このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
お正月のしめ縄にはどんな意味があるの?飾り方や処分方法を紹介

お正月のしめ縄にはどんな意味があるの?飾り方や処分方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年1月14日

お正月を告げるにふさわしい「しめ縄飾り 」。いかにも縁起がよさそうな趣をしているが、いつから飾り始めていつ片付ければよいのか改めて知りたい方もいるだろう。そこでこの記事では、お正月のしめ縄の由来や飾り方、飾る期間、処分方法について解説する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お正月のしめ縄の由来や意味

しめ縄は私たちが生まれるはるか昔に誕生したもので、今日に至るまで人々の生活と密に関わってきた。今一度しめ縄の意味や由来をおさらいしよう。

しめ縄の由来とは

お正月になると街中の至るところで目にするしめ縄。しめ縄の由来は、天照大神(アマテラスオオミカミ)の神話にまでさかのぼる。その昔太陽の神様である天照大神が大岩にお隠れになってしまい、作物が育たなくなった。無事岩戸から連れ出すことに成功したのだが、その際 「二度と岩戸に入らないように」と岩戸にしめ縄を張り巡らせたそうだ。これが現代の「しめ縄」の起源とされている。

しめ飾りとは

しめ縄とよく似た名前のものに「しめ飾り」があるが、厳密にいうとこの2つは別物だ。しめ飾りとはお正月飾りのことで、しめ縄に縁起物を飾り付けした、いわばしめ縄の派生品である。そのため神社で一年を通して飾られているしめ縄に対して、しめ飾りはお正月の期間だけ飾るというのが大きな違いだ。

しめ飾りには、お正月にやってくる年神様に「ここは清らかな場所ですよ。安心してお越しください」と示す目印としての意味があることを覚えておこう。

2. お正月のしめ縄の飾り方

お正月のしめ縄(しめ飾り)にはいくつか種類があり、玄関に吊るしたり車に取り付けたりなど飾り方もそれぞれだ。

玄関

お正月のしめ縄は、玄関に飾るスタイルが定番になっている。飾り方は、玄関の高い位置にかけて吊るすだけでOK。家の中には、神様がいるとされている水回りや火を扱うところに小さめの輪飾りをかけるとよいそうだ。

神棚

神棚にお正月のしめ縄を飾る際は以下の3つの方法があり、取り付けが簡単だと思う方法で飾り付けをして構わない。

1.L字金具で固定する
2.タコ糸などで吊るす
3.針金を使う

L字金具で取り付ける際は、雲板の釘にL字金具を取り付け、直接しめ縄を刺せばよい。またしめ縄には向きがあり、向かって右側に太い部分がくるように配置する。しめ縄の紙垂(しで)と呼ばれる紙には豊作の願いが込められているので、必ずしめ縄と一緒に取り付けよう。

車のフロント

最近ではすっかり見かけなくなったが、お正月のしめ縄は車のフロントに取り付けることもできる。交通安全を祈願した縁起のよいものなので、車のフロントへの取り付けを躊躇する場合は車内に飾るのもアリだ。玄関飾り・室内飾り・車飾りがセット品で販売されているものもあるので、まとめて購入するのもいいだろう。

3. お正月のしめ縄はいつからいつまで?

お正月のしめ縄は、いつから飾っていつまでに片付ければよいのか疑問に思う方もいるだろう。地域によっても違いはあるが、それぞれ飾る時期、外す時期について紹介する。

お正月のしめ縄を飾る時期

お正月は大掃除をする12月13日が始まりだとされているため、13日以降に飾り始めるのが正解だ。そして遅くとも12月28日までには飾り終えるようにする。ただし、お正月飾りを飾るべきではない日が2日だけあるので気をつけよう。

・12月29日:二重の苦という意味があるので不可
・12月31日:葬儀と同様、一夜飾りで縁起が悪いので不可

13日以降にしめ縄を飾り始めるといっても、現代ではクリスマスツリーが片付け終わった26日以降に準備することが多くなっている。28日までに飾り終えられなかった場合は、30日に飾れば問題ないとされていることを覚えておこう。

お正月のしめ縄を外す時期

お正月のしめ縄をいつ外すのかについては、1月7日の松の内もしくは1月15日の小正月を過ぎたら外すのが通例だ。ただし鏡餅に関しては、鏡開きをする11日まで飾ったままでよい。

4. お正月のしめ縄の正しい処分方法

お正月のしめ縄の処分方法は、主にどんど焼きと自宅で処分する方法の2通りある。

外したしめ縄の処分方法1.どんど焼きで燃やす

基本的にお正月の外したしめ縄は、左義長やどんど焼き、歳の神などと呼ばれる地域ごとの行事に持ち込み、その他の飾りと一緒に燃やすのが風習となっている。

どんど焼きは子孫繁栄や無病息災などの願いが込められた儀式なので、ぜひご近所さんや家族で参加してみよう。開催日は地域によってさまざまだが、一般的には1月15日前後が多いようだ。詳細は近くの自治体や神社に問い合わせをして確認しよう。

外したしめ縄の処分方法2.自宅で処分する

どんど焼きに参加できない際は、お清めをしてから自宅で可燃ごみとして処分する。お清めは、広い紙の真ん中に塩を左右・中央に置いてその上にお正月のしめ縄を置く。その後紙の四隅をつまんでしめ縄を包んでからゴミ袋に入れよう。

結論

お正月飾りの中でも、一際どっしりしていて趣深いしめ縄。年神様に安心して家にお越しいただくための目印になる飾りなので、玄関などのよく見える位置に飾るとよいだろう。お正月が過ぎたらどんど焼きに持参するか、お清めをしてから自宅で処分して新しい一年を迎えよう。
  • 更新日:

    2021年1月14日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ