このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
こたつとクッションのコンビは最高?種類やおすすめ商品を紹介

こたつとクッションのコンビは最高?種類やおすすめ商品を紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

監修者:インテリアコーディネーター 岸田邦華 (きしだくにか)

2021年1月 1日

冬を暖かく過ごせるこたつとクッションと組み合わせると、より快適に過ごせる。柔らかな触感と暖かさがあるクッションは、さまざまな用途で活用できるだろう。この記事ではこたつとクッションの組み合わせについて解説する。こたつ用クッションの種類やおすすめの商品も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. こたつとクッションの併用が極悪すぎる

こたつとクッションを併用するメリットについてチェックしよう。こたつに合わせるクッションの選び方と併せて、詳しく説明する。

こたつとクッションの相性は最高

こたつとクッションが合わさったときのリラックス効果から、「人をダメにする」と話題になっている。冬の快適空間を追求するならぜひ注目してほしい組み合わせだ。

体を支えたりまくらの代わりにしたりと、クッションはいろいろな用途に使える。柔らかい触り心地のクッションをこたつの周囲に置けば、癒やしの空間が作れるだろう。体に触れた部分は暖かくなるため、寒さ対策としてもおすすめだ。

クッションの選び方が重要

クッションにはいろいろな種類があり、用途によって適した商品が異なる。狭いスペースに置きたいならコンパクトなタイプ、背もたれに座るなら大きなタイプというように、目的や使い方で選ぼう。

適したクッションを選ぶためには、それぞれの特徴について確認しておくことが重要だ。ひとつの用途に特化したクッションやこたつ専用のクッションもあるので、ぜひチェックしてほしい。複数のクッションを組み合わせると、こたつの周りがより快適な空間に仕上がるだろう。

2. こたつ用クッションの種類

こたつ用として使えるクッションの種類について紹介する。特徴や使い方について学ぶことで、目的に合った商品を選べるだろう。

ビーズクッション

中に小さなビーズが入っており、独特の触感と体へのフィット感を楽しめる。小さいサイズはまくらや座布団として使用でき、大きなタイプなら背もたれとして活用できるだろう。ソファタイプの商品を座椅子代わりにしてこたつに座れば、ゆったりと柔らかな座り心地が実感できる。

長座布団タイプのクッション

床に敷いて使用する長座布団タイプのクッションだ。カーペットに直接座るより柔らかく、長時間座ってもお尻を傷めにくい。こたつで横になるときのマットとして使ってもよいだろう。

コーナークッションセット(ローソファ)

大きなサイズのマットをクッションがグルリと囲っている。真ん中にこたつを置けば、クッション部分を背もたれとして使用することが可能だ。クッション部分の形によって、L字タイプやコの字タイプなどに分かれる。

レストクッション

テディベアの下半身に似た形をしたクッションだ。足にあたる部分に肘をかけられ、腰当てとして使用できる。こたつに座るとき座椅子の代わりとして使用でき、腰回りも暖かい。背もたれ部分を抱えることで、うつぶせ寝用のまくらとしても活用できるだろう。

3. こたつ用クッションのおすすめ5選

こたつ用として使用したいクッションを5つに厳選した。それぞれの魅力について紹介するので、選ぶときの参考にしてほしい。

Yogibo Japan「Yogibo Max」

長さ約170cm、幅約65cmの大きなビーズクッションだ。こたつの横に置けば、ソファや背もたれとして使用できる。複数人で座ったりベッドとして使ったりもできるため、さまざまな用途で活躍するだろう。

ニトリ「レストクッション」

肘付き腰当てとしてはもちろん、まくらとしても使用できる。比較的コンパクトなタイプのクッションなので、狭いスペースにも置きやすい。

アイリスオーヤマ「ダブルコーナークッションセット」

L字タイプとU字タイプから選べるコーナークッションセットだ。撥水加工があるため手入れがしやすく、丸い洗いもできるので小さなお子さんやペットがいるご家庭でも清潔に保ちやすい。また、パーツに分類できるため不要なときはコンパクトに収納できる。

無印良品「体にフィットするソファ」

微粒子ビーズによって柔らかな触り心地を実現している。ストレッチ素材と帆布素材、2つの面があるため、向きを変えることでそれぞれ違った座り心地を楽しめる。

ニトリ「大判ごろ寝クッション(Nウォーム ボーテ)」

長座布団タイプのクッションだ。長さは150cm、幅は60cmあり、座ったり横になったりできる。吸湿発熱の生地を使用しているため、こたつの周囲に置くことで暖かく過ごせるだろう。上半身の寒さ対策としておすすめだ。

結論

こたつとクッションの相性は抜群だ。まくらにしたり背もたれにしたりすれば、冬を暖かく快適に過ごせるだろう。ただし、ビーズクッションやレストクッションなどさまざまな種類があり、それぞれ違った特徴がある。それぞれの特徴や使い方をチェックして、ご自宅のこたつに合った商品を選んでほしい。
  • 更新日:

    2021年1月 1日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ