このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ストーブの上にやかんを置く効果を解説!素材と注意点も紹介

ストーブの上にやかんを置く効果を解説!素材と注意点も紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

2021年1月 7日

寒い季節にはストーブで暖をとる方も多いだろう。そのときには、やかんを置いておく習慣をもつ方もいるはずだ。やかんをストーブに置くとお湯を沸かすことができるだけでなく、ほかにもいくつか生活に役立つメリットがあるのをご存じだろうか。そこで、今回はストーブの上にやかんを置く効果と置くときの注意点、素材の選び方やおすすめ製品について詳しくご紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ストーブの上にやかんを置く効果とは?

ストーブの上にやかんを置く効果は主に4点あるので、ご紹介しよう。

まず1つ目は、ストーブの上に置いたやかんのお湯が沸騰することで蒸気が発生するため、室内の空気を加湿できる点だ。
2つ目は、やかんから発生する蒸気自体が熱をもつため、室内を広く暖めることができる点である。3つ目は、ストーブとやかんのデザインやカラーをうまくコーディネートすることで、室内のインテリアとしても存在感を出すことができる点があげられる。4つ目は、調理や温かい飲み物などを準備するときに、いつでも沸騰したお湯を利用できることだ。

2. ストーブの上に置くやかんの素材は?

ストーブの上に置くやかんといっても素材がさまざまあるため、何を選ぶべきか悩む方もいるだろう。そこで、こちらではストーブの上に置くやかんに採用されている素材と、それぞれの特徴について解説しよう。

ステンレス

ステンレス製のやかんは頑丈であり、耐久性にも優れている点が大きな特徴である。また、錆びにくいため手入れが簡単であるということも特徴といえるだろう。また、ステンレス自体に保温性があるため、ストーブの熱を効率よく利用できるのもメリットだ。
やかんの価格もリーズナブルなものが多く、デザインも豊富にあることから最適なものを選ぶことができるはずだ。欠点としては、製品によっては重さがあることや水垢が目立ちやすいことがある。

ホーロー

ホーロー製のやかんは、ガラス質の釉薬を金属の表面に塗り、コーティングが施されているため、保温性に優れているのが大きな特徴だ。フォルムもレトロでデザイン性が高いものも多いため、ストーブの上にやかんを置くだけでもインテリアとしてオシャレな印象を与えられる。
ただし空焚きなどでやかんに急激な温度変化が生じた場合には、割れてしまう場合があるのが欠点だ。

アルミ

アルミ製のやかんは、軽量で取り扱いやすく、熱伝導性に優れているため、ストーブの熱を効率よく利用できるのが特徴だ。また、リーズナブルな価格と大容量のやかんを選ぶことができるのも特徴といえるだろう。欠点は、傷つきやすいため、ある程度定期的に買い替える必要があることだ。

鉄製のやかんは、熱や衝撃に強く、耐久性が高い。お湯に鉄分が溶出されて独特のまろやかな風味が得られるのも利点だ。また、南部鉄器などではインテリアとしても和の風情をもたらすことができる。
欠点としては、高価な製品が多い点と湿気を残したまま保管すると錆を生じる点があげられる。

3. ストーブの上にやかんを置くときの注意点

こちらでは、ストーブの上にやかんを置くときの注意点を解説しよう。

やかんを載せてよいストーブかどうかを確認

ストーブによっては、上部に穴が開いている構造のものもある。その場合、吹きこぼれなどによってストーブ内部に水分が入り込むと故障などの原因になってしまうため、やかんを置くことが禁止されていることもあるのだ。そのため、まずストーブに上にやかんを置く前に、使用しているストーブの上にやかんを置いてもよいかどうかを確認していただきたい。

空焚きしない

ストーブの上に置いたやかんを空焚きすると、やかんがこげついたり、火事の原因になったりする。そのため、やかん内の水位について定期的に確認する習慣をもっていただきたい。

沸騰したお湯を置いたままにしない

やかんのお湯を沸騰したままストーブの上に置いておくと、水蒸気が多く出てしまうため、必要以上に室内の湿度が高まり、結露やカビの発生などの原因になる。また、やかんの種類によっては沸騰したお湯の音などがうるさく感じてしまう場合もある。
そのため、沸騰したお湯の入ったやかんを長時間ストーブの上に置かないように注意してほしい。

4. ストーブの上に置きたくなるおしゃれなやかん3選

こちらでは、ストーブの上に置きたくなるオシャレなやかんをご紹介しよう。

宮崎製作所「ジオ ケトル 2.5L 日本製」

こちらは、2.5Lの大容量の18-10ステンレスを用いた安定性とデザイン性の高い日本製のやかんである。烏口タイプで注ぎやすいことに加え、中まで無理なく手をいれて隅々までしっかりと洗うことができ、手入れも簡単にできる点もおすすめポイントだ。

ル・クルーゼ「ケトル・コーン オレンジ」

こちらは、艶やかなで鮮やかなホーローのコーティングが施された、三角形の印象的なデザインのやかんである。ストーブとのコーディネートもしやすいオシャレなデザインだ。沸騰したときに笛が鳴る構造で、空焚きも防げる。

岩鋳「鉄瓶兼用急須 5型新アラレ 黒焼付 0.65L」

こちらは、伝統的な南部鉄器のやかんだ。ストーブの上においたやかんのお湯を飲み物などにたびたび使用する方は、鉄分補給にも役立てられるだろう。伝統的なデザインであるため、和風な雰囲気を楽しみたい場合におすすめだ。

結論

今回は、ストーブの上にやかんを置く効果と置くときの注意点、素材の選び方やおすすめ製品について詳しく解説した。ぜひ、こちらの内容を参考にそれぞれのご家庭にぴったりなストーブの上に置くやかんを選び、安全かつ快適に寒い季節を過ごしていただきたい。
  • 更新日:

    2021年1月 7日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ