このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗車後の拭き上げは重要!正しい方法や拭き上げにおすすめな商品も

洗車後の拭き上げは重要!正しい方法や拭き上げにおすすめな商品も

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2021年1月29日

車を常にキレイな状態で維持するために、こまめな洗車をしている方もいるだろう。ただ、洗車後の拭き上げは、面倒に感じて自然乾燥に任せてしまう方も多いのでは?しかし、拭き上げは洗車時の重要な作業のひとつなのだ。この記事では、洗車後の拭き上げの重要性を解説する。正しい方法や拭き上げに使えるおすすめ商品も紹介するので、参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 面倒だけど超重要!洗車後の拭き上げはなぜ必要?

早速だが、ここでは洗車後の拭き上げの重要性をみていこう。

洗車後の拭き上げをしないと、水滴は自然に乾燥する。この自然乾燥に任せてしまうと、水滴の跡が残り、見た目が悪くなってしまう。とくに窓ガラスには、水滴の跡がつきやすいので注意が必要だ。

さらに、拭き上げをしないとウォータースポットが発生する可能性がある。ウォータースポットとは、ボディについた水滴の温度が高くなり塗装が焼ける現象のことだ。ボディに白いシミや表面がボコボコするといった現象が起こり、もとの状態に戻すのが難しくなる。そのため、ウォータースポットができてしまわないように、よく拭き上げるのが大切だ。

自分で洗車した場合に限らず、洗車機で洗車をした場合でも、拭き上げは重要だ。洗車機はブローまでしてくれるため、拭き上げをしないまま走行する方もいるかもしれない。しかし、ブローだけでは、水滴が窓ガラスやボディに付着したままの状態である可能性が高い。

そのまま走行すれば、水滴の跡が残ったりウォータースポットができたりするリスクもある。自力での洗車時に限らず、洗車機での洗車をした後も拭き上げを行うことを忘れないようにしよう。

2. 洗車の拭き上げは普通のタオルでOK?

洗車後の拭き上げの重要性は分かったが、拭き上げに使うタオルは普通のものでもよいのだろうか。ここでは、洗車の拭き上げに使うタオルについて説明する。

結論からいうと、拭き上げに使うアイテムに普通のタオルを使うのはおすすめできない。なぜなら、普通のタオルで拭くと車体に繊維が残ったり、水分が残ったりするからだ。水分を完全に拭き取るために、タオルで何度も拭くのもボディを傷つける大きな原因となってしまう。そのため、普通のタオルを洗車後の拭き上げに使用するのは、避けた方がよいといえるだろう。

洗車後の拭き上げにおすすめなのは、マイクロファイバーやセーム革でできたタオルだ。セーム革は生地が柔らかいため、ボディを傷つけにくい。吸水性も高いため、水残りをできる限り防ぎたい場合には、ピッタリといえる。マイクロファイバーとは、きめ細かい繊維素材のことだ。吸水性と速乾性がバツグンで傷つけにくいため、洗車用のタオルにおすすめである。

ただし、いくら洗車に適したタオルとはいえ、使い古したものはおすすめできない。使い古したタオルは、車体を傷つける可能性があるからだ。古くなったら、新しいものに交換するようにしよう。

3. 洗車の拭き上げの手順と注意点を押さえよう

拭き上げは使用するタオルにだけ、気をつければよいわけではない。車をキレイな状態にしたいのであれば、正しい拭き上げ手順を押さえる必要がある。ここでは、洗車後の正しい拭き上げ方法と注意点を解説する。

手順

1.マイクロファイバークロスなどの洗車用タオルを用意する。
2.ルーフ部分から下に向かって拭き上げていく。
3.窓ガラスは周囲を1周拭いてから上から下に向かって拭く。

注意点

・タオルを使い分ける
洗車後の車体を拭くときは、部分ごとにタオルを使い分けることが大切だ。車のホイールには鉄粉が付着している。この鉄粉を拭き上げたタオルで、ボディなどを拭くと鉄粉によって傷がついてしまうことも。このような事態を防ぐためにも、拭き上げの際には最低でもボディとホイール用で分けてタオルを使うのが大切だ。

・優しい力で拭く
拭き上げるときは、優しい力加減で拭くのが重要だ。力を入れて拭くと、ボディの塗装がはげたり傷ついたりする可能性がある。とくに手が届きにくいルーフ部分は、無理に拭こうとすると強い力が入ってしまう可能性も。脚立を使うなど、優しく拭けるように工夫することが大切だ。

・一方向に向けて拭く
拭き上げる際は、上から下へ一方向にタオルを動かすのが大切だ。水滴は、上から下へと流れるからである。ただし、窓ガラスだけは、周囲を一周拭いてから、上から下へ拭き取るようにするのがおすすめだ。

4. 洗車の拭き上げのおすすめアイテム3選

最後に、洗車後の拭き上げに使えるおすすめのアイテムを3点紹介する。

KIRKLAND 「マイクロファイバータオル」

厚織りの洗車用のタオルだ。マイクロファイバーでできているため、吸水性はバツグン。ホコリがしっかりとれる上に、つやのあるボディに仕上げられるのも大きな特徴のひとつだ。12枚入っているので、ボディ用とホイール用などと分けて使用できて便利である。洗車後の拭き上げにおすすめだ。

AmazonBasics 「クリーニングクロス CW190449B」

アマゾンベーシックから販売されているクロスだ。マイクロファイバーでできているため、車体に傷をつけにくく、塗装面、内装、窓ガラスなどのホコリを拭き取るのにピッタリだ。耐久性バツグンであるため、使用後も繰り返し洗って使用できる。

きん陽「極厚洗車タオル」

生地の密度の高さが特徴的なタオルだ。マイクロファイバー製のため、吸水性バツグンでボディについた汚れも傷つけずにからめとれる。タオルのフチをなくしてあるため、拭き上げ時に傷がつきにくい。耐久性が高く、繰り返し使用できるのも大きな特徴だ。

結論

洗車後の拭き上げは、面倒に感じる方が多いだろう。しかし、仕上がりの見た目を左右する大切な作業だ。拭き上げには、マイクロファイバーやセーム革でできたタオルを使うとよいだろう。拭く際は、上から下へ向かって一方向に拭き上げるのが大切だ。洗車が無駄にならないように、正しい方法で拭き上げて車をキレイに保とう。
  • 更新日:

    2021年1月29日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ