このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チューリップの植え方を解説!好相性な草花との寄せ植え方法も

チューリップの植え方を解説!好相性な草花との寄せ植え方法も

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年12月17日

春に咲く花として有名なチューリップは、自宅で育てたいと思う方も多いはず。しかし、植え方が分からない方もいるかもしれない。ここでは、チューリップの植え方を詳しく解説する。チューリップと相性のよい草花との寄せ植え方法もあわせて紹介するので、参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チューリップの品種と基本の植え方は?

チューリップの詳しい植え方を紹介する前に、ここではチューリップの品種や基本的な植え方を説明する。

品種

チューリップは5000以上の品種があり、開花時期によって大きく早生・中生・晩生の3種類に分かれている。それぞれの開花時期の目安は以下の通りだ。

早生:3月下旬~4月中旬
中生:4月中旬~4月下旬
晩生:4月下旬~5月上旬

また、チューリップは花の形などによって、一重咲き・八重咲き・パーロット咲きなど、15の系統に分かれている。

基本的な植え方

チューリップの植え方には、地植えと鉢植えの2通りがある。

・植える時期
チューリップを植える最適な時期は、10月中旬~11月中旬だ。なぜならチューリップが芽を出すためには、2カ月以上寒さにあたる期間が必要だからである。暖かい時期に植えてしまうと、根が育たず病気になりやすいので注意してほしい。周りの木が紅葉してきたタイミングで植えるのがおすすめだ。

・植える場所
チューリップは日当たりのよい場所に植えよう。その際、球根は深めに植えるのがポイント。浅い位置に植えると、根が生長したときに球根が地上に出てきてしまう可能性があるからだ。根が伸びても球根が地上に出てこない位置に植えよう。

2. 鉢やプランターで育てる!チューリップの植え方

ここでは、鉢やプランターでチューリップを育てる際の正しい植え方を紹介する。育て方のコツや水栽培の可否についても説明するので、参考にしてほしい。

植える際に必要なもの

・植木鉢またはプランター
・土
・鉢底石

植え方

1.鉢の底に鉢底石を入れる
2.1に土を入れる
3.球根3つ分の深さに球根を植える

植える際は球根の先がとがっている方を上にしよう。1つの鉢に複数の球根を植える場合は、球根同士の間隔を5~6cm程度あけて植えるとよい。

育て方のコツ

正しい植え方ができていても、育て方のコツを押さえられていないと花がキレイに咲かない可能性がある。チューリップの花がキレイに咲くように、育て方のコツをしっかり押さえよう。

育て方で大切なのは、水やりと肥料の与え方だ。

・水やり
土の表面が乾いたタイミングで、たっぷりの水を与えよう。鉢底からあふれるくらいの量を与えるのがベストだ。ただし、土が湿っている段階での水やりは腐る可能性があるので、土の状態を見て判断してほしい。

・肥料
チューリップは、花が咲く前と咲いた後の2回肥料を与えるのが大切だ。そのため、植える段階で緩効性の肥料を土に混ぜておこう。開花後は、水で薄めた液体肥料を2週間に1回の頻度で与えるとよい。

注意点

育てている間は、病気と害虫に注意が必要だ。

・起こりやすい病気
チューリップは、かいよう病・褐色斑点病・モザイク病が起こりやすい。かいよう病とは、発芽直後に灰白色の斑点が出現し、縮んでしまうものだ。褐色斑点病は、葉に黄色い斑点が出現し、枯れていく病気をいう。ともに、発病したらすぐに抜き取ることが大切だ。

また、淡黄色や黄緑色のしま模様ができるモザイク病もある。モザイク病になってしまった場合も、発病後すぐに抜き取るようにしよう。

・害虫
チューリップの栽培時に注意すべき害虫は、アブラムシだ。春頃にみられることが多い。モザイク病の原因となる虫であるため、見つけたら取り除くようにしよう。

チューリップは水栽培できる?

水栽培という栽培方法をご存じだろうか。水栽培とはその名の通り、土などを使わずに水だけで植物を育てる方法のことだ。土で汚れる心配がなく花瓶も自由に選べるため、インテリアとしても注目を集めている栽培方法である。実はこの水栽培、チューリップでも行うことが可能だ。ここからは、チューリップの水栽培の方法を紹介する。

必要なもの
・紙袋または封筒
・水栽培用の容器
・球根

方法
1.チューリップの球根を、紙袋の中に入れて封を閉じる
2.1を冷蔵庫で2カ月間保存する
3.球根の表皮を剥いで水栽培用の容器に入れる
4.3の中へ球根の底部分に触れるくらいの水を入れる
5.冷暗所に保管する
6.根の生長にあわせて適宜水の量を調整する
7.発芽したら日当たりのよい場所に移動する

冷暗所へ保管する時期は、冷蔵庫を利用してもOKだ。屋外で保管する際は、段ボールをかぶせて涼しい場所に置くとよいだろう。水の量は、常に根の先が触れる程度に保つ必要がある。根が完全に水の中へ浸かってしまうと、窒息してしまうので注意してほしい。水は適宜量の調整をしつつ、1週間に1回を目安に交換しよう。

3. 花壇への地植えで育てる!チューリップの植え方

チューリップを花壇で育てたい方もいるだろう。ここでは、地植えで育てる場合のチューリップの植え方を解説する。ポイントや注意点もあわせて紹介するので、参考にしてほしい。

地植えをする際に必要なもの

チューリップを地植えする際に必要なものは以下の通りだ。

・スコップ
・名札などの棒状のもの
・腐葉土
・堆肥

植え方

1.土を耕す
2.1に腐葉土と堆肥を混ぜこむ
3.球根を植える場所にスコップで穴を掘る
4.穴の中に球根を入れる
5.球根の上から土をかぶせる
6.植えた場所に名札を差す

土を耕して腐葉土と堆肥を混ぜこむのは、植える2週間前までに行っておこう。植える穴の深さは、球根2つ分が目安だ。植えた後も植えた場所が分かるように、名札を差しておくとよいだろう。

育てる際のポイント

地植えで育てる際にも大切なポイントがある。植え方だけでなく、育てる際のポイントもしっかり押さえておこう。地植えで育てる際のポイントは、水やりの方法だ。

地植えの場合は、基本的に植えた後の水やりはしなくてよいことになっている。ただし、発芽後に晴れ間が続く場合は水やりが必要になる。土の状態を見て判断しよう。

注意点

地植えでの注意点は、鉢植え栽培と同じだ。かいよう病や褐色斑点病などの病気になりやすいので、発病してしまったらすぐに抜き取ろう。春頃にはアブラムシが発生することもある。モザイク病の原因となる害虫であるため、見つけ次第取り除くようにしよう。

4. 寄せ植えにチューリップと好相性な草花の植え方

チューリップにはさまざまな花色があるため、他の植物との寄せ植えをしたい方もいるはず。ここでは、チューリップとの寄せ植えにピッタリな草花を解説する。上手な植え方や、異品種のチューリップ同士での寄せ植え方法も紹介するので、参考にしてほしい。

相性のよい草花1.ムスカリ

1つ目に紹介するのは、ムスカリだ。ムスカリはチューリップと同様、春に咲く球根植物である。丈が短く濃い色合いの花であるため、チューリップの根元部分を引き締まった印象にできる。そのため、チューリップとの寄せ植えによく用いられている。

・植え方のポイント
チューリップの根元部分が引き締まった印象になるように、チューリップより手前に植えるのがおすすめだ。

相性のよい草花2.パンジー・ビオラ

パンジーやビオラも寄せ植えによく使われる花である。淡い色から濃い色の花まであるため、さまざまなパターンの寄せ植えに使える。育てやすいため、寄せ植え初心者にもピッタリだ。

相性のよい草花3.宿根草

宿根草とは、何年にもわたって生育し花を咲かせる植物だ。宿根草のなかには、チューリップが枯れる頃に花が咲いたり、葉が大きく茂ったりする植物がある。チューリップは葉が枯れてくると、景観が悪くなってしまう。しかし、チューリップの葉が枯れる頃に開花したり葉が茂ったりする宿根草を一緒に植えておけば、枯れたチューリップの葉を隠せる。そのため、チューリップと宿根草は相性がよいとされているのだ。

以下に枯れたチューリップの葉を隠すのに適する、主な3つの宿根草を紹介する。

・クリスマスローズ
・ギボウシ
・リグラリア・デンタータ

クリスマスローズは、チューリップと同時期に開花する植物だ。花が枯れた後は、葉が大きく茂ってくる。ギボウシは、チューリップが満開の頃に発芽し、チューリップが枯れる頃に葉が大きく茂る植物だ。リグラリア・デンタータは、春の後半から大きく丸い葉が茂ってくる植物である。どれも枯れたチューリップの葉を隠すのに最適な宿根草であるため、チューリップと一緒に植えてみるとよいだろう。

・植え方のポイント
枯れたチューリップの葉を隠せるように、チューリップの近くに植えるとよい。

異品種のチューリップで寄せ植え

チューリップは開花時期が分かれている。そのため、開花時期の異なる品種同士を組み合わせれば、次々と違うチューリップが咲き誇る花壇を作ることが可能だ。

開花時期の異なるチューリップで寄せ植えをする場合は、バランスのよい配置が重要となる。開花時期の早いものと遅いものが偏らないように考えて配置しよう。

結論

チューリップの植え方には、鉢植えと地植えの2種類がある。自身の理想にあった、正しい植え方をしよう。チューリップは水栽培も可能だ。水栽培はおしゃれなインテリアになるため、興味のある方は挑戦するのもよいだろう。また、他植物との寄せ植えも楽しむことが可能だ。チューリップに対する知識を深め、植え方をマスターして花壇や鉢植えをキレイに彩ってみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2020年12月17日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ