このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗車用タオルを使えば洗車時間が短縮できる!選び方や洗濯方法を紹介

洗車用タオルを使えば洗車時間が短縮できる!選び方や洗濯方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2020年12月 6日

洗車に適したタオルを使えば、作業時間が短縮できて仕上がりもキレイになる。この記事では洗車用タオルの選び方や洗濯方法を紹介する。おすすめの洗車用タオルも紹介するので、どのように洗車タオルを選べばよいのか迷っている方はぜひ参考にしてほしい。

  

1. 洗車用タオルは専用品がおすすめ

素早くキレイに洗車したいなら、洗車用タオルを使うのがおすすめだ。一般的なタオルを洗車に使用すると、水分を拭き取るのに時間がかかる、車体に繊維片が付着する、傷が付きやすいなどのデメリットがある。

その点、洗車用タオルは吸水性や速乾性が優れているものが多いため、作業時間を短縮できる。また柔らかい素材で作られているため、車体に傷を付けにくいという特徴もある。

2. 洗車用タオルは吸水性と大きさで選ぶ

洗車後の拭き取り時間を短縮させたいなら、吸水性が高くて大判の洗車用タオルを選ぶ。洗車後の拭き取りが不十分だと水染みの原因にもなるため、タオルの吸水性はとくに重要だ。

高い吸水性に加えてサイズが大判であれば、拭き取る回数を大幅に減らせる。時間の短縮になるだけでなく、車体に傷を付ける可能性を減らせるメリットがある。

しかし大判の洗車タオルは絞りにくいというデメリットもある。また作業中に床に付かないように注意する必要がある。

3. 洗車用タオルの洗濯は洗剤選びと乾燥が重要

洗濯方法が悪いと洗車用タオルが硬くなって、車体を傷付ける原因となる恐れがある。洗車用タオルは正しく洗濯して、ふわふわな状態を保とう。洗車用タオルを上手に洗濯するポイントを紹介する。

使用する洗剤に気を付ける

洗車用タオルを洗濯するときは中性洗剤を使用する。粉せっけんは溶け残らないように、事前にしっかり水とかき混ぜておく。洗濯のたびにせっけんかすが蓄積すると、タオルがごわごわになって車を拭く際に傷付ける恐れがある。

生地へのダメージを減らす

生地にダメージが加わると、タオルがごわごわと硬くなる原因になる。洗車用タオルを洗濯するときは、洗濯物を詰め込みすぎないように気を付けよう。また洗濯機は自動プログラムの通りに行う。洗浄や脱水の時間を変更するのはやめよう。

洗車用タオルの乾かし方

タオルのパイルが倒れたまま干すと、硬くごわごわした仕上がりになってしまう。洗濯機から洗車用タオルを取り出したら、上から下へと振り下ろすように大きく振ってパイルを起こしてから干す。

また長時間天日干しをすると水分が蒸発しすぎて繊維が硬くなってしまう。洗車用タオルはほかの洗濯物より早めに取り込もう。まだ少し湿っている状態の洗車用タオルを、乾燥機を使って仕上げるのもおすすめだ。

マイクロファイバー生地の洗車用タオルは耐熱性が弱いため、乾燥機の使用や直射日光での乾燥は避けよう。

4. 洗車用タオルのおすすめ3選

種類が多すぎてどの洗車用タオルを選べばよいのか分からない方のために、洗車用タオルのおすすめ3選を紹介する。

アイオン「プラスセーヌ」

三層構造のため耐久性が優れている。吸水性が高いうえに、表面に施されたエンボス加工が車との摩擦を軽減するため、拭き取り作業の時間を短縮できる。

CARZOC「マイクロファイバー 超吸水タオル」

吸水性と速乾性にこだわって作られた洗車用タオルで、日本自動車用品性能評価協会の最優秀賞を受賞した。柔らかい超極細繊維を使用しているため車に傷を付けにくい。

カークランド「マイクロファイバータオル」

厚織りのマイクロファイバータオルで高い吸水性を実現している。36枚入りのため気兼ねなく使える。

結論

洗車に適したタオルを使えば、拭き取り時間を短縮できるだけでなく、車に傷を付けにくいというメリットがある。より拭き取り時間を短縮したいなら、吸水性が高くて大判な洗車タオルを選ぼう。洗車タオルは使用後に洗剤や乾燥方法に気を付けて正しく洗濯することも大切だ。今回の記事を参考にして、快適に洗車できるタオルを選んでほしい。
  • 公開日:

    2020年12月 5日

  • 更新日:

    2020年12月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング