このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コートに毛玉がつく原因って?毛玉を取る方法や予防策を解説

コートに毛玉がつく原因って?毛玉を取る方法や予防策を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月11日

寒い季節に大活躍する反面、毎日着ているとあっという間に毛玉だらけになることもある冬のコート。つい手で引きちぎってしまいたくなるが、ちょっと待ってほしい。手で毛玉をつまみ取ると、徐々に生地が薄くなってしまうのだ。そこで今回は、コートについた毛玉を適切に取る方法と毛玉を防ぐ方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. なぜコートに毛玉ができるの?

コートに毛玉ができる原因は、洗濯したり脱ぎ着したりする際に衣類同士が擦れ合うことにある。コートに摩擦の力が加わると繊維が毛羽立ってしまい、やがてその毛羽が絡まって毛玉になってしまうのだ。特に以下の状況はコートが擦れて毛玉がつきやすいので注意しよう。

・バッグが一定の箇所(腰や背中)に触れている
・満員電車
・腕を振る

このように毛玉は無意識のうちに日常生活の中で自然と発生してしまう側面がある。毛玉がつかないように意識することはもちろん、日常的なケアも欠かさずに行おう。

コートの素材によって毛玉のできやすさは異なる

毛玉のできやすい素材
・アクリル
・ポリエステル

これらの合成繊維は強い繊維であるため、しっかり表面に留まり毛玉になってしまうのだ。

毛玉のできにくい素材
・毛(ウール)
・カシミヤ
・アンゴラ

これらの動物性繊維から作られるコートは毛玉ができても表面に留まらず自然に落ちてしまうので、毛玉ができにくい素材となる。

混紡糸による衣類は毛玉ができやすい

「アクリル」と「綿」、「ポリエステル」と「毛(ウール)」など、混紡糸で作られたコートは毛玉ができやすいので注意しよう。毛玉を防ぐために、よりこまめに手入れをすると効果的だ。

2. コートの毛玉を取る方法【ブラシ】

ここでは、ブラシを使ってコートの毛玉を取る方法を紹介する。メリットとしては、大切なコートに穴をあける心配がない、小さい毛玉でも簡単に取れるなどが挙げられる。電池も不要なので、いつでも手入れができるのも魅力だ。ただし、電動毛玉取り器に比べて毛玉処理に時間がかかる点がデメリットになるだろう。コートにブラシをかける際は、以下の手順を参考にしてほしい。

1.コートをアイロン台などの平らなところに置く
2.毛玉にブラシを当てて、なでるように取り除く

ブラシをかける際は、コートの生地を傷めないよう優しく丁寧に行おう。また、ブラシの毛の種類にもこだわるとよい。金属製よりも天然素材(猪毛や馬毛など)の方が衣類に優しく、素材を傷めるリスクを軽減できるのだ。

毛玉取りブラシは、バッグと擦れてできてしまった肩や背中など、広範囲の毛玉を落とすのに特に適したアイテムといえる。

3. コートの毛玉を取る方法【カミソリ】

コンビニや100均などでも簡単に手に入るカミソリは、コートについた毛玉を細かいところまでキレイに取り除きたいときに最適なアイテムだ。もちろんハサミで代用できるが、カミソリの方がより楽に処理ができる。その際、手を切らないように十分に注意してほしい。

使用する際は、コートの生地を傷めないように毛玉の根元部分ではなく毛玉部分をそっと触れる感覚で処理しよう。カミソリはブラシのように広範囲の毛玉を取るのではなく、袖や脇などの目立つ箇所を部分的にキレイにしたい方におすすめだ。

電動毛玉取り器を使用するのもアリ

早く、確実にコートの毛玉を取りたい方には、電動の力で刃先を回転させて毛玉を取る「電動毛玉取り器」もおすすめだ。最近は生地を傷めないように工夫された製品も発売されているので、チェックしてみよう。主にコード式、電池式、充電式の3タイプがあるので、自分の使い勝手に合う製品を見つけてほしい。

4. コートの毛玉を予防しよう

コートに毛玉がつきやすいことは、お伝えしてきた通りだ。できてしまった毛玉を取るのはもちろんのことだが、あわせて毛玉がつかないように日頃から意識することも大切である。ここでは、コートの毛玉を予防するための方法を紹介する。

同じコートを繰り返し着ない

同じコートばかりを着続けていると、頻繁に摩擦が起きてあっという間に毛玉だらけになってしまう。そのため、コートは2~3日間をあけて着るのが理想的といえる。

こまめにブラシをかける

使用したコートは、できればその日のうちにブラッシングするようにしよう。ブラシをかけることでコートについた静電気やホコリを取り除くことができるので、毛玉ができにくくなる。

繊維保護剤を使用する

繊維保護剤とは摩擦などから衣類を守るためのもので、毛玉防止はもちろん、ホコリがつくのを防いだり静電気を防止したりする効果もある。通常は洗濯時に洗剤と混ぜて使用するが、コートの場合は自宅で洗うことが難しいので希釈スプレーや浸け置きするのがおすすめだ。

その他にも、あまり出回ってはいないが毛玉防止スプレーというものもある。毛玉防止スプレーは衣類をコーティングして毛玉を発生しにくくしてくれる便利なアイテム。見つけた際は、一度使用感を確かめてみるのもよいだろう。

結論

コートの毛玉は厄介だが、そのままにしておくとせっかくの素敵なコートが台無しだ。見つけ次第取り除くのが基本だが、日頃からブラシをかけたり、連続して着ないようにしたりするなど、そもそも毛玉ができないように日頃から予防することが欠かせない。今回ご紹介したケア方法を参考にしていただき、大切なコートは長く愛用しよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ