このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
暖房器具でコスパに優れているのはどれ?電気代も交えて徹底比較!

暖房器具でコスパに優れているのはどれ?電気代も交えて徹底比較!

投稿者:ライター 大畑竜彦 (おおはたたつひこ)

鉛筆アイコン 2021年8月25日

暖房器具を選ぶならコスパが重要だと考える方も多いだろう。無駄な出費を避けながら寒い冬を暖かく過ごすために、それぞれの暖房器具の違いをチェックしよう。今回は、暖房器具のコスパ部分に焦点を当て、性能の違いや使用シーン別の比較、電気代を抑えるコツなどを解説する。

  

1. 製品ごとにまるで違う?暖房器具の種類と特徴

消費電力は暖房器具ごとに異なり、電気代も変わってくる。暖房器具の種類や特徴をそれぞれ解説する。

エアコン

暖房器具の中でも広い範囲を暖めることができる。部屋全体の温度をコントロールしやすいといったメリットがある。冷房や除湿機能もあるので、冬場以外にも活躍する。

ストーブ(石油、ガス、電気)

石油ストーブでは灯油と乾電池を使用する。暖める範囲が広く、部屋全体を暖めることができる。電気代はかからないが灯油の価格は大きく変動するため、ランニングコストはそのときによって異なるだろう。ガスストーブ・電気ストーブは暖まるまでが早く、足元をすぐ暖めたいときなどにおすすめだ。

ヒーター(オイル、ガス、セラミック、ハロゲンなど)

オイルヒーターは放射熱によって暖めるため、風が出るエアコンと比較して乾燥しづらい。部屋全体に効果があるが、暖まるまでには時間がかかる。ガスファンヒーターは、リビングなどの広い部屋を暖めるのに優れている。セラミック・ハロゲンなどのヒーターは、暖まるまでが早く、台所やトイレなどの狭いスペースを短時間で暖めたいときに便利だ。

ホットカーペット

ホットカーペットは、内部の電熱線に電気を通して暖める仕組みだ。暖かいのは表面だけだが、ほかの暖房器具と合わせて使うことで、体感温度を上げられる。

こたつ

こたつは部屋全体を暖めることはできないが、体感温度を上げることでほかの暖房器具の設定温度を下げられる。暖まるのが早いため、メインの暖房をつけるほど寒くはないときにも活躍するだろう。

電気毛布(あんか)

布団の中に入れて使用する電気毛布(あんか)。就寝時の冷えた布団や体を暖めてくれる。電気毛布には掛け毛布と敷き毛布、掛敷タイプがある。

2. 暖房器具の「コスパ」の基準となるものは?

コスパとは「コストパフォーマンス」の略で「費用対効果」を意味する和製英語だ。暖房器具におけるコスパとは何が基準になるのだろうか?

「価格」と暖められる範囲などの「性能」が基準

暖房器具におけるコスパの基準のひとつは、本体価格と性能だろう。たとえば、やや極端な例だが「1万円で20平米暖められる暖房器具」と、同じく「1万円で1平米しか暖められない暖房器具」とでは費用に対する効果が異なる。前者のほうがコスパが高いということは一目瞭然だ。しかし、もうひとつ着目すべきポイントがある。それが電気代だ。

「電気代」を加えたトータル的なコスパも重要

同じく分かりやすいように極端な例を挙げるが、たとえ「1万円で20平米暖められる暖房器具」でも「1時間あたりの電気代が100円」では高すぎる。それなら「本体価格が5万円で30平米暖められ、1時間あたりの電気代が10円で済む」という暖房器具のほうが、長期的に見てコストを抑えられる(同じ時間使用した場合)。このように、コスパのよい暖房器具を探すときは「価格」「性能」「電気代」などを見ることが大切だ。

3. 暖房器具の本体価格と性能(暖められる範囲)によるコスパ比較

暖房器具にはさまざまな種類があり、購入に必要な費用は異なる。費用の目安とコスパについて詳しく解説しよう。

暖房器具の価格の目安

  • エアコン:4万円前後
  • オイルヒーター:1万円前後
  • 石油ストーブ:7,000円前後
  • セラミックファンヒーター:1万円前後
  • 電気ストーブ:3,000円前後
  • ホットカーペット:4,000円前後
  • こたつ:7,000円前後
メーカーや機種によって違いが出るため、紹介した費用はあくまで目安だ。高性能だったりサイズが大きかったりすれば、費用は高くなるだろう。購入費用のほかにエアコンは工賃がかかり、こたつはこたつ布団の準備が必要だ。

安価な暖房器具を選ぶと十分に暖まらないこともあるため、買い足すことになるだろう。購入費用と暖房効果のバランスを考えて、コスパのよい暖房器具を選んでほしい。

暖められる範囲が違う点に気をつけよう

暖房器具はそれぞれ暖める範囲が異なる。ホットカーペットやこたつ、電気ストーブなど一部を暖める暖房器具は安価な傾向があるが、エアコンやファンヒーターなどとの併用が必要だ。両方をそろえるなら合計した購入費用を考慮しよう。

また、部屋全体を暖める暖房器具でも、対応する部屋の広さは商品によって異なる。広いほど購入費用は高くなる傾向があるが、使用する部屋と比較しての畳数が狭いタイプを選ぶと、十分に暖まらない。部屋の広さや用途に合ったコスパのよい暖房器具を購入しよう。

4. 部屋全体を暖める暖房器具でコスパが高い(電気代が安い)のは?

部屋全体を暖めるのにコスパが高いのはどの暖房器具だろうか。暖房器具それぞれの電気代の目安を紹介する。

エアコンの電気代の目安

エアコンの電気代は1時間で2~53円が目安だ。電気代はやや高めだが、コスパがよい省エネタイプだったり、機能に優れたりといった商品が多い。

オイルヒーターの電気代の目安

1時間の電気代は12~18円くらいになる。風を起こさずに放射熱によって部屋をじわじわ暖める。ストーブやファンヒーターと比較して、直火を使わないので赤ちゃんや小さい子供のいるご家庭でも安心だ。その反面、部屋全体が暖まるまでには時間がかかる。

ガスファンヒーターの電気代の目安

ガスファンヒーターはガス代と電気代がかかり、合わせると1時間で4円〜11円が目安だろう。広い範囲を暖めることができ、コスパも高い。ただし、基本的にはガスコンセントが必要なので、使用場所が限られてしまう可能性がある。

電気ストーブの電気代の目安

電気ストーブの電気代は1時間10~27円くらいかかる。使いたい場所を気軽に暖めることができる。部屋全体を暖めることもある程度は可能だが、暖まるまでが遅くコスパは悪い。狭いスペースやほかの暖房器具の効果が出るまでのつなぎにおすすめだ。

5. 足元など部分的に暖める暖房器具でコスパが高い(電気代が安い)のは?

ホットカーペットやこたつなど、足元などを部分的に暖める暖房器具の電気代はどうだろう。暖房器具それぞれの電気代を見ていこう。

ホットカーペットの電気代の目安

1時間で8~12円と電気代は比較的に安く感じるが、暖められるのは表面だけだ。サイズが大きいほど電気代がかかるため、使う人数に適した商品を選ぶのがポイントである。

こたつの電気代の目安

電気代は1時間で2~4円と安いため、コスパがよい暖房器具といえるだろう。電気代は強弱の設定によって異なってくる。

セラミックファンヒーターの電気代の目安

電気代は1時間で14~32円だ。暖められる範囲は狭く電気代も高いため、コスパはあまりよくない。ただし、コンパクトで狭い空間ならすぐ暖まるため、洗面所など限られた空間で使うのによいだろう。

電気毛布の電気代の目安

電気代は1時間で0.6〜1.3円が目安である。基本的に就寝するまでの短い間と使用する時間が限られているため、毎日使っても電気代は比較的安い。

6. コスパが高い(電気代が安い)暖房器具は結局どれ?

ここまでさまざまな暖房器具について解説してきたが、知りたいのは結局どれがよいのかという部分だろう。コスパの高い暖房器具を「部屋全体」と「足元など部分的」に分けて紹介する。

部屋全体を暖める暖房器具でコスパが高いのは?

部屋全体を暖めるなら「エアコン」がおすすめだ。部屋が十分に暖まるまでの電気代はやや高めになるが、部屋が暖まってくれば徐々に消費電力は減ってくる。省エネなどの性能も年々上がってきており、長時間の使用であればエアコンが最適だ。ただし、本体価格や適用畳数は加味していないので、そういったポイントにも注意して選ぶようにしよう。

足元などを部分的に暖める暖房器具でコスパが高いのは?

足元などを部分的に暖めるなら「こたつ」がよいだろう。消費電力が低く、長時間使用しても電気代は安い。スイッチを入れてから暖かくなるまでの時間が早く、効率よく暖をとれる。最近では人感センサーでオンオフを切り替えてくれる、省エネなこたつも発売されている。こちらも本体価格や大きさは加味していないが、ほかの暖房器具ほど機種によっての差は少ない。

7. 一人暮らしでコスパ重視の方におすすめの暖房器具は?

一人暮らしの場合は空間が限られているため、暖めたいのが部屋全体なのか部分的なのかによって、自分に合った暖房器具を選ぶことが大事である。部屋全体を暖めるなら「エアコン」が便利である。ほとんどの暖房器具は床置きだが、エアコンは壁に取り付けるため場所を取らず、狭い空間でも使い勝手がよい。省エネやエコモードなど機能の充実したモデルが多く、また、年間通して使えるところもメリットである。足元など部分的に暖めるなら「電気ストーブ」がおすすめだ。スイッチを入れるとすぐ暖かくなるので、自分の周りだけをすばやく暖める場合に便利である。また、ヒーターの大きさと部屋の広さによっては、部屋全体もある程度は暖めることが可能だ。ただし、暖房器具の中でも電力を多く消費するため、長時間の使用には注意が必要である。上述したように、一人暮らしの場合も電気代を抑えたいなら「こたつ」が最適だろう。夏は通常のテーブルとしても活用できる。

8. 暖房器具の電気代を抑えてコスパを高めるコツ

暖房器具の電気代は工夫次第で抑えることはできる。電気代を抑えてコスパを高めるコツを知っておこう。

断熱シートや防寒グッズを併用する

窓の隙間から冷たい風が入ってくるのを防止する、断熱シートを活用してみよう。暖房効果だけではなく結露も予防できる。また、着る毛布やブランケットなどの、部屋で使用する防寒グッズも充実している。部屋での過ごし方に合わせて取り入れてほしい。

用途に応じた暖房器具を使う

部屋全体を暖める場合はエアコンやオイルヒーター、自分の周りだけなら電気ストーブ、足元など部分的ならこたつやホットカーペットを使う。このように用途に応じた暖房器具を選ぶことが電気代の節約につながる。

複数の暖房器具を併用する

例えばエアコンとこたつを併用すれば、エアコンの設定温度を少し下げたとしても快適に過ごせて、エアコンのみで使用するよりも電気代は抑えられる。暖房器具の電気代を抑えるためには、複数の暖房器具をうまく併用しよう。

電力会社のプランを見直してみる方法も

電気代が安くなるといっても、現状の暖房器具を変更するのは難しいという方も多いだろう。そのようなときは、電力会社のプランを見直すのも一つの方法だ。電力会社によってさまざまプランがあり、ネットの手続きだけで変更できる場合もある。ぜひ検討してみてほしい。

9. コスパだけじゃない!暖房器具を選ぶときのポイントとは?

暖房器具を選ぶときは、電気代のほかにもチェックするべきポイントがある。そのポイントを解説していこう。

省エネ性能は電気代にも関わる

暖房器具は長時間使うことが多いため、省エネやエコモード機能がついているかチェックしよう。これらの機能は電気代の節約に直結する。

万が一に備えて安全性能があると安心

暖房器具は距離が近いと熱すぎたり引火したりするものもあり、火傷や火災には十分に注意する必要がある。転倒したときや消し忘れたときの自動電源OFF機能、チャイルドロック機能などの安全性能があると、万が一のときに役立つ。また、小さい子どもがいる方も安心して使用できる。

もちろん暖められる範囲のチェックも忘れずに

暖房器具を選ぶ際は暖められる範囲のチェックを忘れてはいけない。広い部屋で、暖められる範囲の狭い暖房器具を使ってしまうと、適切に温度が上がらずコスパも悪くなる。十分に部屋が暖かくならなければ、暖房器具を買い足すことにもなるだろう。

10. 暖房器具はコスパで選ぼう!電気代も含めた徹底比較まとめ

暖房器具を選ぶときはコスパのよいモデルを選ぼう。本体価格が安くても性能が低ければコスパは悪くなってしまう。価格に見合った性能の暖房器具を選ぶことが重要である。そこに電気代、用途や使用する頻度なども加えて考え、コスパの高い暖房器具かどうかを総合的に判断しよう。

結論

暖房器具のコスパについて解説した。暖房器具にはそれぞれ特徴があり、暖められる範囲や適した用途は異なる。使い分けたり併用したりすることで、コスパよく快適な冬を過ごせるだろう。生活スタイルによっても適切な暖房器具は変わってくる。今回の記事を参考に、自分に合った最適な暖房器具を選んでほしい。
  • 公開日:

    2021年2月11日

  • 更新日:

    2021年8月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング