルターで浄水するタイプ。容量は数百mLから3Lほどと幅広い。コンパクトなので持ち運びにも便利だ。冷蔵庫で保存できるため、いつでも冷たい浄水が飲める。カートリッジの交換期間は短いが、安価なので気軽に購入しやすいだろう。浄水できるまでの時間は商品によって違うため、購入する際は必ず確認しよう。

結論

浄水器は、塩素を除去する効果だけでなく、食材に含まれるビタミンを維持する効果もあるといわれている。水道水をそのまま飲んでも健康への悪影響はないが、より安全で美味しい水を求めるなら浄水器の利用がおすすめだ。また、効果の高い浄水器を選ぶためには、種類やフィルターの違いを知ることも重要である。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ