このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マイコンメーターとは何?役割や復帰方法について解説する

マイコンメーターとは何?役割や復帰方法について解説する

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年11月30日

マイコンメーターとは、一般的にガスメーターと呼ばれるものだ。ガスを使用している家庭では、家の周辺に必ず設置してある。マイコンメーターはガスを計量するだけでなく、異常を察知してお知らせする役割も持っている。マイコンメーターの役割や復帰操作の方法を詳しく解説するので、ガスが止まったときはこの記事を読んだあとにマイコンメーターを確認してみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マイコンメーターの設置目的と種類について

マイコンメーターは、家の外壁や玄関周辺に設置されているガスの計量装置である。ただ単に計量するだけでなく、マイコンメーターはさまざまな役割を持っている。マイコンメーターの役割や種類について解説する。

マイコンメーターの役割

マイコンメーターの役割は、24時間ガスの使用状況を見守ることである。電気のブレーカーのように、ガスの使用量に異常を感じたり震度5以上の揺れを感知したりすると、ガスを止めたり警報を出したりする。

マイコンメーターの種類

マイコンメーターは、ガスの種類や計量方法によっていくつかの種類に分けられる。
まず、ガスの種類によって「都市ガス用」と「LPガス用」のマイコンメーターがある。都市ガスは空気より軽いメタンガス、LPガスは空気より重いブタンガスやプロパンガスでできている。使用しているガスの種類に合ったマイコンメーターが設置されている。
計量方法の違いとして「膜式」や「超音波式」のマイコンメーターがある。

2. マイコンメーターの機能1 自動的にガスを止める

マイコンメーターの機能の1つとして、異常を察知してガスを自動で止めるというものがある。次の状態を感知すると、マイコンメーターはガスを止める。
  • 震度5以上の揺れを感知したとき
  • ガス管の破損などの疑いで多量のガスが流れたとき
  • 長時間一定量のガスが流れ続けたとき
  • ガス管などにトラブルが発生して、流れるガスの圧力が低下したとき
もし、マイコンメーターによってガスが止められたら、原因を確認して復帰させなければならない。

3. マイコンメーターの機能2 ガスもれ警報を表示

マイコンメーターの2つ目の機能は、ガスもれを警報で知らせるというものだ。連続して30日間ガスが流れ続けている場合、マイコンメーターに付いているランプを点灯させてガスもれ警報を表示する。
ガスもれの際は表示だけで知らせ、ガスの遮断をしないのが一般的だ。だが、表示だけでは不安だという方のために、マイコンメーターに警報が出たときに、ガスを遮断したりガス会社の監視センターに通報したりする有料のオプションサービスもある。

4. マイコンメーター復帰操作の仕方と注意点

ガスが止まったら、マイコンメーターの復帰操作をしなければガスを使用できない。復帰操作の方法と操作する際の注意点を解説する。

マイコンメーター復帰操作の方法

マイコンメーターの復帰操作をするときの手順を解説する。
  • 家にあるすべてのガス機器のスイッチを切る
  • マイコンメーターに付いている「復帰ボタン」の黒いキャップを左に回して外す
  • 復帰ボタンを奥まで押し、表示ランプが赤く点灯するのを確認する
  • キャップを元通りに戻し、3分間待つ
  • ガスもれがなく使える状態になったら、赤いランプが消える

復帰操作するときの注意点

マイコンメーターの復帰操作をするときに注意したいポイントがある。
復帰操作をする前にガス臭いと感じたら、換気をしてガス会社に連絡しよう。また、復帰操作をして3分経過したあとも、赤いランプの表示が消えない場合、ガスもれやガス機器の止め忘れの可能性がある。止め忘れがないか確認してから、再度マイコンメーターの復帰操作を行おう。

結論

ガスの計量をするマイコンメーターについて、役割や機能を解説してきた。マイコンメーターは地震の揺れなどの異常を感知すると、ガスを遮断してくれる。だが、ガスもれの際は警報を表示するだけでガスの遮断はしない。ガス臭くもれている可能性がある場合には、復帰操作をせずにガス会社に連絡しよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ