このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
加湿器は置き場所が大事!部屋全体を上手に加湿するポイント

加湿器は置き場所が大事!部屋全体を上手に加湿するポイント

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:インテリアコーディネーター 原三千代 (はらみちよ)

2020年11月 3日

冬は空気が乾燥する季節。体調を整え快適に過ごすために、加湿器を使っている家庭も多いだろう。加湿器は置き場所によって効果が変わるため、どこに置くかが重要であることを知っているだろうか?今回は部屋や寝室、オフィスなど場所別の加湿器の置き場所について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 加湿器の置き場所で効果が変わるの?

室内の空気が乾燥していると、肌やのどにダメージを受けることがある。適度な湿度が保たれていると、風邪やインフルエンザなどのウイルスを抑制する効果がある上に、体感温度が高くなり部屋が暖かく感じるなどメリットがあるため加湿器を導入する方が増えてきている。
加湿器を導入するときに悩むのがその置き場所だ。実は加湿器は置き場所によって加湿効果が変わると言われている。では、加湿器の効率が悪くなる置き場所、良くなる置き場所について見ていこう。

2. 加湿器の効率を下げたり結露の原因となったりする置き場所は?

まずは加湿器の効率を下げてしまう「NGな置き場所」について紹介する。加湿器を新たに設置するときは以下の置き場所を避けるようにしよう。

窓際や壁の近く

窓際や壁の近くに加湿器を置いてしまうと結露の原因になる。窓や壁が結露した状態が続くとカビが繁殖する恐れがあるため注意しよう。

出入口や換気扇の近く

出入口や換気扇の近くは空気の出入りが激しい。このような場所に加湿器を置くと、せっかくの水蒸気が逃げてしまい効率が悪くなるため、加湿器の置き場所としては適していない。

電化製品の近く

加湿器からは水蒸気が出る。そのため、水気に弱いパソコンなどの電化製品の近くに置くと故障の原因にもなる。

エアコンの風が当たる場所

加湿器の中には湿度センサーが付いており、自動運転するものもある。このような機能が付いた加湿器を直接エアコンからの風が当たる場所に置くと、誤作動を起こす原因になる。

床に近すぎる場所

基本的に冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へたまる習性がある。床付近に加湿器を置くと、水蒸気が冷たい空気で冷やされ結露となり床が濡れることがある。結露を避けて部屋全体を加湿するためには、最低でも床から30cm以上離れた場所に設置するようにしよう。

3. 部屋や寝室で加湿器を効果的に使うための置き場所は?

部屋や寝室で加湿器を使う場合におすすめの置き場所を具体的に紹介しよう。

リビングなどにおすすめの置き場所

リビングなどの生活スペースでは、できるだけ部屋の中央に近いところを加湿器の置き場所にすると、部屋全体を効率よく加湿できる。家具の配置によって中央に置けない場合は、エアコンが空気を吸い込むための吸入口付近に加湿器を置けば、潤った空気がエアコンから出てくるためおすすめだ。

寝室におすすめの置き場所

寝室に加湿器を置くと、寝ている間も肌や喉が潤った状態になる。しかし、加湿器からの水蒸気が直接肌に当たると、水蒸気の蒸発に合わせて余計に水分が取られてしまうため注意しよう。おすすめの置き場所は、水蒸気が直接肌に当たらない場所で、顔よりも高い位置だ。

4. オフィスで加湿器を効果的に使うための置き場所は?

会社で暖房を使っており、乾燥が気になる方もいるだろう。オフィス全体を加湿するための加湿器なら大型のものがおすすめだ。リビングなどと同様、換気扇や出入口付近を避け、できるだけオフィスの中心を置き場所にすると効率がいい。

自分用の加湿器を置く場合は?

オフィス全体ではなく自分用の加湿器ならコンパクトな卓上タイプを選ぼう。デスクでの置き場所としては、パソコンなどの電子機器や書類などの紙類に直接水蒸気が当たらない場所、手などがぶつからない場所が最適だ。限られたスペース内でも加湿器を効果的に使えるような置き場所を探してもらいたい。

結論

今回は空気が乾燥する時期にかかせない加湿器の置き場所について紹介した。加湿器は置き場所によって加湿効果が良くも悪くもなる。効率よく部屋の湿度を保つためにも、最適な場所に加湿器を置くことが重要だ。今回紹介したおすすめの置き場所やNGな置き場所を参考に、自宅やオフィスで加湿器を上手に使おう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ