このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ボールペン習字は独学と通信講座どっちがいい?書き方のコツも紹介

ボールペン習字は独学と通信講座どっちがいい?書き方のコツも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 5日

仕事の書類やお礼状・年賀状など、ボールペンを使って文字を書く機会は意外と多い。美しい字を書けるようになるというボールペン習字に、憧れたことがある方も多いのではないだろうか?今回はそんなボールペン習字について、独学や無料で学べる方法、書き方のコツや通信講座の効果をまとめてご紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ボールペン習字は独学でも上達するの?

ボールペン習字を学ぶには、通信講座や独学などさまざまな方法がある。忙しくて時間がなかなかとれない方は、スキマ時間でマイペースに取り組める独学がいいだろう。まずはボールペン習字を独学で学びたい方のために、練習方法をご紹介していく。

ボールペン習字のテキストを使う

独学で学ぶなら、ボールペン習字のノウハウを知りながら実際に書いて学べるテキストブックを活用する方法が手軽だ。毎日続ければ短期間で修了できるものや実用的な文例で学習できるものなど、種類もさまざま。たくさんのメーカーから販売されているので、自分に合ったものを選ぼう。

選び方のコツ

一口にボールペン習字と言っても、テキストによって楷書や行書など書体はさまざま。自分が書きたい理想の書体かどうかに注目して選ぶことが大切だ。ボールペン以外にも、筆ペンなどを使うテキストもあり、ペンの種類が異なるのでしっかりチェックしよう。

2. ボールペン習字を無料で練習するには?

ボールペン習字にはテキストを使った独学や通信講座など、学べる方法はたくさんある。しかし、なるべくお金をかけずに取り組みたいという方も多いだろう。続いてはボールペン習字を無料で学べる方法についてご紹介する。自分に合った方法があればぜひ取り入れよう。

無料のWebサイトを使う

パソコンがある方で自宅で学びたい方には、ボールペン習字のお手本を表示できるWebサイトを利用するのがおすすめ。無料なのはもちろん、書きたい文字を自由にタイピングして表示させることができるサイトもある。毎日の練習はもちろん、お礼状や手紙を書くなど目的が決まっているときにも役立つだろう。

無料アプリを使う

職場や学校など外出先で学びたい方には、無料でスマホにインストールできるアプリが便利。スマホ画面に直接なぞって練習できるものもあり、市販のテキストと同じような使い方ができるのが特徴だ。添削システムがあるものを選べば、独学ながら講師がいるような感覚で学ぶことができる。

3. ボールペン習字の書き方のコツ

これからボールペン習字を始める方のなかには、なるべく時短で習得するためにコツを知りたい方もいるだろう。ここではボールペン習字を学ぶ上で大切な書き方のコツをご紹介する。少しでも見栄えをよくしてバランスのいい文字を書けるように、ぜひ今から意識してみよう。

左右のあきに注意して書く

「山・川・田」など、左右対称に近い漢字は左と右の空間のあきが等しくなるよう心がけよう。中央や横に並べて点を打つ「母・心」といった漢字も、上下左右の空間を意識するだけで全体のバランスが整って見える。

右肩上がりを意識する

丁寧に文字を書こうとして美しく平行な横線を書くのも大切だが、見栄えのいい文字にするには、全体の横線を右肩上がりに書くのがポイントだ。文字が引き締まり、スマートな印象になるのでぜひやってみよう。

打ち込みを入れて大人っぽく

打ち込みとは、習字で線や点の書き出しに少し角度をつける方法。小学校の習字で学んだ方も多いのではないだろうか?これをボールペン習字にも活かすことで、一気に大人っぽい印象に仕上がる。

4. ボールペン習字講座の効果とは?

最後に、ボールペン習字の通信講座に興味がある方のために、通信講座で学べる内容や受講期間をご紹介する。ボールペン習字を独学で学ぶ場合と比べたメリットもご紹介するので、ぜひ自分に合った学習方法を見極める参考にしてほしい。

講座内容

郵送で届くテキストブックやDVDを使って、なぞり書きをメインに行うカリキュラムが組まれている場合が多い。また、テキストは1日20分など短時間でこなせるなど、忙しい方でも続けやすい工夫がされているのもポイントだろう。

受講期間

受講期間は6ヵ月を基本とする講座が多い。通信講座によっては期間を延長できるもの、期間を過ぎてもサポートや指導を受けられるものもある。必要な期間は受講する人の生活スタイルによっても異なるので、必ずチェックしておきたい。1ヶ月ごとに学習カリキュラムが組まれている講座もあるため、自身のライフスタイルに合わせて選ぼう。

通信講座のメリット

ボールペン習字の通信講座におけるメリットは、なんといっても添削システムによりプロの講師からサポートを受けられるところだろう。また、スタッフからの応援メールなど、モチベーションを保つためのサポートも充実しているところが多い。三日坊主でなかなか続かない方の強い味方となってくれるのも嬉しいポイントだ。

結論

ボールペン習字を学ぶには、独学と通信講座の2つの方法がある。独学では市販のテキストや無料アプリなどを使い、スケジュールや予算に合わせた学習が可能。通信講座はサポート体制や添削が充実しているのがメリットで、一人で続けるのが難しい方にいいだろう。自分の生活環境や条件に合わせた方法で、ぜひボールペン習字を始めてみてはいかがだろうか?
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ