このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
石油ファンヒーターが臭い原因は?対策とメーカー別の消臭機能を紹介

石油ファンヒーターが臭い原因は?対策とメーカー別の消臭機能を紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2021年1月25日

石油ファンヒーターから臭いが発生したら、まず原因を特定しよう。適した方法で対策をすることが、嫌な臭いを消すことにつながる。この記事では石油ファンヒーターから臭いがする原因と、軽減するための対策を紹介しよう。メーカー別の消臭機能についてもまとめたので、石油ファンヒーターの購入を検討している人も必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 石油ファンヒーターのイヤな臭いの原因は?

石油ファンヒーターから臭いがする原因について説明しよう。臭いがする理由は原因によって異なるため、原因を見分けることが適切な対処につながる。

開封時の臭い

新品の石油ファンヒーターから臭いがするケースがある。メーカーでは燃焼試験をしており、終わったあとに灯油を抜き取るのが一般的だ。微量に残った灯油から臭いがすることがあるが、使用しているうちになくなるため問題ない。

着火時の臭い

石油ファンヒーターを点火するときは、灯油の噴射口が開くため臭いやすくなる。通常通りに使用していても臭いが発生するため、すぐに消えるなら故障などの心配はないだろう。

不良灯油の使用

変質した不良灯油を使用すると臭いが発生するので注意しよう。保管状態が悪かったり他のゴミが混入したりした場合は、透明感のない黄色い炎がでる。色がついている、臭いが酸っぱいなどの異常が灯油にあれば注意が必要だ。

灯油が付着した

給油するときに、カートリッジタンクや口金に灯油が付着することがある。そのまま運転すると臭いが強いので、消火したあと丁寧に拭いて乾燥させよう。

消火時の臭い

灯油ファンヒーターは灯油を温めて燃焼させる仕組みだ。スイッチをオフにしても気化した灯油が燃えずに残り、部屋に流れることで臭いが発生する。安全装置で自動消火した場合はとくに臭いやすいので注意が必要だ。消臭機能がついたタイプの商品もあるので、臭いが気になる方はチェックしてほしい。

フィルターの汚れ

石油ファンヒーターのフィルターが汚れていると嫌な臭いの原因になる。汚れを放置すればカビが繁殖することも考えられるだろう。ホコリやゴミが詰まることで、温風の量が減ったり不完全燃焼が発生したりするので、適切な対処が必要だ。

2. 石油ファンヒーターの臭いを軽減する方法

適切に対処すれば石油ファンヒーターの臭いは軽減できる。4つの対策について説明するので、ぜひ実践してほしい。

換気をする

定期的に換気することで石油ファンヒーターの臭いを軽減できる。狭い部屋を閉め切って使用すると一酸化炭素のリスクもあるため、1時間に1~2回の頻度で換気をしてほしい。換気をするのが面倒なら、ドアや窓を少しだけ開けながら石油ファンヒーターを運転する方法もある。

古い灯油は使用しない

灯油をポリ容器に入れたまま長期間放置すると不良灯油になる。臭いの原因になるので、シーズン越しに使用するのはやめよう。また、蓋を開けたまま保存したり、日光など熱が当たる場所で保存したりすると変質しやすくなる。蓋をしっかりしめてから日光が当たらない場所を選んで保管してほしい。

フィルターの掃除

石油ファンヒーターのフィルターを取り外して掃除機をかけよう。汚れが酷い場合は、洗剤を使ってつけ置きをしてから水で洗い流す。フィルターがないタイプの商品なら空気取り込み口に直接掃除機をかけよう。ただし、取り外し方や詳しい掃除方法はメーカーで異なるので、説明書で確認すると安心だ。

メーカーに修理を依頼する

対策をしても臭いが軽減しなかったり、その他の異常が発生したりするときは、故障が考えられる。メーカーへの問い合わせや修理を検討しよう。保証期間中なら無料で修理してもらえる可能性が高いので、まずは保証書を確認してほしい。

3. 売れ筋!石油ファンヒーターの最新臭い対策

大手メーカーからは、優れた消臭機能をもった石油ファンヒーターが登場している。消臭機能の詳細と代表的な搭載機種について紹介しよう。

ダイニチの「秒速消臭システムプレミアム」

ダイニチの石油ファンヒーターは秒速消臭システムプレミアムを搭載している。バーナの高温時間を長くして未燃焼ガスを燃やしきることで、消臭時の臭い40%減を実現した。「SGX TYPE」「GR TYPE」など高機能なモデルが揃っている。

トヨトミの「消臭革命」

消臭革命は「LC-SL36H」「LC-SL53H」「LC-S53I」といった機種に搭載。臭いの元であるノズル内の灯油を残しにくく、石油ファンヒーターの消火時に発生する強い臭いを軽減することが可能だ。

コロナの「プレミアム消臭極」

「クリーン消臭&臭いカットメカ」「においとり触媒」によって、高い消臭性能を実現している。WZ・VXシリーズ・VGタイプに搭載しており、消火時の臭い70%低減を可能にした。臭いの元となる灯油を吸引して、わずかに残った未然ガスはスッキリと浄化する仕組みになっている。

結論

石油ファンヒーターの臭いを軽減したいなら、まずは原因を特定しよう。不良灯油の使用や灯油の付着、フィルターの汚れが原因の場合は、適切に対処すれば解決できる。故障が疑われるケースもあるので、対策をしても直らない場合はメーカーに相談しよう。ただし、着火時や消火時の臭いを消すのは難しい。換気をするか消臭機能がついた石油ファンヒーターを活用しよう。
  • 更新日:

    2021年1月25日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ