このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
お正月飾りはリースタイプがおすすめ!手作りやリメイク方法をご紹介

お正月飾りはリースタイプがおすすめ!手作りやリメイク方法をご紹介

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

鉛筆アイコン 2020年12月23日

12月になると、お正月飾りを店頭で見かける機会が増えてくる。玄関先にスペースがなく大きな飾りを置けない家庭には、リースタイプの飾りがおすすめだ。最近では100均などの材料を使ってDIYする方も多い。そこで、お正月にぴったりのリース飾りの作り方や、クリスマスリースからのアレンジ方法を紹介する。

  

1. お正月飾りにはリースがぴったり

お正月飾りとは?

お正月飾りとは、門松やしめ飾りのことだ。お正月に家にお迎えする年神様への目印として、お正月飾りを玄関先に置くことが習慣になっている。門松やしめ飾りに使われている植物はそれぞれ縁起のよい意味を持つ。
門松には松と竹が使われる。松は「祀る」という意味合いがあり、竹は曲がることなくまっすぐ伸びることから「生命力の象徴」と考えられている。しめ縄は、神聖なものと不浄なものを分かつものだ。神社の本殿や御神木などにしめ縄が張られているのを見たことがある方もいるだろう。そのしめ縄に、縁起のよいダイダイやウラジロなどの植物を飾り付けたものがしめ飾りである。

お正月飾りにリースをおすすめする理由

門松は家の門の入り口に置くのが一般的だが、マンションやアパートなどでは共有スペースに物を置いてはいけないことが多い。一方しめ飾りは、玄関の扉に付ければよいので、玄関先にスペースがない家庭でも飾ることができる。
しめ飾りをアレンジしたリースは、フラワーアレンジメントや水引を使ったものなど種類が豊富だ。好みのものを選べるメリットがある。また、お正月用のリースはナチュラルな雰囲気で、洋風の住宅にもマッチするものが多い。100均などの材料でオリジナルのお正月飾りのリースをDIYする方も増えている。

2. 折り紙を使ったお正月リースの作り方

お正月のリース飾りは折り紙を使って作ることもできる。土台のリースを作って、その上にだるまや花といった縁起のよい飾りを貼ればオリジナルの折り紙リースの完成だ。冬休み中の子どもと一緒に作ってみてはいかがだろうか?簡単なリースの作り方を紹介する。

折り紙リースの作り方

お正月飾りの土台となる折り紙リースの作り方を解説する。

1.折り紙の裏面を上にして、テーブルに置く
2.折り紙が三角形になるように、角と角を合わせて半分に谷折りする
3.あとがついたら開き、反対の角と角を合わせて三角形に折る
4.三角形の底辺から3分の1のところを谷折りする
5.三角形の頂点を折り返し、細長い台形になるようにする
6.上辺が長い台形になるように置き、左から3分の1の場所を直角に折ると、L字のユニットになる
7.同じL字ユニットを4つ作り、互いに凸凹を差し込んで輪っかにすればリースの完成だ

お正月用のリースに飾りたい縁起物の作り方

土台となるリースにお正月らしい縁起物を貼ればお正月飾りになる。そのまま飾ってもかわいいだるまの作り方を紹介する。

1.赤色の折り紙を準備し、裏面を上にして置き、縦と横に半分になるように折って折り筋をつけたら元に戻す
2.折り紙の上から1cm程度のところを中央に向かって谷折りする
3.上の左右の角を内側に斜めに折り込んで台形にする。左右の角が外から4.5cm程度、2で折り返した線に合わせて折る。
4.底辺から3cm内側に折る
5.台形になるように、はみ出している部分を後ろ側に折り込む
6.丸みが出るように、上下左右の角を後ろ側に折り込む
7.目や髭などを白い部分に描くと、だるまのできあがりだ

3. クリスマスリースを活用したお正月飾りの作り方

お正月の1週間前はクリスマスである。クリスマスリースをアレンジしてお正月飾りにできたら無駄が少なくて理想的だと考える方もいるだろう。そこで、クリスマスリースからお正月飾りに作り変える方法を紹介する。

クリスマスリースの飾りをそのまま活かす方法

クリスマスリースに付いている松ぼっくりなどの飾りをそのまま活かし、しめ縄や水引で作ったリースに付ければお正月飾りになる。これに南天の実や、ダリヤやツバキなどといった和の雰囲気のある植物を足せば、よりモダンで華やかなお正月飾りのできあがりだ。

和洋に変えられる風呂敷リースもおすすめ

クリスマスとお正月の両方で使えるリースをDIYするのもおすすめだ。
クラフト用のワイヤーで輪っかを作り、真っ赤な風呂敷を上から巻く。そこにヒイラギや松ぼっくりを付ければ、クリスマスリースになる。
クリスマスが終わったら、飾りを取り外して布も解く。ワイヤーの上から、ちりめんなどの和素材の布を巻いて、だるまや干支などの小物を飾る。すると、今度はお正月飾りになる。すべて100均の材料で作れるので、変身できるリースを作ってみるのもおすすめだ。

結論

お正月飾り用のリースのメリットや、折り紙で作る方法を紹介してきた。リースタイプのお正月飾りは、玄関先にあまりスペースがないマンションなどにお住まいの方におすすめだ。DIYしたりアレンジしたりすれば、モダンな雰囲気で洋風の家にも似合う飾りになる。折り紙のリースは、子どもと一緒に作れるので冬休みのおうち時間にぴったりだ。お正月用のリースを飾って、よい年を迎える準備をしよう。
  • 更新日:

    2020年12月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧