このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鉛筆立てですっきり収納!おしゃれな鉛筆立てはDIYできる

鉛筆立てですっきり収納!おしゃれな鉛筆立てはDIYできる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 7日

鉛筆立ては、鉛筆だけでなくボールペンやシャーペンなどさまざまな筆記用具をまとめて収納できる便利アイテムだ。なかには、ハサミや定規などよく使う道具を一緒に収納している方もいるだろう。市販の鉛筆立てもかわいいが、DIYで自分好みの鉛筆立てを作ることもできる。今回は、鉛筆立てを使うメリットやDIYアイデアを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鉛筆立てを使うメリットは?

鉛筆などの筆記用具は、そのままでは立てて収納できないものがほとんどだ。収納スペースがある机を使っている方はその収納を使う方法もあるが、毎度引き出しを開けて取り出すのは少し面倒かもしれない。できれば机の上に置いておき、すぐに使いたいものだ。そんな時におすすめなのが鉛筆立てである。

鉛筆立てで整頓&効率アップ

机の上に筆記用具を置いていると乱雑になりやすい。鉛筆立てを使えば、筆記用具の量が多い方でも机の上をスッキリした状態にできるだろう。鉛筆立てを導入し、机の上の空きスペースが多くなることで、仕事や勉強の効率アップに繋がる。

2. 鉛筆立ての上手な選び方

鉛筆立てには、さまざまなサイズやデザインのものがある。鉛筆立て選ぶ際のポイントについて紹介しよう。

サイズで選ぶ

鉛筆立てを選ぶときに、最初に決めたいのは「置き場所」だ。机の面積が小さいのに大きな鉛筆立てを置いてしまうと、仕事や勉強をするスペースが減ってしまい本末転倒である。空きスペースが少ない場合はスリムタイプの鉛筆立てがおすすめだ。まずはどこに鉛筆立てを置くかを決め、そのスペースにあったサイズの商品を選ぼう。

収納量で選ぶ

机の上にスペースがあるからといって、必要以上に大きなものを買ってしまうと、使用頻度の低いものまで入れてしまう。余計なものを入れすぎないためにも、普段使う鉛筆やボールペンなどの数に合わせた収納量の鉛筆立てを探そう。

機能性で選ぶ

鉛筆立てには、より使いやすい機能を搭載したものもある。なかでもおすすめなのが仕切りの付いた鉛筆立てだ。鉛筆やボールペン、マーカーなど筆記用具を種類ごとに分けて置いておけるため、使いたいペンをすぐに見つけられる。仕切りは固定されたタイプと移動可能なタイプがあるが、移動可能なものであれば自分の使い方や気分に合わせてカスタマイズできるだろう。
また、「デスクオーガナイザー」と呼ばれるタイプもおすすめだ。これは筆記用具だけではなく、ハサミやホッチキス、修正テープ、セロテープなどの文具も同時に収納できる。鉛筆立てだけのものよりは大き目になってしまうが、いろいろな種類の文具を使う方はこちらを使ったほうがスッキリと収納できる。

安定感で選ぶ

鉛筆立ては1日に何度も筆記用具を出し入れする。途中で鉛筆立てが倒れてしまうと片付けの手間が増えるため、倒れにくく安定感のあるものを選ぼう。

3. 手作りの鉛筆立ての作り方

牛乳パックを使えば、簡単に手作りの鉛筆立てが作れる。鉛筆立てをわざわざ買うのが面倒な方やローコストで導入したい方には特におすすめだ。

牛乳パック鉛筆立てを作ろう!

1.牛乳パックはよく洗って乾かしておく
2.好みの高さになるように牛乳パックの上をカットする
3.デコレーションして完成

カットした牛乳パックの上の部分は使わないので、1面を切り取って鉛筆立てに入れれば仕切りのかわりになる。牛乳パックは単品で使ってもいいが、高さの違う牛乳パック鉛筆立てをもう1個連結させると収納量が増えるため便利だ。牛乳パックをデコレーションするには、側面に接着剤を塗り、好きな柄の包装紙を貼ったり、マスキングテープを巻いたりしよう。

4. おしゃれでかわいい鉛筆立てのDIYアイデア集

1からDIYをするのが難しいという方は、市販品をリメイクするのもおすすめだ。最後は、牛乳パック以外の素材で作る、鉛筆立てのDIYアイデアを紹介する。ひと手間を加えて、世界に1つだけの鉛筆立てを作ろう。

温かみのある木製鉛筆立て

机のスペースに合った木製の入れ物を用意し、リメイクしよう。木製の鉛筆立ては温かみがあり人気が高い。明るいペンキを塗るとポップでかわいい雰囲気に、モノクロにすればクールな雰囲気になる。

缶を使ってカントリーに

使い終わった大き目の缶も、DIYで鉛筆立てにできる。缶にはマスキングテープが使えるため、好きな柄のものをぐるぐると巻いてカラフルにしてみよう。また、木製と同様にペンキを塗って色を変えるのもおすすめだ。

結論

今回は、鉛筆などの筆記用具をスッキリ収納するための鉛筆立てについて紹介した。鉛筆立てを設置して、筆記用具をまとめれば、机の上が片付き空きスペースも増える。仕事や勉強の効率アップのためにも、今回の記事を参考に鉛筆立てを使って整理整頓してもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ