このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
有孔ボードはインテリアになる?アイデア次第で広がるオシャレ空間

有孔ボードはインテリアになる?アイデア次第で広がるオシャレ空間

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2021年2月17日

壁に掛けるだけで、壁面収納が簡単にできると人気の有孔ボード。収納だけでなく、部屋のインテリアにも大活躍だ。壁に傷がつけられない賃貸でも簡単に取り付けられるのも魅力だ。有孔ボードを使ったインテリアのアイデアを紹介しよう。すぐにでもやってみたいと思えるアイデアがあるかもしれない。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 有孔ボードでおしゃれな収納インテリアを作ろう

有孔ボードは、もともと防音効果のある壁材として使われてきたものだ。均等に開いている孔が着目され、その孔に合ったフックを取り付けることで、壁面収納を可能にした。最近ではさらに進化して、見せる収納としてのインテリア性が注目されている。有孔ボードのメリットを紹介しよう。

有孔ボードは賃貸でも使える

壁面収納というと壁に固定しなければならないため、傷をつけてしまうのではないかと心配になる。賃貸や新築の場合には、できるだけ壁に傷はつけたくないものだ。有孔ボードなら、突っ張り棒やディアウォール、ラブリコなどを使って、壁に傷をつけずに取り付けることができるので、好きなところにインテリアとして活用できる。

DIYが簡単

壁面収納をDIYしようとすると、初心者ではハードルが高すぎるかもしれない。しかし、有孔ボードを使えば、簡単に壁面収納を作ることができる。有孔ボードの取り付け方はいろいろあるが、どれも初心者でも簡単にできるものばかりだ。アイデア次第でさまざまなインテリアが楽しめる。

手に入りやすい

有孔ボードは決して特殊な材料ではない。ホームセンターで購入でき、さらには100均でも購入が可能だ。100均の有孔ボードは小型だが、初めてDIYにチャレンジするなら、100均の有孔ボードから始めるといいだろう。小さなものから始めることで、インテリアとしてもイメージしやすいのではないだろうか。

インテリアのテイストに合わせやすい

いくら収納力があっても、見た目がイマイチだと快適な暮らしとはいえない。有孔ボードなら面積が広くても孔が小さいので、それほど気にならない。また、カラーも豊富だが、気に入らなければ自分の好みの色に塗装することもできる。自由度の高い有孔ボードだからこそ、どのようなテイストのインテリアにも合わせやすい。

2. 有孔ボードを活用した収納インテリアのアイデア集

有孔ボードは、好きなテイストのインテリアに合わせやすい。収納も意識したインテリアのアイデアを紹介しよう。

フレームをつけてワンランク上のインテリアに

有孔ボードをインテリアとして活用する場合、フレームをつけることでディスプレイがワンランクアップする。有孔ボードがまるで大きなアートスペースのような雰囲気になる。有孔ボードなら、簡単にディスプレイを替えることができるので、気分や季節によって変えてみよう。有孔ボードを黒にすれば、カラー写真やポストカードなども映える。

工具もインテリアに

DIYが趣味の方にとって、工具の整理は悩ましいところだ。有孔ボードを使えば、工具をディスプレイしながら整理整頓ができる。重さのある工具を収納するなら、しっかりと固定することが大切だ。フックに掛けるもの、棚に載せるものをキレイにレイアウトすれば、それだけで立派なインテリアだ。

観葉植物を飾る

意外かもしれないが、観葉植物も有孔ボードを使えばオシャレなインテリアになる。観葉植物を置きたくても場所がないときに活用できる。蔓性の植物を有孔ボードに這わせてもいいだろう。ドライフラワーや多肉植物もおすすめだ。

3. 有孔ボードで収納インテリアを作るときの注意点

有孔ボードをインテリアとして活用する場合には、いくつか注意点がある。購入するときにチェックを忘れないようにしよう。

孔の大きさと間隔をチェック

有孔ボードにはいろいろな種類がある。とくに注意したいのが孔の大きさと間隔(ピッチ)だ。有孔ボードには、規格に合ったフックや棚受けが必要だ。規格に合わないとせっかく購入した取り付け部品が使えない。
インテリア的にどちらがいいかというと、ピッチが狭い方がフックを取り付けるときの微調整がしやすい。また、狭い場所に有孔ボードを使う場合にも小さな棚が取り付けやすい。逆に、大きなものや重さのある工具を収納する場合には、大きな孔の方が適している。ダイナミックなインテリアにおすすめだ。

耐荷重をチェック

有孔ボードの耐荷重は、アンカーの強度による。アンカーとは、有孔ボードを壁に留めておくアイテムのことだ。このアンカーがしっかりしていれば、重いものでも取り付けることができる。有孔ボードに何を収納したいのか、どのようなインテリアにしたいのかなど、目的をハッキリさせたら、最後に耐荷重をチェックしよう。

結論

有孔ボードは、収納だけでなくインテリアとしても使いやすいアイテムだ。賃貸でも壁を傷つけずに設置でき、100均でも気軽に購入できるという魅力がある。DIYしやすいアイテムで初心者でもハードルが低い。アイデア次第でオシャレなインテリアとして活用できるので、まずは100均の有孔ボードで試してみてはいかがだろう。
  • 更新日:

    2021年2月17日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ