このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
湯たんぽは100均にも売っている!保温時間やおすすめ商品を紹介

湯たんぽは100均にも売っている!保温時間やおすすめ商品を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年2月 4日

「100均ではどのような湯たんぽを販売しているのだろうか」と疑問に思う方もいるだろう。経済的に優しい100均の湯たんぽは、キャンプや就寝時にもぴったりだ。カバーを付けることで保温時間が長くなり、やけど防止にもつながる。今回は、100均の湯たんぽの保温時間はもちろん、ダイソーやセリア、キャンドゥで販売している商品についても詳しく解説しよう。

  

1. 湯たんぽは100均でも手に入る?

100均では湯たんぽ本体だけでなく、カバーも手に入る。

湯たんぽはほんのりとした温かさが長時間続き、体の芯まで温めてくれる。時間がたつにつれて少しずつ温度が下がっていくため、布団の中へ入れておけば朝まで快適に眠れるのだ。暑さで目が覚めることもない。

電源を必要としない分、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍するのが魅力的である。

「まだ湯たんぽを使ったことがない」という方は、100均の湯たんぽを試してみるのがおすすめだ。手軽に手に入れられ、非常に安い。100均では湯たんぽ本体とカバーどちらも購入できるため、その日からすぐに使える。

2. 100均の湯たんぽは保温時間に差がある?

中には「100均の湯たんぽは本当に使えるのだろうか」と疑問を抱く方もいるかもしれない。しかし、100均だからといって大きくスペックが劣ることはない。

100均で購入できる湯たんぽはプラスチック製が多い。そして、プラスチック製の湯たんぽに80℃の湯を入れた場合、44℃以上の温度を4時間維持できるといわれている。就寝前に布団の中へ入れておけば、冷める頃にはすでに熟睡しているだろう。

湯たんぽとしての機能をしっかり果たしているといえる。

湯たんぽの保温時間をさらに長くしたいならば、温かさを維持することが大切だ。湯を入れ終わり次第すぐに布団へ入れたり、厚めのカバーを付けたりすることで、熱が逃げにくくなる。

3. 100均のおすすめゆたんぽ3選

いくつかの100均に湯たんぽが販売されているが、それぞれの大きさや特徴が異なる。今回はダイソー・セリア・キャンドゥの3つの商品を紹介しよう。自分が使いたいシーンや重要視するポイントに合わせて100均の湯たんぽを選んでほしい。

ダイソー「あったか湯たんぽ」

420mLの湯が入る湯たんぽだ。容量が大きいため、温かさが長持ちしやすい。「頻繁に湯を入れ替えるのが面倒」と感じる方はとくに重宝するだろう。就寝前に布団の中へ入れるのはもちろん、作業中に足元へ置いておくのもよい。

白くてシンプルな商品なので、老若男女を問わず使いやすい。

セリア「ミニ湯たんぽ」

この100均の湯たんぽは片手で持てるほど小さい。保温時間は短めだが、ちょっとした外出時や通勤時にポケットへ忍ばせられる。繰り返し使えるカイロとして活用できるのだ。オレンジ・ブルーなどのカラーがあるため、好きなカラーを選ぼう。

専用のカバーは販売されていないものの、湯たんぽのサイズが小さい分、さまざまなものをカバーとして代用しやすいのも特徴である。

キャンドゥ「ぽかぽか湯たんぽ」

350mLの湯が入る、大きすぎず小さすぎない湯たんぽだ。大人用・子ども用の湯たんぽとして使うだけでなく、ペット用のヒーターとして使うにもちょうどいい。目印として、商品のタグには猫のイラストが描かれている。

ブラウンやベージュといった落ち着いたカラーがあるため、自宅はもちろんオフィスシーンでも使いやすいだろう。

結論

100均では湯たんぽ本体もカバーも手に入るため、購入したその日からすぐに使える。さまざまなシーンで活用できるのも魅力的だ。湯たんぽの保温時間が気になる方もいるかもしれないが、100均だからといって大きくスペックが劣ることはない。プラスチック製であれば、44℃以上の温度を4時間維持できるといわれているからだ。購入したい場合は、ダイソーやセリア、キャンドゥの100均の湯たんぽを検討してみてほしい。
  • 更新日:

    2021年2月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング