このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
こたつ用ローソファーでくつろぎ空間を!選び方とおすすめ商品5選

こたつ用ローソファーでくつろぎ空間を!選び方とおすすめ商品5選

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

監修者:インテリアコーディネーター 岸田邦華 (きしだくにか)

2021年2月 1日

こたつでくつろぎたい方におすすめなのが、こたつ用ローソファーだ。通常のソファーと違って座面が低く、背もたれを使いながらこたつにゆったりと座れる。この記事では、こたつ用ローソファーがおすすめな理由や、選ぶときのポイントを紹介しよう。おすすめの商品も併せて厳選したので、ぜひチェックしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. こたつ用ローソファがおすすめの理由

まずはこたつ用ローソファーのメリットについて解説しよう。おすすめの理由について紹介するので、購入を迷っている方は必見だ。

ゆっくりくつろげる

こたつ用ローソファーに座れば、背もたれに体を預けることができる。座面は座椅子や座布団より柔らかくクッション性があるため、長時間座っていても体が痛くなりにくい。

座椅子よりも座れるスペースが広く、よりゆったりとくつろげる。一般的なソファーと違って高さがほとんどないので小さなお子さんも座りやすく、家族全員でくつろげる空間になるだろう。

背中を冷気から守れる

寒い季節に最適なこたつだが外に出ている上半身は温まらない。作業しているときに背中が寒いと感じるケースは多いだろう。

こたつ用ローソファーには背もたれがあるため、腰回りから背中まで温かい。こたつと組み合わせて使うことで、寒い冬を温かく乗り切れる。

インテリア性が高い

こたつ用ソファーはインテリア性の高いアイテムだ。洋室にも馴染みやすく、洋風のこたつやこたつ布団と上手に組み合わせることでオシャレな空間になる。

ローテーブルやこたつ布団を外したこたつと組み合わせれば、こたつが不要な季節にも活用できる。ソファーに最適なクッションを合わせることで、よりこだわったインテリアになるだろう。

2. こたつ用ローソファを選ぶときのポイント

こたつ用ローソファーを選ぶときのポイントを4つ解説する。ご自宅に適したアイテムを選ぶために、役立ててほしい。

座面の高さをチェック

こたつの使い方で適したこたつ用ローソファーの高さは異なる。こたつで横になる場合は、なるべく高低差が少ないタイプのアイテムを選ぼう。足だけ入れて温まる方なら、高さが20cmほどあるタイプがおすすめだ。

ただし、低いこたつに高さがあるこたつ用ソファーを使うと、足が出し入れしにくくなる。こたつの高さと座面の高さを確認して、余裕をもって座れるかをチェックしておくと安心だ。

I字とL字

こたつ用ローソファーは主にI字とL字の2種類に分類できる。少人数で利用するなら、コンパクトなI字がおすすめだ。狭いスペースにも置けるので邪魔になりにくい。

複数人でこたつを囲むならL字がよいだろう。スペースを広く使用できるため、ゆったり座ることができる。レイアウトを変更できるタイプも多く、使いやすくカスタマイズすることが可能だ。その他にはグルリと囲むコの字型タイプもあるので、そちらもぜひチェックしてほしい。

リクライニングとハイバック

リクライニングタイプのこたつ用ローソファーは、背もたれの角度を変更できる。テレビを見たりスマホを操作したりと、作業のしやすい角度に調整することが可能だ。深めに倒せばゆっくりとくつろくことができ、完全に倒せば横になって休める。

また、背もたれが頭部までハイバックタイプなら、体全体をしっかりと支えられるだろう。長時間座りっぱなしでも体の負担になりにくいため、映画鑑賞やゲームのプレイにおすすめだ。背もたれにクッションが入ったタイプなら、より快適に背中を預けられる。

素材とデザイン

こたつ用ローソファーをインテリアとして活用したいなら、デザインが重要だ。こたつ布団やカーペットと相性がよい色にするなど、実際に置いたときを想定してから選べば部屋に馴染むだろう。

ただし、こたつ用ローソファーを一年中置く場合は選び方に注意が必要だ。冬に合う色やふわふわの素材を選んでしまうと、暑い時期には使いにくい。一年中を通して使えるものを選ぶか、カバーを変えられるこたつ用ローソファーを見つけよう。

3. こたつ用ローソファの人気商品5選

人気のこたつ用ローソファーを5つに厳選した。それぞれの魅力を紹介するので、選ぶときの参考にしてほしい。

アイリスオーヤマ「高反発フロアコーナーソファ3点セット」

3つのパーツを組み合わせて使うこたつ用ローソファーだ。軽くて運ぶのが簡単なので、レイアウトの変更や掃除も手軽にできる。高反発クッションは長時間くつろいでも体を痛めにくい。

ニトリ「L字型フロアコーナーソファセット」

コの字タイプのソファーとマットが一体化している。マットの真ん中にこたつを置くことで、くつろげる空間が作れるだろう。洗えるパッドがついているため、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめだ。

タンスのゲン「3wayソファベッド」

14段階のリクライニングができる字タイプのローソファーだ。座面を伸ばすことでベットとしても活用できるので、さまざまな用途で活躍するだろう。

セルタン「IORI」

複数のパーツを組み合わせることで自由な使い方ができる。一部のパーツは背もたれを倒すことでリクライニングに変化。シンプルなデザインは、さまざまなタイプの部屋に馴染みやすいだろう。

HAREM「スキップ1ミニソファ」

生地を選べる完全受注生産のこたつ用ローソファーだ。複数のパーツを組み合わせて使用できるアイテムなので、間取りや人数に合わせて注文できる。オプションのベースクッションを追加すれば、使い方によって高さを変えることが可能だ。

結論

リラックスできる空間を作りたいなら、こたつ用ローソファーを活用しよう。背もたれに体を預けてゆったりと座れば、背中まで温かくゆっくりとくつろげる。いろいろな商品があるため、座面の高さや形、リクライニングの有無といったポイントを比較しよう。おすすめの商品についても紹介したので、こちらも併せてチェックしてほしい。
  • 更新日:

    2021年2月 1日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ