このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デスク加湿器は本当に効果はあるのか?上手な選び方とおすすめ3選

デスク加湿器は本当に効果はあるのか?上手な選び方とおすすめ3選

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2021年2月21日

乾燥する季節になると加湿器を活用することが多くなる。オフィスにデスク加湿器を使っていて、本当に効果があるのかと疑問に思っている方もいるだろう。デスク加湿器の種類や選び方、期待される効果などを解説する。また、オシャレでデスクに置いても使い勝手のいいおすすめの加湿器も紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. デスク加湿器の効果とは?

乾燥が気になる季節。オフィスにいる時間が長いとデスクまわりに置いても邪魔にならない加湿器が重宝だ。しかし、どうも効果がイマイチだと感じる方も少なくない。デスク加湿器は本当に効果があるのだろうか。

広い空間ではほぼ効果なし?

加湿器から出る湯気をみると「あー、潤ってる」と感じてしまうが、実際には広いオフィスでデスク加湿器はほぼ無力といっていい。ピンポイントで自分のまわりだけ加湿したい場合、できるだけ空気の流れを作り水蒸気を自分の方に向けることで、加湿効果が高まる。吹き出し口を自分の方に向くようにしたり、携帯用の扇風機を使って水蒸気の流れを作ることが大切だ。

デスク加湿器に期待できる効果とは

たとえピンポイントであっても、加湿の効果は期待できる。デスク加湿器による効果はどのようなものがあるのだろう。

まず、鼻やのどの乾燥防止が考えられる。鼻やのどの粘膜が乾燥すると外部から侵入してきた雑菌やウィルスを排除する働きが弱まってしまう。インフルエンザやコロナウイルス対策にもデスク加湿器は効果が期待できる。

次に静電気の発生防止にも効果がある。静電気は、金属部分に触れるとバシッと不快な痛みを与えるだけではない。体の中に過剰な帯電が起こると、精密電子機器に触れたときに故障してしまう可能性もある。加湿することで空気中の水分を増やし、静電気が起こりにくい環境を作ることができる。

2. デスク加湿器の上手な選び方

デスク加湿器には、いろいろなタイプがあり、どれを選んだらいいのか迷ってしまう。デスク加湿器を選ぶ際のポイントを押さえておこう。

加湿方法で選ぶ

デスク加湿器の加湿方法は、主に3つある。「超音波方式」「気化方式」「スチーム方式」だ。デスクの上に置く加湿器は、できるだけコンパクトなものがいい。そのためデスク加湿器の多くは「超音波方式」や「気化方式」を採用している。どちらもランニングコストが抑えられている。スチーム方式は、水を加熱して水蒸気にするため加湿効果は高い。本体が大型なタイプが多く、狭いデスクでは場所を取ってしまうというデメリットがある。

お手入れのしやすさで選ぶ

水を入れて使うデスク加湿器は、水垢や雑菌などが発生しやすい。お手入れせずに加湿を続けると、雑菌やカビを部屋中にまき散らす危険性がある。こまめなお手入れが大切なため、お手入れのしやすい加湿器を選ぼう。たとえば、水を入れるタンクの入り口のサイズが小さいと掃除をしたくても手が届かないこともある。手を入れて掃除ができるかどうかチェックしておこう。

電源のタイプで選ぶ

加湿器の電源はコンセントとUSBの2種類がある。デスク加湿器の場合には、USBから給電できるタイプがおすすめだ。コンパクトなモデルが多く、狭いデスクでも邪魔にならない。持ち運びにも便利だ。

タンクの容量で選ぶ

加湿器は、タンクの容量が大きければ大きいほど給水する手間がかからない。一方で給水タンクが大きくなると本体も大きくなってしまう。邪魔にならないようにタンク容量は小さい方がおすすめだ。加湿方式によって給水頻度は変わってくるが、400~500mlを目安に選ぶといいだろう。

3. デスク加湿器の人気ランキングTOP3

デスク加湿器の選び方がわかったところで、ポイントを押さえた人気の機種を紹介しよう。

HOMERS「超音波式加湿器」

手動で上下180度動くので、ピンポイントで加湿することができる。また、自動首振り機能により、まんべんなくミストを行き渡らせることも可能だ。マイナスイオンモードにすれば、嫌な臭いや花粉、PM2.5、ホルムアルデヒドなどを取り除くことができ、インフルエンザの予防効果も期待できる。USBで稼働し、さらにバッテリー内臓なのでフル充電で2~4時間使用が可能だ。

積水樹脂「自然気化式ECO加湿器 うるおいちいさな森」

自然気化式のデスク加湿器。コンパクトサイズで狭いデスクでも置き場所に困らない。保湿に特化した素材を使用しており、電源なしでどこにでも持ち運びができる。給水ボトルを取り付けて蒸散紙を折りたたむだけ。防菌・防カビフィルターを採用しているので、衛生面でも安心だ。オシャレなデザインなので、仕事の合間の癒しにもなる。

アピックス「超音波式アロマ加湿器SHIZUKU mini」

デスクに置きやすいミニサイズの超音波加湿器。アロマオイルにも対応しており、好みのアロマオイルをパッドに垂らすだけで、部屋全体に香りが漂う。水槽内の雑菌を防いで浄化する効果がある抗菌カートリッジが付いている。気になる電気代は最大加湿時で1時間あたり約0.5円と経済的なところも魅力だ。

結論

デスク加湿器は、広い空間にはあまり効果は望めない。しかし、ピンポイントでの加湿には有効だ。鼻やのどを乾燥から守り、ウイルスの活動を抑制する効果が期待できる。デスク加湿器を選ぶときには、加湿方式、お手入れのしやすさ、電源タイプ、タンクの容量をチェックしよう。
  • 更新日:

    2021年2月21日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ