このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
防犯スプレーにはどんな種類がある?携帯しても違法にはならない?

防犯スプレーにはどんな種類がある?携帯しても違法にはならない?

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年12月 6日

世の中にはさまざまな護身用グッズがあるが、誰にでも使いやすいものといえば防犯用のスプレーが挙げられるだろう。例えば催涙スプレーは、噴射すると目に激痛が走って涙が止まらなくなるため、不審者の行動を制御できる。今回はそのような防犯スプレーの種類や購入できる場所を紹介しよう。また携帯していて違法にならないか、どうやって廃棄すればいいかも解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 防犯スプレーの種類

防犯スプレーはボタンを押して不審者に噴射するだけで使えるため、誰にでも簡単に扱える。防犯スプレーといえば、相手の涙を止まらなくする催涙スプレーが主流だ。主に「OCガス」という唐辛子を使った自然成分のガスを用い、その刺激成分を噴射することで、不審者の目に激痛を与えて開けられなくできる。時間がたつと自然と治り後遺症も残らないため、相手に健康被害を与えず撃退可能だ。

催涙スプレーには、大きく分けて液状タイプと霧状タイプの2種類がある。液状タイプはガスを水鉄砲のように噴射するもので、風に強く近距離向けだ。霧状タイプは霧状のガスを噴射し、横に広がるため相手を狙いやすい。中には両方のメリットを併せ持った半液状のタイプもある。

催涙スプレー以外の防犯スプレーには何がある?

催涙スプレー以外には、マスタードやペッパーの刺激成分を含んだスプレーもある。目のほかにも鼻や喉まで刺激できるのが特徴だ。
なお、登山用などで使われる熊よけスプレーは、防犯用として使うのは避けた方がいい。熊用のスプレーは強力なため、人に使うと健康被害が出るおそれがある。

2. 防犯スプレーの販売店は?通販が安くておすすめ

防犯スプレーを購入するなら、通販サイトや防犯グッズの専門店を利用するのがおすすめだ。その方がスプレーのバリエーションも豊富で、自分に合ったタイプを選びやすいだろう。
中には防犯スプレーを置いているホームセンターもあるものの、扱っている品数などはかなり少ないようだ。

3. 防犯スプレーの携帯は違法になるって本当?

防犯スプレーを持ち歩くのは違法にならないか心配な方もいるだろう。違法になるかどうかは携帯する目的によるが、不審者から自分の身を守るためであれば正当な理由と判断されるため、一般的に問題ないと考えていいだろう。

防犯スプレーの携帯が違法にならない場合・なる場合

軽犯罪法第1条第2号では、防犯スプレーを携帯していて違法となるのは「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」(※1)と定められている。
この「正当な理由」には、暗くて人通りの少ない夜道を歩く、会社の経理担当で多額の現金を持ち歩くといった事態も含まれると判断される。一方、誰かに危害を加える意思があったり、ケンカで優位に立つために使おうとしたりするのは、防犯スプレーを携帯する正当な理由には当たらない。

4. 防犯スプレーの廃棄方法

防犯スプレーを廃棄するときは中身を空にする必要がある。中身が残っていると廃棄中にガスが漏れ、目に刺激を受ける方が出たり騒ぎになったりするおそれがあるためだ。とはいえ、防犯スプレーは気軽に噴射できるものではないため、全量を噴射して中身を空にするのは困難だ。空にする過程で、自分自身が危険にさらされるリスクもある。

「バケツの水の中」で作業するのがおすすめ

まわりに人や家がない山奥や海岸などに行き、残った中身を噴射するという手も考えられる。しかしそれが不可能な方も多いだろう。確実で手軽にできるのは、大きめのバケツに大量の水を入れ、水底で防犯スプレーを噴射する方法だ。中身を出し切ったら、水は下水に流そう。ただし、化学物質を原料とするスプレーなどは下水に流せないため、事前に成分などを確認しておきたい。
また中には、防犯スプレーを無料で廃棄してくれる防犯グッズ専門店もある。自力での廃棄に自信がない場合は、専門店にお願いするのもひとつの方法だ。

結論

防犯スプレーは数ある防犯グッズの中でも使いやすく、不審者から身を守るために役立つ。暗い夜道を1人で歩く方やストーカーが心配な方、治安の悪い地域に住んでいる方は、自分や家族の安全のために防犯スプレーを購入してみてもいいだろう。種類や使い勝手のよさに注目し、使いやすいものを選びたい。
(参考文献)
※1出典:総務省行政管理局 e-Gov 電子政府の総合窓口「軽犯罪法(昭和二十三年法律第三十九号)」
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000039&openerCode=1
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ