このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
寝室のカーテンでおしゃれと落ち着きを両立するコツとは

寝室のカーテンでおしゃれと落ち着きを両立するコツとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月29日

カーテンは、寝室の雰囲気に大きな影響を与えるアイテムだ。カーテンは部屋の中で大きな面積を占めるので、カーテンを変えるだけで雰囲気を変えることができる。今回は、寝室をおしゃれに見せるカーテンやモダンな雰囲気、シックな雰囲気に見せるカーテンを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カーテンで寝室をおしゃれに見せるには?

カーテンで寝室をおしゃれに見せるにはいくつかの方法がある。

カーテンのひだを増やす

一般的なカーテンのひだの数は窓幅の2倍だ。ひだの数を2.5倍~3倍に増やすとウェーブがキレイに出てゴージャスに見える。

カーテンとベッドカバーや枕カバーをコーディネートする

ベッドカバーは、カーテンと同じくらい寝室の雰囲気に影響を与えるため、カーテンとベッドカバーや枕カバーの色をコーディネートするとおしゃれに見える。カーテンとベッドカバーを同じ生地で作ったり、同じ色や同じ色の濃淡でコーディネートするといいだろう。

カーテンレールを変える

カーテンレールを変えるとおしゃれ度がアップするため、つくりつけのアルミ製のカーテンレールではなく、木製や真鍮製などに変えるといい。カーテンレールには、モダンな感じのものやアンティーク調のものがあるので、部屋に合わせて選ぶといいだろう。

2. 寝室をモダンな雰囲気にするカーテンとは?

寝室をモダンな雰囲気でまとめたい場合は、カーテンの色をモダンな雰囲気や高級感がする黒にしてみよう。ただし、黒で統一してしまうと暗い、恐怖、不安、重いなどの感じを与えてしまう場合がある。黒を寝室に使ってモダンな雰囲気を出すには、黒を基調としたり黒をアクセントとして使うといい。

また、モノトーンも寝室をモダンに見せる色だ。モノトーンとは単色の濃淡の組み合わせによる色のことだが、一般的には白と黒、白と黒と灰色の組み合わせをいうことが多い。カーテンを黒が基調のチェックやストライプやモノトーンにしたり、カーテンは黒、ベッドや枕カバーは白と黒、または灰色でコーディネートしたりすると寝室がモダンな感じになる。

3. シックな寝室をめざすならグレーのカーテン

寝室をシックな雰囲気にしたいときはカーテンをグレーにするといいだろう。グレーは地味な感じがすると思う人もいるだろうが、黒と白の中間色なので柔らかくナチュラルな感じになる。刺激が少なく気分を落ち着かせるので寝室に向いている色のひとつだ。ほかのインテリアとコーディネートしやすいので、寝室だけではなくリビングや書斎などにもおすすめの色といえる。

グレーを白と黒と合わせるとで先に述べたモダンな感じにもなり、カーテンとベッドカバーや枕カバーをグレーの濃淡でコーディネートすると統一感がでるのでおすすめだ。グレーは、グリーン、ベージュ、ブラウンとも相性がいいため、アクセントに観葉植物を置いてもいいだろう。また、カーテン生地を絵が浮き上がるような織り方のジャカード織りのものにすると、高級感のある寝室になる。自分好みの組み合わせを選んでシックな装いの寝室をつくろう。

結論

寝室の雰囲気を変えたいなら、広い面積を占めるカーテンを変えるのがおすすめだ。色や柄だけではなく、ひだの数や他のインテリアとの組み合わせによっても印象はまったく異なってくる。部屋にピッタリのカーテンを選んで、寝室を自分好みの快適な空間にコーディネートしよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ