このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
歯ブラシの衛生的な持ち運び方は?正しい方法とおすすめケースまとめ

歯ブラシの衛生的な持ち運び方は?正しい方法とおすすめケースまとめ

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年2月23日

歯ブラシを衛生的に持ち運びたいなら、専用のケースが必要になる。ただし、使い方を間違えると、雑菌が増えたりカビが繁殖したりするリスクがあるので注意が必要だ。この記事では歯ブラシの持ち運び方について詳しく説明する。持ち運び用のケースを選ぶポイントとおすすめの商品も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 歯ブラシの正しい持ち運び方

職場や学校、旅行先に歯ブラシを持っていく場合は衛生面が心配だ。清潔に持ち運びするための基礎知識を、あらかじめチェックしておこう。

ケースやポーチを活用する

歯ブラシをそのまま持ち運びするのは衛生面で問題がある。バッグに入れるとホコリや汚れが付着する可能性があり、使ったあとの水分が一緒に収納した物についてしまう。歯ブラシ用のケースやポーチなら、歯ブラシがスッキリと収納でき、さらに高機能な製品も多い。オシャレなデザインのアイテムなら、持ち運ぶのも楽しくなる。

乾燥させてから収納する

水分が付着したままの歯ブラシを放置すると雑菌が繁殖しやすい。カビが生える可能性もあるので、乾燥させてから収納することが重要だ。その場で乾燥させるのが難しいときはティッシュやタオルで水気をとる。帰宅したあとにケースやポーチから出して、もう一度洗ってからしっかりと乾燥させてほしい。

清潔に保つための工夫とは

職場や学校で毎日歯ブラシを使う場合は、乾燥に時間がとりにくくなる。そういうときは持ち運び用の歯ブラシを2本用意して、交互に使用するのがおすすめだ。丸一日しっかり乾燥させることで雑菌の繁殖を抑えられる。また、歯ブラシを収納したケースやポーチも定期的なお手入れが必要だ。洗ったりアルコールシートで拭いたりと、清潔な状態を保てるように工夫しよう。

2. 持ち運び可能な歯ブラシケースの選び方

歯ブラシの持ち運びに便利なケースの選び方を4つ紹介する。自分に合ったケースを選ぶための参考にしてほしい。

サイズを確認

歯ブラシのサイズはそれぞれ違うので、スッキリと収まるケースを選ぶ。いつも使用する歯ブラシの長さを測っておくのがおすすめだ。歯ブラシだけ持ち運びたいならコンパクトなタイプ、歯磨き粉や糸ようじも持ち運びたいなら、まとめて収納できるタイプを選ぼう。

通気性をチェック

通気性がないケースを選ぶと歯ブラシが乾燥しにくい。メッシュ素材だったり通気孔があったりするタイプなら、雑菌が繁殖しにくいだろう。通気性が悪いケースを使用する場合は、ケースや歯ブラシの水気を拭き取る、フタやチャックを開けて乾燥させるといった工夫が必要だ。

手入れのしやすさ

手入れしやすい持ち運び用のケースを選べば、清潔に保ちやすくなる。プラスチック製なら細かい部分が洗いやすいか、布製なら丸洗いできるかが重要だ。布製のケースは乾くのに時間がかかるため、2つ用意して交互に使用してもよいだろう。

除菌効果があるケースも?

持ち運びができるコンパクトな歯ブラシ除菌器を、ケースとして使用するアイデアだ。紫外線のランプによって、収納しながら歯ブラシを除菌できる。乾燥する時間がないときも清潔に保てるだろう。USB接続や充電式、乾電池式があるので、使いやすい除菌器を選んでほしい。

3. 持ち運びにおすすめの歯ブラシケース5選

持ち運びに便利な歯ブラシケースとポーチを5つに厳選した。それぞれの特徴やおすすめの理由を紹介するので、選ぶときの参考にしよう。

無印良品/「ポリプロピレン歯ブラシケース」

コンパクトで持ち運びがしやすい歯ブラシケースだ。シンプルなデザインなので男性でも使いやすいだろう。

Maexus/「歯ブラシ除菌器」

歯ブラシを収納すれば紫外線ランプが点灯して除菌が始まる。USB充電式なので持ち運びに便利だ。

MOYO/「歯ブラシケース」

今治タオルを使った布製の歯ブラシケースだ。急速分解消臭する「ブリーズブロンズ」機能で水気を素早く切り、汚れたら洗濯できる。

Skytop/「歯ブラシ除菌器」

単4電池を2本入れて使用して除菌。軽量タイプなので持ち運びがしやすく、中のシリコン素材が歯ブラシのズレを防止する。

無印良品/「サイドメッシュ歯ブラシポーチ」

通気性がよいメッシュを使用したコンパクトな歯磨きケースだ。EVA素材なので汚れたときもサッと拭き取れるだろう。

結論

歯ブラシを持ち運びたいなら専用のケースやポーチを用意しよう。ただし、濡れたまま収納すると雑菌が繁殖しやすくなるので、しっかりと乾燥させることが重要だ。軽く拭いてから収納する、家に帰ったらすぐ取り出すなど、清潔に保つ対策を実践しよう。また、使用するケースを選ぶときは、サイズや通気性、手入れのしやすさを確認する。おすすめの歯ブラシ収納ケースも厳選したのでぜひ参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2021年2月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング