このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗車は水洗いだけでOK?洗車に使えるスペースや方法を解説!

洗車は水洗いだけでOK?洗車に使えるスペースや方法を解説!

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2021年1月24日

車はいつまでも新品に近い状態で保ちたい方が多いだろう。キレイに保つためには、定期的な洗車が重要だが、あまり時間をかけられないため、水洗いのみで済ませたい方もいるかもしれない。この記事では、水洗いのみの洗車でも問題ないのか解説する。水洗い洗車に使える場所や水洗いの方法まで紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗車は水洗いだけで十分?

早速、水洗い洗車のみでも大丈夫なのか解説する。

結論からいうと、水洗いのみの洗車もOKだ。水洗い洗車は、洗剤を使わないため泡残りの心配をせずに済む。また、すすぎが不要であるため、洗車時間を短縮できるのも大きなメリットだ。しかし、汚れを落とす際、カーシャンプーの泡のようなクッションとなるものがないため、傷がついたり汚れが落ちなかったりする可能性も高い。

そのため、定期的にカーシャンプーを使った洗車も取り入れることが大切だ。

2. 水洗い洗車ができる場所は?

水洗い洗車をしたいが、自宅にスペースがない場合もあるだろう。ここでは、水洗い洗車に使える場所を紹介する。

ガソリンスタンド

水洗い洗車には、ガソリンスタンドの活用がおすすめだ。ガソリンスタンドには、洗車スペースが設けられていることが多いからである。洗車機には「水洗い洗車」のコースがあることも多いので、そのコースで水洗いするのもよいだろう。

コイン洗車場

コイン洗車場の利用もおすすめである。コイン洗車場には、セルフ洗車をできるスペースがあるからだ。高圧洗浄機の使用や、洗車機の「水洗い」コースを利用した洗車も可能である。

3. 自分で水洗い洗車を行う場合の正しい手順

最後に、自分で水洗い洗車をする場合の正しい方法を解説する。

必要なもの

・マイクロファイバークロス2枚(拭き取り用と水洗い用)
・ホース
・ハケ・ブラシ
・シャワーノズル
・バケツ
・(脚立)
・長靴

水洗い洗車は、車を傷つけるリスクが高い。そのため、洗う際にはマイクロファイバークロスなどの柔らかい素材を使うとよいだろう。ムートン素材のものもあるが、ムートンは削り取る力が強いため、逆に車を傷つける可能性が高くなってしまう。そのため、ムートン素材のものは使わないように注意してほしい。

方法

1.予洗いをする
2.バケツに水をためる
2.シャワーで水をかけながら、マイクロファイバークロスで汚れを落とす
3.ホイール、ルーフ、ボディの順に洗う
4.細かい隙間はハケやブラシを使って汚れを落とす
5.乾いたマイクロファイバークロスで水分を拭き取る

水洗い洗車は、車体を傷つけやすいため、十分な予洗いが大切だ。洗車前に一度車全体を水でよく洗い流そう。洗う際は、ホイール、ルーフ、ボディの順に行うのが重要だ。上から下に向かって洗うことで、汚れが残らないようできるからである。洗い終えたら、水分をよく拭き取るのが大切だ。水分を残しておくと、水垢汚れになってしまうからである。水分は、素早く丁寧に拭き取ろう。

結論

忙しいときは、水洗いのみでの洗車もよいだろう。しかし、汚れが落ちづらいので、定期的にカーシャンプーを用いた洗車をするのが大切だ。水洗い洗車は、ガソリンスタンドやコイン洗車場などでできるため、自宅にスペースがない方は利用するとよい。洗車時は、洗う順番やクロスの素材に気を付ける必要がある。水洗い洗車の正しい方法を押さえて、忙しいときでもできる限りキレイな状態を保てるようにしよう。
  • 更新日:

    2021年1月24日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ