このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
行書の書き方やキレイな字を書くためのコツ!おすすめの練習法とは

行書の書き方やキレイな字を書くためのコツ!おすすめの練習法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月28日

行書は日常生活で実用的だが、つい楷書を自分流に崩して書いてはいないだろうか。行書には一定のルールがあり、むやみやたらに書くと美しいはずの字体がかえって汚く見えてしまう。そこでこの記事では、行書をキレイに書くための書き方やコツ、練習方法を解説する。行書の書き方をマスターして、自分への印象アップにつなげよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 書き方の前に!そもそも行書とは

行書とは、草書・楷書とあるなかで最も実用性の高い書体とされている。これは行書には草書よりも読みやすく、楷書より書きやすいという利点があるためだ。日常で触れる機会が多いので、行書の特徴や書き方のコツを知っておくと普段の生活からビジネスシーンまで役立つだろう。以下では楷書との違いや行書のメリットなどを紹介するので、理解を深めるための参考にしてほしい。

楷書との違い

行書は早く書くことを目的としているので、正書である楷書体とは以下の点で違いがある。

・楷書とは書き順が逆転する
・点画が曲線的で丸みがある
・止め・はね・払いなどが変化する

行書には、1つの文字に対して字の崩し方が何通りか存在する。そのため、崩し方によって書き順が変わることがあるという点を覚えておこう。また、一点一画が正確な楷書に対して、行書は流れるような曲線的な線で書くことも大きな特徴だ。

さらに「木・大」のような漢字は右払いが止めになるなど、行書ならではの特徴をイメージしながら練習できるようにしておくと、早く上達するだろう。

行書のメリット

行書の書き方をマスターすると、日常のちょっとしたシーンで役立ったり、暮らしが豊かになったりする。書き方にはいる前に、まずは行書のメリットについておさらいしておこう。

・書くスピードが速くなる
・見栄えが美しくなる

行書は早く書くことを目的としているため、無駄なくスラスラ書くことができる点がメリットだ。誰が見ても読みやすい字の形をしているので、走り書きで議事録をメモするなどビジネスシーンで役に立つ場面が多いだろう。

また行書は柔らかく流れるような曲線が美しいので、1文になったときに見栄えがするのもメリットだ。ご祝儀袋やお礼状、履歴書の作成などの際には特にキレイな字が書けてよかったと感じるだろう。このほかにも、習字教室を開くなど趣味を活かして仕事にすることもできる。

2. 行書の書き方やコツ【漢字編】

行書の漢字の書き方は以下のとおりだ。

行書の書き方1.へんの点画を省略する

いしへん・いとへん・うまへん・きへん・ぎょうにんべんなど、へんの点画を省略する文字がある。うまへんであれば点を省略し、きへんなら左払いと右止めを一筆で書くなど、行書には行書特有の形があることを知っておこう。

行書の書き方2.点画のつながりを見える線で書く

「三」や「川」という漢字であれば2画目の線の終わりから三角目の始めの点までを見える線で書くなど、行書は字のつながりを意識して筆を動かすことが大切だとされている。例えば「月」という字のように画数が増えていく場合でも、この規則に従って書けばよい。

行書の書き方3.角を丸くする

「西」や「田」などの角ばった漢字は、角に丸みを持たせて書く。

3. 行書の書き方やコツ【ひらがな編】

行書のひらがなの書き方は以下のとおりだ。

行書の書き方1.点画をつなげて書く

「あ・お・せ・ね・と・り」などは、終わりの点から次の書き始めの点にかけて見えるようにつなげて書く。

行書の書き方2.線を短くする

「た・に・い・こ」は、楷書より少し線を短くすると見栄えがよくなる。

行書の書き方3.線の形を変える

「ま・な・そ・し・は」は、線の形をやさしい曲線に変える。

行書の書き方4.点画を省略する

「と・も・れ・わ」などは、字の流れを意識して点画を省略する。

行書の書き方5.線にやわらかみを持たせる

「お・す・せ」は、やわらかみのある線で書く。特に「お・す」などの楷書では三角に書く箇所は、行書では丸くやさしい線で書くのがポイントだ。

漢字とひらがなのどちらもともに、書くスピードと線の強弱を意識することがキレイに書くためのコツであることを覚えておこう。

4. 行書の書き方を練習してマスターしよう

行書の書き方をマスターするには、教室に通う方法や通信講座などいくつか方法がある。キレイな字が書けるようになるためには継続が大事とされているので、ライフスタイルにあった方法を選んで書き方をマスターしてほしい。

お手本を見て何度も書く

行書の書き方には一定の規則があるので、お手本を見て何度も書き、腕に覚えさせることが基本である。お手本は書店や100均でも販売されているテキストを使用すると取り組みやすい。

ボールペン字講座を受講する

通信のボールペン字講座は、課題を提出し先生が添削して返送してくれるというもの。プロが添削してくれるので、自分では気づけない書き方の癖が分かるのがメリットだ。自ら計画的に進められる人に適した方法といえる。

書道教室に通う

昨今の美文字ブームもあり、大人の書道と題して社会人向けの書道教室もたくさんある。その場で先生に質問できる、目の前で筆の動かし方を確認できるなどメリットも多い。行書を早く上達したい方には最もおすすめな方法だ。

結論

流れるように優美な字体が特徴の行書。そんな美しい文字が書けたなら、趣味でも仕事でも幅広いシーンで役に立つ。一見難しそうに見えるかもしれないが、書き方のコツさえマスターすれば行書は誰でも書くことができる。思い立ったら躊躇することなく始めてみよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ