このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
電気ストーブで部屋全体を暖めることはできる?効率的に暖める方法

電気ストーブで部屋全体を暖めることはできる?効率的に暖める方法

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2021年1月19日

電気ストーブはすぐに暖まって、移動も楽。電気ストーブを足元に置いてテレワークをしている方も多いだろう。ただし電気ストーブは、部屋全体を暖めることは少々苦手とする。電気ストーブの特徴や種類をふまえたうえで、部屋全体を暖める方法や暖房器具の効率的な使い方などを紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 電気ストーブだけで部屋全体を暖めることはできる?

比較的安価で手に入れやすい電気ストーブ。コンセントさえあれば、取り付け工事も必要ない。身近で便利な電気ストーブだが、部屋全体を暖めることはできるのだろうか。電気ストーブの特徴を見ていこう。

電気ストーブの特徴

電気ストーブは、電流を流すことによってストーブの内部に設置されたハロゲンや電熱線を暖め、赤外線を発生させるという仕組みだ。暖め方はいろいろあるが、最も特徴的なのが暖まるまでのスピードだ。電気ストーブによっては、スイッチを入れてから1~2秒で暖かさを感じる機種もある。コンパクトで軽量タイプも多く、移動も簡単にできる。

一台あると便利な電気ストーブだが、赤外線で暖める方式なので、どちらかといえば部屋全体を暖めることには不向きだ。非常に狭くて限られた空間での使用や、直接暖まることを目的とする場合におすすめだ。電気ストーブの種類によっては部屋全体を暖めることも不可能ではないが、電力を多く消費するため電気代もかかる。電気ストーブの特徴を理解したうえで、使い方を考えよう。

電気ストーブの種類

電気ストーブは、赤外線の種類によって暖め方が違ってくる。主に「近赤外線」を放射するものにはニクロム線電気ストーブやハロゲンヒーターがあり、「遠赤外線」を放射するものにはカーボンヒーターやシーズヒーター、グラファイトヒーターなどがある。近赤外線ストーブは速暖性に優れている反面、離れた場所での暖房効果は期待できない。遠赤外線ストーブは、近赤外線よりもゆっくりと熱エネルギーに変わる。速暖性は劣るものの人体への熱伝達率が高く、同じ電力であれば熱効率がよいのが特徴だ。

2. 電気ストーブを使いながら部屋全体を暖める方法

一般的に電気ストーブは、部屋全体を暖めるのには不向きだとされている。それでも電気ストーブを利用したい場合はどう使えばよいのだろうか。

狭い場所で使う

ハロゲンヒーターなどの電気ストーブは、部分的にしか暖めることができない。電力消費量も高いので、狭い場所での短い時間の使用が主になる。トイレや脱衣所などの狭い部屋全体を暖めるのにおすすめだ。

部屋全体を暖める電気ストーブの使い方

寝室や書斎などの部屋全体を暖めるためには、広さに合った大型の電気ストーブや出力の高いものが必要となる。種類としてはカーボンヒーターやシーズヒーター、グラファイトヒーターがおすすめだ。これらの種類の電気ストーブには、遠赤外線を放射する発熱体が使用されている。遠赤外線は熱効率がよいため、同じ暖かさを得るのでも比較的消費電力も低く抑えることができる。また、電気代を抑えながら部屋全体を暖めるのであれば、短時間のみ電気ストーブを使い、ある程度暖まったらエアコンに切り替えるのも一つの方法だ。

3. 電気ストーブ以外で部屋全体を暖める方法

電気ストーブで部屋全体を暖めようとすると、かなり電気代もかさんでしまう。そこで、電気ストーブ以外の暖房器具で部屋全体を暖める方法を紹介しよう。

エアコン

エアコンというと消費電力が高いというイメージがある。しかし実際の消費電力は1時間に6~7円と電気ストーブに比べて意外とコスパがいいのだ。暖房効率はいいのだが、部屋全体を暖めるまでに時間がかかるというデメリットがある。早く部屋全体を暖めるためには、扇風機やサーキュレーターを使おう。天井にたまった暖かい空気を部屋全体に行き渡らせて、ムラなく暖められる。

ファンヒーターと電気毛布

ファンヒーターは温風を吹き出して部屋全体を暖める暖房器具だ。エアコンよりも立ち上がりが早く、部屋全体を暖めることができる。ただし、消費電力が高めになっている。そこで、ファンヒーターの温度を低めに設定しておいて、電気毛布を使って足元を暖める方法をおすすめする。電気毛布の消費電力はかなり低めなので、節約にもなる。

加湿器を使って体感温度をアップ

冬の季節は空気が乾燥しており、体感温度も低くなる。部屋の湿度を上げると暖房器具の温度設定が低めでも体感温度は高くなる。節電にもつながるだろう。加湿器がない場合には、濡れたタオルを室内に干しておくだけでも効果がある。

結論

電気ストーブは速暖性には優れているが、一般的に部屋全体を暖めることは不得意だ。しかし、使う場所や種類によって部屋全体を暖めることも可能なので、電気ストーブを選ぶときには、目的をハッキリさせて選ぶといい。暖房器具を上手に使って、寒い冬を快適に過ごそう。
  • 更新日:

    2021年1月19日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ