このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
換気は窓の開け方が重要!窓の数別に効率のよい方法を紹介

換気は窓の開け方が重要!窓の数別に効率のよい方法を紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2021年1月31日

窓から換気をするときには開け方が重要だ。間違った換気をすると空気が上手く流れないので、正しい方法をチェックしておこう。この記事では複数のパターンに分けて窓の開け方を紹介する。窓がないときの換気方法や、窓の換気に必要な時間と併せて解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 換気するときの上手な窓の開け方

正しい方法で窓を開ければ短時間でも十分に換気ができる。上手な開け方のポイントを紹介するので、ぜひ実践してほしい。

2箇所の窓を開ける

換気をするときは空気の通り道を作ることが重要だ。1箇所だけではなく2箇所の窓を開けて入り口と出口を作ることで、空気が上手に流れる。ただし、窓の距離が近いと狭い範囲でしか空気が流れず、よどんだ空気が残ってしまう。

対角線上にある2箇所の窓を開けることで部屋全体を換気できる。マンションなら、玄関側の窓とバルコニーの窓を開け、途中のドアを開けておけば家全体に空気が通るだろう。風が吹いている方向に対して、正面の窓を選んで開ければより効果的だ。

窓の高低差を利用する

対角線上に窓がない部屋の場合は、高低差に注目してみよう。空気は温度が高いときは上へ、低いときは下に下がるようになっているため、その性質を利用する。

窓が高い位置にあれば暖かい空気は外にでていき、低い位置にある窓から冷たい空気が入る。天窓や吹き抜けを活用することで、室内と外の空気を効率よく入れ替えられるだろう。

風が弱い日の対策

風が強い日は十分に風が流れるが、弱い日は部屋の空気が動きにくい。窓を開けていても換気があまりできていない可能性があるので注意が必要だ。

空気には狭い隙間のほうが入りやすく、広い隙間のほうが出ていきやすい性質がある。入り口の窓を5cmほど開けて、出口の窓を全開にすることで換気の効率があげられるだろう。

2. 部屋に窓がひとつしかないときの換気方法

窓が一つしかない部屋の換気をするときは、空気の流れを作り出す必要がある。サーキュレーターや扇風機を使って、汚れた空気を排出しよう。

まずは一つある窓と部屋のドアを開ける。扇風機やサーキュレーターを窓の外に向けて流れを作り、部屋の空気を出そう。ただし、家の中に向けると室内の空気が外に出ないので注意が必要だ。

また、窓を開けるのと同時に換気扇を活用してもよいだろう。キッチンの換気扇は大きいため換気の効果も高い。家の中にあるドアや他の部屋の窓を開けるといった工夫も有効だ。

3. 窓のない部屋の換気方法

窓がない部屋でも換気は可能だ。まずは部屋のドアを開けてから、サーキュレーターや扇風機を使って空気を排出する。他の部屋にある窓を開けておくことでそこから換気できる。

このときに洗面所や風呂場、トイレに設置されている換気扇もまわしておこう。家全体の窓を使って換気をすれば、汚れた空気を外に流せる。

窓がない部屋が広い場合は、サーキュレーターや扇風機を2台使うとより効果的だ。部屋の奥に1台、ドアの手前に1台準備して、空気の流れ道を意識しながらドアの外側に向けて置いてほしい。

4. 窓を開けて換気する時間はどのくらい?

窓から効率よく換気するには1回の時間も重要だ。知っておきたい正しい頻度と時間について解説するので、ぜひ役立ててほしい。

1回の換気に必要な時間

正しい方法で換気をしていれば、時間は5~10分くらいでも効果がある。時間だけ長くしてもあまり意味がなく、エアコンを使用していれば無駄に電気代がかかるだろう。窓を2箇所開ける、換気扇やサーキュレーターで空気を流すなど、適切な方法でサッと換気するのがポイントだ。

また、暖かい空気は気温が低いところに移動するため、夏と比較して冬は空気が流れやすい。強い風が吹くことも多いので、5分より少し短い換気でも十分な効果が実感できる。エアコンの節電や寒さ対策にもなるため、小まめで短い換気を心がけてほしい。

窓を開ける頻度は?

5分の換気を1時間に2回するのが目安だ。窓を開ける時間を長くするよりも、短時間の換気を複数回したほうが効果は高い。空気が汚れるまえに新鮮な空気に入れ替えられるだろう。

インフルエンザなどウィルスの感染を防ぐことにもつながるので、冬場はとくに小まめな換気を心がけよう。また、料理をしているときは湿気が発生するため、頻度にかかわらずしっかりと換気扇をまわしてほしい。

結論

エアコンや空気清浄機には換気の効果がないので、しっかりと窓を開けることが重要だ。対角線上にある2箇所の窓を開けて、空気の通り道を作れば効率よく換気ができる。窓が一つしかない部屋や、窓がない部屋の場合は、サーキュレーターや扇風機を使って風を流そう。正しい方法を守っていれば、1回の換気にかける時間は5~10分でも十分だ。1時間に2回を目安にして適度な換気を心がけてほしい。
  • 更新日:

    2021年1月31日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ