このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鉛筆キャップで芯を守る!進化を続ける鉛筆キャップの種類&選び方

鉛筆キャップで芯を守る!進化を続ける鉛筆キャップの種類&選び方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 2日

鉛筆の先に付けて使用する「鉛筆キャップ」は、子どもから大人までが愛用する便利グッズだ。鉛筆を保護することが主な用途だが、最近ではより便利に使える機能が付いたものやデザイン性の高いものも発売されている。今回は、鉛筆キャップの種類や上手な選び方について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鉛筆キャップが必要な理由

鉛筆キャップは鉛筆の先端を保護するのが主な役割だ。キャップを付けずに鉛筆をペンケースにしまうと、衝撃で鉛筆の芯が折れる恐れがある。また、鉛筆の芯は触れると黒く汚れてしまう。ペンケースや一緒に入れている消しゴムなどが汚れるのを防ぐためにも、鉛筆を持ち歩く際にはキャップを付けることが必要だ。

2. 鉛筆キャップの種類

鉛筆キャップと聞いてどんなものを思い浮かべるだろうか?最近では、素材やデザインが異なる多くの鉛筆キャップが発売されている。まずは鉛筆キャップの種類について見てみよう。

鉛筆キャップの素材

鉛筆キャップのメジャーな素材として、プラスチック・革・アルミなどが挙げられる。プラスチック製の鉛筆キャップはリーズナブルで軽いのが特徴だ。表面にプリントができるためデザインの幅が広く、カラーバリエーションも多い。革製の鉛筆キャップはどんな形状の鉛筆にもフィットし、机に置いていても鉛筆が転がらないため使い勝手がよい。上品でおしゃれなデザインのため大人の方でも使いやすいだろう。アルミ製の鉛筆キャップはシンプルだが壊れにくいため、使用頻度が高い方でも安心して長く使える。

幅広い年齢層に向けたデザイン

鉛筆キャップは子どもから大人まで幅広い年齢層の方が使用する。そのため、デザインのバリエーションが多いことも特徴だ。キャラクターが印刷された子ども向けのかわいいデザイン、職場でも使いやすいシンプルなデザイン、趣味の時間を充実させる上品でおしゃれなデザインなど使用シーンに合わせたデザインを楽しもう。

3. 鉛筆キャップの上手な選び方

鉛筆キャップにはたくさんの種類があるため、どれを選んだらいいのか迷うかもしれない。次は、鉛筆キャップを選ぶためのポイントを紹介する。

形状で選ぶ

鉛筆キャップと聞くと丸型をイメージする方が多いだろう。しかし鉛筆が転がらないために三角になっているものや、ペンケース内でばらつかないように連結できるものなど形状にも違いがある。また、くびれ付きの鉛筆キャップはホールド力があり芯が飛び出ないため人気が高い。握りやすさや使いやすさ、ペンケースの形も考慮し、好みの形状のキャップを探そう。

機能性で選ぶ

キャップの先に消しゴムや鉛筆削りが付いているもの、はんこやスタンプが付いているもの、ワンタッチで着脱ができるものなど、さまざまな便利機能が付いた鉛筆キャップが発売されている。なかでも補助軸機能が付いたものは、キャップを繋げて長さ調整をし、小さくなった鉛筆も快適に使えるためおすすめだ。

耐久性で選ぶ

鉛筆キャップは落としたり踏んだりすると壊れることがある。お気に入りのキャップを長く使うためには耐久性も重視して選ぼう。また、鉛筆の形状に合わないサイズのキャップを使うと割れの原因になるため注意しよう。

4. 手作り鉛筆キャップの作り方

市販のものを使うのもいいが、DIYすればより自分好みの鉛筆キャップが作れるだろう。先端部分を保護できる作りになっていれば、どんな素材でも鉛筆キャップとして使うことができる。最後は、簡単にできる手作り鉛筆キャップの作り方を紹介する。

紙とマスキングテープでDIY!

好みの柄の紙(包装紙や折り紙など)を用意し、鉛筆の先に巻きつける。鉛筆にフィットするサイズに調整し、マスキングテープで固定をしたら紙製の鉛筆キャップの完成だ。プラスチック製のキャップに比べて耐久力はないが、厚手の紙を使えば丈夫に作れるだろう。

そのほかにおすすめの素材

革を適度なサイズにカットし、差し口を残した状態で手縫いをすればキャップとして使用できる。また、毛糸をかぎ編みやゴム編みすれば温かみのある鉛筆キャップになる。

既製品リメイクもおすすめ

既製品のプラスチック製キャップはデコレーションしやすい。100均などで手に入るデコレーションパーツを接着剤で取り付けてリメイクし、世界に1つだけのオリジナルキャップを作ろう。

結論

今回は鉛筆キャップの選び方やDIY方法を紹介した。鉛筆キャップにはさまざまな種類があり、使用シーンに合わせて好みのものを選ぶことができる。自分の好みのキャップを付ければ、鉛筆を使うのがもっと楽しくなるだろう。今回の記事を参考に鉛筆キャップを選び、鉛筆を安全かつおしゃれに持ち歩こう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ