このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サボテンの植え替えでもう失敗しない!適した時期や手順を解説

サボテンの植え替えでもう失敗しない!適した時期や手順を解説

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2021年2月22日

大切に育てているサボテンの株が大きくなり、鉢とのバランスが悪くなったら、植え替えが必要なタイミングだ。サボテンの植え替えは難しいイメージがあるかもしれないが、手順通りに行えば簡単である。サボテンの成長のために植え替えは必須なので、ここで手順やコツを学んでみよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サボテンの植え替えが必要な理由

サボテンの植え替えは難しそうなので、なるべくしたくない方が多いだろう。だが、サボテンの植え替えが必要な場合もある。そこで、サボテンを植え替えした方がよい理由を解説する。

サボテンの成長に合わせて鉢を大きくする

サボテンが成長して根が大きくなると、鉢とのバランスが悪くなる。サボテンの大きさの割に土が少なく、栄養を十分に摂取できなくなるのだ。ひと回り大きな鉢に植え替えることで、サボテンはより成長できるようになる。

柔らかい土にしてサボテンの成長を促す

市販のサボテンの中には、見た目を重視するために、土をのりで固めていたり色の付いた砂を鉢に敷き詰めていたりするものがある。硬い土はサボテンの成長を妨げるため、成長しやすい柔らかい土に植え替えるのがおすすめだ。

2. サボテンの植え替え時期はいつ?

サボテンの植え替えは、1年中いつでもできるわけではない。植え替えに適している時期を解説する。

植え替えに最適なのは春

サボテンの植え替えは、成長期の直前に行うのが最適だ。冬の休眠期が終わり成長期に入る春の初めに行おう。具体的には3月中旬~5月半ばがおすすめだ。反対に、真冬はサボテンが休眠期に入っていて、水や栄養を吸い上げる力が弱い。無理に植え替えをすると枯れてしまうので、注意しよう。

植え替えは1~2年に1回行う

サボテンの植え替えは1~2年に1回の頻度で行うのをおすすめする。1~2年たつとサボテンが成長して、鉢が手狭になるからだ。根が鉢からはみ出していたりなかなか成長しないと感じたりしたときは、植え替えをすると改善する。

3. もう失敗しない!サボテンの上手な植え替え方法

以前に失敗した経験がある方は、サボテンの植え替えに苦手意識を持っているかもしれない。だが、コツをおさえれば植え替えは難しくない。サボテンの植え替えを上手に行うポイントや手順を紹介する。

土と鉢の選び方

サボテンの植え替えをする前に、新しい土と鉢を選ぼう。土は園芸店などでサボテン専用の栽培土を購入するのが簡単だ。緩効性肥料が配合されている土を選ぶと、肥料を使う必要がない。
植え替え用の鉢は、現在使っている鉢よりもひと回り大きいものを準備する。鉢の素材はプラスチック製でも陶器製でもよい。深すぎず水はけがよさそうなものを選ぼう。

サボテンを植え替える手順

サボテンを植え替える手順は次の通りだ。植え替える前後にすべきことも記すので、参考にしてほしい。

1.サボテンの植え替えする約2週間前から水を与えず、土を乾燥させる
2.土が乾いたら鉢の周りを軽くたたいて、サボテンを取り出す
3.根に付いている古い土を丁寧に落とし、伸びすぎている根をカットする
4.根が乾燥するまで数日間、日陰で置いておく
5.植木鉢の底に軽石などを敷き、新しい土を2分の1ほど入れる
6.サボテンの根を広げながら鉢に入れ、残りの土をかける
7.植え替え後のサボテンは直射日光を当てず日陰に置き、1~2週間ほど水やりも中止する

4. 植え替え後のサボテンがグラグラする原因と対処法

植え替えた後にサボテンがグラグラして安定しないという悩みを抱える方が多い。そういった場合は、正しく対処しないとサボテンが枯れることがある。植え替え後のサボテンがグラグラする原因と対処法を解説する。

植え替え直後にサボテンがグラグラする場合

植え替え直後にサボテンがグラグラして安定しない場合には、土が隙間なく入っていない可能性がある。植え替えするときに割り箸などで新しい土を突きながら、サボテン株の周辺に隙間ができないように気を付けよう。

サボテンがグラグラする原因と対処法

植え替えからしばらくたった後にサボテンがグラグラするときは、根腐れを起こしている可能性がある。腐った根は水を吸い上げる力がなくなっているので切り取ろう。根を切り取ったサボテンは、明るい日陰でしばらく干した後に土に植える。
土が乾いてから水をたっぷり与えることと水はけのよい土を使うことで、根腐れを防ぐことが可能だ。また、気温が高い時間帯は蒸しやすくなるので、水やりを控えよう。

結論

サボテンを上手に植え替えるコツについて解説してきた。サボテンの成長を促すためには、1~2年に1回の植え替えが必要だ。植え替えする前に水やりをやめて土を乾燥させるなど、気を付けるべきポイントはあるが、手順を踏めばサボテンの植え替えは難しくない。育てているサボテンに元気がないと思ったら、ぜひ春先に植え替えをしてみよう。
  • 更新日:

    2021年2月22日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ