このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
成人の日はいつ?昔は1月15日だったけれど変わった理由は?

成人の日はいつ?昔は1月15日だったけれど変わった理由は?

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2021年2月10日

新成人を祝うための祝日である「成人の日」。新たに成人になる方にとっては一生に一度の大切な日だ。ところで成人の日は毎年変わるが、今年や来年の成人の日はいつで、どのように決められているのだろうか?この記事ではその疑問を解決し、さらに成人の日の歴史も解説する。また、昔は1月15日に固定されていた成人の日が変わった理由も紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 成人の日はいつから始まったの?

成人の日はいつなのかを解説する前に、まずは成人の日の歴史や意味から見ていこう。成人の日はいつ始まったかというと、戦後まもない1949年からだ。1948年施行の「国民の祝日に関する法律」により成人の日が定められ、翌1949年1月15日が最初の成人の日となった。
内閣府によると、成人の日は「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」(※1)日とされる。

由来は埼玉県蕨市の「成年式」

成人式の由来となったのは、1946年に埼玉県蕨市で開催された「青年祭」の中の催しであった、「成年式」とされる。戦後の混乱の最中、蕨市では若者たちを励まそうと青年祭を企画した。その幕開けに開催された成年式ではさまざまな催しが行われ、お汁粉や芋菓子がふるまわれるなどし、若者から非常に喜ばれたという。その成年式が全国に広まり、国が成人の日を制定するに至ったのだ。最初の成人の日が1949年1月15日だったように、制定された当初は、成人の日は毎年1月15日だった。ところが現在、成人の日は別の日に変更されている。続いては成人の日がいつから変わったのかを紹介しよう。

2. 成人の日はいつから変わった?

1948年に施行された国民の祝日に関する法律により、成人の日は1月15日に定められた。しかし現在では1月の第2月曜日に定められているため、成人の日はがいつなのかは年によって変動する。
成人の日はいつから1月の第2月曜日に変わったのだろうか?それは「国民の祝日に関する法律」が改正され、「ハッピーマンデー制度」が導入された2000年だ。

ハッピーマンデー制度とは

ハッピーマンデー制度は、固定されていた祝日を一部月曜日に移動させて3連休を作る制度だ。それによって成人の日が1月15日から第2月曜日に移ったため、成人の日がいつに当たるかは毎年変動することになった。また海の日や敬老の日も、同様に別の日へと移動した。

そもそも、成人の日はなぜ1月15日だったのか

成人の日が1月15日になったのは、公家や武家で行われていた男性の成人式である「元服の儀」が、新年最初の満月の日に催されていたことに由来する。
旧暦では、月の満ち欠けを基準に1ヶ月を定めていた。そのため月の最初の日が新月となり、約15日かけて満月になることから、毎月15日前後は満月だった。新年最初の満月の日、つまり旧暦の1月15日前後に元服の儀が行われていたため、1月15日が成人の日と定められたのだ。

3. 今年の成人の日はいつ?

2021年の成人の日は1月11日だった。2021年は新型コロナウイルスの影響もあって、成人式などのイベントの実施を見送ったり、オンライン開催に変更したりした自治体も多く見られるなど、いつもと異なる年となった。中には感染症対策をしながら成人式を実施した市などもあり、自治体によって異なる対応が目立ったといえる。
2022年の成人の日はいつかというと、1月10日だ。この頃には新型コロナウイルスの感染拡大が収まり、多くの新成人にとって思い出の日となるよう祈っている。

成人年齢が18歳になったら成人式は?

民法の改正により、2022年4月からは成人の年齢が18歳に引き下げられる。それによって、成人の日を祝う年齢が18歳に変わるのか、成人式はいつ行うのかという問題が出てくるだろう。
成人式をいつ行うかについては法律などで定められているわけではなく、各自治体の判断に任されている。2023年以降も成人式は20歳を対象に開催すると表明している自治体も多いため、従来通り20歳で参加するケースが主流であり続けるかもしれない。2022年4月以降に成人を迎える方やご両親は、各自治体の動向に注目しておこう。

結論

以前は1月15日だった成人の日だが、現在は毎年1月の第2月曜日と決まっている。新成人にとっては一生に一度のハレの日で、思い出に深く残る1日になることだろう。2022年からは成人年齢が変わることもあり、いつ成人式に出ればいいのか迷うこともあるかもしれない。各自治体の正式な発表を待ち、よい日を迎えてほしい。

(参考文献)
※1出典:内閣府「「国民の祝日」について」
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html
  • 更新日:

    2021年2月10日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ