このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
車のラジオにノイズが入るのはなぜ?解決方法を紹介!

車のラジオにノイズが入るのはなぜ?解決方法を紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年10月29日

家族や友人とドライブをする際に、ラジオを聴く方も大勢いるだろう。その際、ラジオにノイズが入り不快感を覚えたことはないだろうか。この記事では、車のラジオのノイズの原因や、ノイズの解決法を紹介する。ラジオのノイズをなくして、家族や友人たちと気持ちよくドライブを楽しんでほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 車のラジオにノイズが入る原因は?

車の運転中にラジオを聴く方も多いだろう。その際、ラジオにノイズが入ってしまったことはないだろうか。ここでは、車のラジオにノイズが入る原因を紹介する。
車のラジオは、空中の電波を利用するため山やトンネルの障害により、電波が届かなくなってしまうことがある。これが原因でラジオにノイズが入るのだ。そのため、大きな山が近くにあったり、トンネルに入ったりするとラジオにノイズが入りやすくなってしまうのだ。
また、配線の不備によりラジオにノイズが入ってしまうこともある。

2. 車のラジオのノイズの解決方法【配線】

車でのドライブ中、ラジオにノイズが入るとストレスを感じることがある。車のラジオに入るノイズの解消法を紹介しよう。ここでは、配線に関するものを紹介する。
ノイズの原因が配線にある場合は配線不備を解消しよう。このとき、アースが車のアースにきちんとつながれているか、コネクターが抜けていないかなどを確認してみよう。
また、接続部にホコリがたまっていると配線の接触不良につながることがある。それぞれの接続部を確認して、ホコリがたまっていればキレイに掃除してほしい。
ほかにも、ワイヤレスのトランスミッターを取り付けてラジオの電波を受信する方法もある。

3. 車のラジオのノイズの解決方法【オルタノイズ】

では、配線のほかに原因がある場合の対処法はどうなるのか。ここでは、車のラジオのオルタノイズに関する解決策を紹介する。参考にして、ラジオのノイズを解消してほしい。
オルタノイズとは、オルタネーターという発電機が発しているノイズを拾ってしまうことにより、ラジオにノイズが入ることを指す。この場合、ケーブル交換をしたりノイズフィルターを取り付けたりすると解決する。
また、車とオーディオの相性がよくないためにノイズが入ってしまうケースも多々ある。オルタノイズは、純正でないカーオーディオを取り付けている場合に多く発生する現象なので、純正のカーオーディオに交換すると解消できる。

4. 車のラジオのノイズはプロに任せる

車のラジオのノイズを解消させるために、接続部だけでなく内部まで修理が必要なこともある。その場合、素人でも修理できるのだろうか。
答えは、配線不備もオルタノイズも素人では修理するのが困難であるということだ。専門的な知識をしっかりと身につけていないと、むき出しになっている導線から感電してしまったりほかの箇所に触れてショートしたりすることもある。ショートすると火花が飛び散るので最悪の場合、車両火災を起こすこともあるのだ。
車のラジオにノイズが入ってしまった際には、接続部の確認やホコリの除去などの簡単な解決法を実践して、それでもラジオにノイズが入る場合はプロに修理を依頼することを推奨する。

結論

車のラジオにノイズが入ってしまった場合は、配線の接触を確認したりホコリを取ったりしてノイズを消してほしい。それでも解決できなかった場合は、プロに依頼して修理してもらうとよいだろう。クリーンな音でラジオを聴いてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ